ジャディアンス

(0件の口コミを見る)

ジャディアンス
ジャディアンス
ジャディアンスは、ドイツに本拠地を置く製薬会社ベーリンガーインゲルハイムが製造している、2型糖尿病治療薬です。有効成分として、エンパグリフロジンを含有しています。エンパグリフロジンは、タンパク質のSGLT-2を阻害して血液中の過剰なブドウ糖を尿中に排出する作用があり、結果として血糖値を降下させられる仕様です。
効果
2型糖尿病の治療、血糖値の降下、慢性心不全
有効成分
エンパグリフロジン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
ベーリンガーインゲルハイム

ジャディアンスを注文する

ジャディアンス 10mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 148 165円 4,950
60錠 241 134円 8,060
ジャディアンス 25mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 180 200円 6,000

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ジャディアンスの商品詳細

ジャディアンスの特徴

ジャディアンスは、ドイツの製薬会社ベーリンガーインゲルハイムが製造している、2型糖尿病治療薬です。有効成分として、エンパグリフロジンが配合されています。

エンパグリフロジンには、腎臓でブドウ糖の再吸収にかかわるタンパク質SGLT-2を阻害する作用があります。ブドウ糖の再吸収が抑えられる働きで、血液中の過剰なブドウ糖が尿中に排出され、血糖値を降下させられる仕様です。

また、糖が下がることで、体重を低下させる効果も期待できます。慢性心不全の治療薬にも用いられる薬です。インスリンとは独立しているため、単独で使用した際は低血糖を引き起こしにくいのがメリットです。

ただし、副作用で多尿や頻尿が発現する場合があり、これに伴って脱水を引き起こす可能性もあるので注意してください。

ジャディアンスの効果

2型糖尿病の治療、慢性心不全の治療

ジャディアンスの適応症状

・2型糖尿病を治療したい方
・慢性心不全を治療したい方
・血糖値を降下させたい方

ジャディアンスの有効成分

ジャディアンスに含有している有効成分のエンパグリフロジンは、SGLT-2の阻害作用を持つ糖尿病治療薬です。腎臓でブドウ糖の再吸収に携わる、タンパク質のSGLT-2を阻害する働きがあります。ブドウ糖の再吸収を抑制するため、血糖値を下げられるのが特徴です。

ジャディアンスの内容量・含有量

1箱あたり30錠入りとなっています。
当サイトでは10mgと25mgの取り扱いがございます。

製薬会社

ベーリンガーインゲルハイム

ジャディアンスの用法用量

ジャディアンスの服用方法

2型糖尿病に用いる場合は、1回1錠、主成分として10mgを1日1回服用します。タイミングは、朝食前または朝食後です。なお、効果が得られない場合は、有効成分として1回25mgを1日1回に増量できます。

慢性心不全に用いる場合も、同じく1回1錠、主成分として10mgを1日1回服用します。タイミングも同様に、朝食前または朝食後です。

ジャディアンスの服用時の注意

万が一飲み忘れた際は、次回服用時に定められた用量を服用してください。2回分を一度に服用してはいけません。

また、ジャディアンス服用中も、食事療法や運動療法を遵守してください。血糖値や尿糖、腎機能などは、定期的な検査が推奨されています。

なお、ジャディアンスは、過剰な摂取で高い効果を得られる薬ではありません。用法用量を守って、正しく服用してください。

ジャディアンスの副作用

ジャディアンスの主な副作用

ジャディアンスの主な副作用として、尿路感染、尿路感染、膀胱炎、外陰部腟カンジダ症、亀頭包皮炎、陰部のかゆみ、亀頭炎、めまい、便秘、かゆみ、頻尿、多尿、排尿困難、尿量増加、口渇、空腹感、体重減少などが挙げられます。

このような症状が出現した場合は、無理して服用を継続せず、医師にご相談ください。

ジャディアンスの稀な副作用

ジャディアンスの稀な副作用として、脱力感、空腹感、冷汗などの低血糖症状、口渇、多尿・頻尿、血圧低下などの脱水症状、吐き気・嘔吐、食欲減退、腹痛などのケトアシドーシス、寒気、発熱、脇腹・背部の痛みが挙げられます。

このような症状が出現した場合は、ただちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

ジャディアンスの使用上の注意

ジャディアンスの服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・食事摂取量が不足している方
・妊娠している、または妊娠している可能性のある方
・飢餓状態にある方
・飲酒量が多い方

ジャディアンスの併用注意

ジャディアンスの併用注意薬は、現在報告されていません。

ジャディアンスを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・ジャディアンスに含有している有効成分で、過去に過敏症の既往歴がある方
・重症ケトーシスの方
・糖尿病性昏睡または前昏睡の方
・重症感染症の方
・手術前後の方
・重篤な外傷のある方

ジャディアンスの併用禁忌薬

ジャディアンスの併用禁忌薬は、現在報告されていません。

ジャディアンスの保管方法と取り扱い上の注意

ジャディアンスの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ジャディアンスの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

ジャディアンスの商品情報

商品分類

医療用医薬品:先発医薬品

先発医薬品とは、新しく開発された薬で新薬とも呼ばれています。
新薬が発売されるまでには、長い研究期間と膨大な費用が掛かります。
そのため特許を出願してからは、開発した製薬会社が独占して、製造・販売することができ、その間、有効性や安全性の調査や再審査も行われます。

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・香港

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


ジャディアンスのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ジャディアンスの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品