ヒレパ

(0件の口コミを見る)

ヒレパ
ヒレパ
ヒレパは、インドの製薬会社ヒーリングファーマが製造している即効型インスリン促進剤です。

有効成分として、レパグリニドを含有しています。レパグリニドは、膵臓のランゲルハンス島に働きかけ、食後にインスリンの分泌を促進するのが特徴です。

そのため、食後の高血糖を抑え、血糖値を降下させられます。一方で、1型糖尿病には効果のない薬剤のため、注意が必要です。
効果
2型糖尿病の治療、高血糖の抑制
有効成分
レパグリニド
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Healing Pharm(ヒーリングファーマ)

ヒレパを注文する

ヒレパ 1mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 78 86円 2,600
60錠 117 65円 3,900
90錠 153 56円 5,100

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ヒレパの商品詳細

ヒレパの特徴

ヒレパは、インドの製薬会社ヒーリングファーマが製造している2型糖尿病治療薬です。

糖尿病薬のシュアポスト錠と同じ有効成分を含有している、ジェネリック医薬品にあたります。ヒレパに含まれている有効成分のレパグリニドは、膵臓のランゲルハンス島に作用し、インスリンの分泌を促す効果が期待できます。そのため、食後の早い段階で高血糖を抑え、血糖値を下げられるのが魅力です。

ただし、インスリンを分泌する機能が残っていない1型糖尿病に対しては効果が得られないため、注意が必要です。

なお、肝臓や腎臓、甲状腺に疾患のある方は、使用前に医師へご相談ください。妊娠している、または妊娠している可能性のある方、授乳中の方も同様に、医師にご相談のうえ使用しましょう。

ヒレパの効果

2型糖尿病の治療、高血糖の抑制

ヒレパの適応症状

・2型糖尿病を治療したい方

・食後の高血糖を抑えたい方

ヒレパの有効成分

・レパグリニド

ヒレパの内容量・含有量

1箱30錠入りとなっています。
当サイトでは1mgの取り扱いがございます。


製薬会社

ヒーリングファーマ

ヒレパの関連商品

その他の糖尿病治療薬

ヒレパ以外の糖尿病治療薬です。

フォシーガ
他の糖尿病治療薬と比較して、低血糖の副作用を起こしにくいのがメリットです。

ジャディアンス
有効成分エンパグリフロジンはタンパク質のSGLT-2を阻害して血液中の過剰なブドウ糖を尿中に排出する作用があります。

トラゼンタ
世界初の胆汁排泄型選択的DPP-4阻害薬であり、腎機能障害のある患者でも容量調整が不要なことが大きな特徴です。

この他の糖尿病治療薬はこちら
>>糖尿病・高血糖値

ヒレパの用法用量

ヒレパの服用方法

成人には、有効成分レパグリニドとして1回0.25mgから開始し、1日3回毎食前に服用します。維持用量は、有効成分として通常1回0.25~0.5mgです。

症状に応じて適宜増減できますが、1回の増量限度は有効成分として1mgまでとなっています。過剰な摂取でより高い効果が得られる薬剤ではないため、用法用量を守って、正しく服用してください

ヒレパの服用期間

ヒレパの服用期間は、特に定められていません。医師にご相談のうえ、症状に合わせた用法用量で服用してください。

ヒレパの服用時の注意

ヒレパは、過剰な摂取でより高い効果が得られる薬ではありません。思わぬ事故や重篤な副作用の誘発を防ぐために、用法用量を守って正しく服用してください。

また、肝臓や腎臓、甲状腺疾患のある方は、使用前に医師へ相談しましょう。妊娠している、または妊娠している可能性のある方、授乳中の方も事前に相談が必要です。

なお、ヒレパを服用中も、食事療法や運動療法を必ず守ってください。

ヒレパの副作用

ヒレパの主な副作用

ヒレパの主な副作用として、血清カリウム上昇、尿酸上昇、下痢、便秘、腹部膨満感、逆流性食道炎、胃炎、しびれ、頭痛、眠気、発疹、倦怠感などが挙げられます。

このような症状が出現した場合は、無理して服用を継続せず、医師にご相談ください。

ヒレパの稀な副作用

ヒレパの稀な副作用として、低血糖、肝機能障害、心筋梗塞などが挙げられます。

このような症状が出現、または前兆を感じた場合には、ただちに服用を中止して医師の診察を受けてください。

ヒレパの使用上の注意

ヒレパの服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・肝臓、腎臓、甲状腺に疾患のある方
・妊娠している、または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

ヒレパの併用注意

ヒレパの併用注意薬は、現在報告されていません。ただし、別の薬剤を服用中の方は、ヒレパを使用前に医師へご相談ください。

ヒレパを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・ヒレパに含有している有効成分で、過去に過敏症の既往歴がある方

ヒレパの併用禁忌薬

ヒレパの併用禁忌薬は、現在報告されていません。
ただし、別の薬剤を服用中の方は、ヒレパを使用前に医師へご相談ください。

ヒレパの保管方法と取り扱い上の注意

ヒレパの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ヒレパの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

ヒレパの商品情報

形状・剤形

錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・香港

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


ヒレパのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ヒレパの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品