当店オススメED治療薬
簡単購入ガイド

インフルエンザ

インフルエンザ治療薬通販購入の一覧ページです。タミフルジェネリック、リレンザジェネリックなどの抗インフルエンザ薬(A型・B型)などを最安値でご紹介しています。

インフルエンザ 人気ランキング

インフルエンザの商品一覧

リレンザ
販売価格:8,530円 在庫なし
(4)
リレンザはインフルエンザ治療薬です。A型、B型のインフルエンザウイルス感染症の治療または予防に効果を発揮する吸入薬です。 また、リレンザは吸入式の薬であり、成分を直接肺に届けることで呼吸器系に対する効果が期待できます。インフルエンザウイルスののどや気管支、肺での増殖を防ぐことで、インフルエンザの症状を和らげ、回復を早めます。 なおリレンザをインフルエンザ予防を目的とした投与に使用する場合は家族が感染した場合など、特定のケースに限定されています。 予防接種を受けた上で、医師または薬剤師の指示に従い適切に使用するようにしてください。 お薬通販部ではザナミビル5mgのリレンザを購入可能です。
シネメット
販売価格:2,300円 在庫なし
(2)
シネメットはMSD社が開発したパーキンソン病の治療に効果的な薬です。 パーキンソン病は脳の異常のため、主に体の動きに障害があらわれる病気で、日本でも高齢者を中心に15万人の患者がいるといわれています。 その原因は脳内のドパミン神経の減少であり、神経内で作られる神経伝達物質のドパミンが不足することによって、脳から筋肉への指令が上手く伝わらなくなり、様々な障害が体に現れます。 ドパミンの減少が原因のため、基本的に投薬にてドパミンを補うことでパーキンソン病を治療します。 特にMSD社のシネメットは、脱炭酸酵素を阻害することで脳へ効率よく脳内で不足したドパミンを補うことができます。 お薬通販部では、カルビドパ25g/レボドパ250mgの購入が可能となっています。
オセルタミビル
販売価格:1,820円
(2)
オセルタミビルは、アタベイが開発したインフルエンザ治療薬です。 知名度のあるタミフルのジェネリック医薬品となります。 有効成分はオセルタミビルリン酸塩という成分です。 インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。 発熱、頭痛、筋肉・関節痛などの症状が急激に表れ、喉の痛み、鼻水・鼻づまり、咳といった症状も出てきます。 感染症なので、安静にして、他人に感染しないように人との接触を制限されます。 A型インフルエンザに最も効果があり、B型インフルエンザには効きにくい傾向があるとされています。 C型インフルエンザには効果がありません。 お薬通販部では、75mgの購入が可能となっています。
タミフル・ジェネリック(アンチフル)
販売価格:4,290円
(0)
アンチフルは、製薬会社のシプラ社から販売されているインフルエンザ治療・予防薬です。 インフルエンザの治療薬として主に用いられているタミフルのジェネリック医薬品にあたります。タミフルと同じ有効成分のオセルタミビルが含有しているのが特徴です。 A型・B型イングルエンザの治療だけではなく、予防薬としても服用できます。
タミフル・ジェネリック(オセフル)
販売価格:2,470円
(2)
オセフルは、オプト・ファーマ社が開発した抗インフルエンザウイルス薬です。 インフルエンザの治療を行う際の第一選択薬として、多くの医療機関で処方されているタミフルのジェネリック医薬品となります。 オセフルの新薬(先発医薬品)であるタミフルはスイスのロシュ社が製造している製品で、日本国内でも2001年に販売が開始されました。 有効成分のオセルタミビルがインフルエンザの直接原因であるインフルエンザウイルスに作用し、症状を緩和させます。 毎年大きな流行になるA型インフルエンザ、風邪との区別がつきにくく発見が遅れやすいB型インフルエンザのいずれに対しても効果を発揮します。 お薬通販部では、75mgの購入が可能となっています。
アマンタジン
販売価格:3,410円
(2)
アマンタジン(Amantadine)は、MERZ社が開発した医薬品です。 パーキンソン病、脳梗塞後の後遺症、A型インフルエンザウイルス感染症などの治療に使用されています。 シンメトレルのジェネリック医薬品で、同成分であるアマンタジンを100mg含有しています。 お薬通販部では、100mgの購入が可能となっています。
カロナール・ジェネリック(パナドール)
販売価格:1,890円
(1)
カロナール・ジェネリック(パナドール)は小さな子供からお年寄りまで幅広い年代の方が服用可能な、有効成分アセトアミノフェンが配合された解熱鎮痛薬です。 ロキソニンなどと比較して効果が穏やかなので副作用を起こしにくく、カロナール・ジェネリックを1箱持っているだけで家族全員がご使用いただけます。 最近では新型コロナ感染症による辛い症状を抑えるのにアセトアミノフェンが有効として、今話題を集めているお薬の一つです。
タミフル
販売価格:10,350円
タミフルは、世界で初めて承認された抗インフルエンザの内服薬で、A型およびB型のインフルエンザの治療および予防に効果を示します。 インフルエンザウイルスの喉、気管支、肺での増殖を抑制することで、インフルエンザの症状を軽減し、回復を促進します。 日本で使用されているのは75mgカプセルとドライシロップの二種類です。世界では30mg、45mgカプセルも発売されています。 タミフルの予防的な使用は、家族が感染しているなどの特別な状況のみに限定されます。 予防接種を受け、医師や薬剤師の指導に従って適切に服用することが重要です。 お薬通販部では、オセルタミビル75mgのタミフルが購入可能です。
カロナール・ジェネリック(サラ)
販売価格:3,810円
(1)
カロナール・ジェネリック(サラ)は日本でも広く処方されてきた実績を持つ、カロナールと同じ有効成分アセトアミノフェンが配合された解熱鎮痛薬です。 1箱で100錠も入っている大容量タイプなので、何度も購入する手間を削減したい方におすすめです。 最近では新型コロナウイルス感染症による発熱や身体の痛みを鎮める成分としてアセトアミノフェンが注目されており、それに伴ってカロナール・ジェネリックにも注目が集まっています。

インフルエンザに効果的な薬とは?症状や感染経路についても詳しく解説!

約100年前に世界的に大流行して多数の死者を出したスペイン風邪も、実はインフルエンザの一種であったのは知っていますか?
インフルエンザにはさまざまな種類があり、毎年変異を繰り返しています。

現在ではインフルエンザに効く治療薬も開発されており、適切に使用することで症状の重症化が防げます。
また、インフルエンザの感染経路や初期症状を知ることによって、感染の予防や早期治療へと繋げることができます。

今回はインフルエンザに効く治療薬はどのようなものがあるのか?主な症状や感染経路について、詳しく解説していきます。

インフルエンザの治療薬

インフルエンザの治療薬は、医師の処方箋が必要な医療用医薬品に分類されています。
病院を受診してインフルエンザの診断を受け、医師から処方箋を出してもらうのが一般的です。
インフルエンザの治療薬は薬局やドラッグストアなど、市販では購入することができませんので注意が必要です。

インフルエンザ治療薬・解熱薬の比較表

国内で処方されているインフルエンザ治療薬及び解熱薬について、分かりやすいよう比較表を用意しましたのでご覧ください。

タミフル リレンザ カロナール
タミフル リレンザ カロナール
主な効果 インフルエンザウイルスの増殖阻害 インフルエンザウイルスの増殖阻害 解熱及び鎮痛
剤形 錠剤(内服薬) 粉末(吸入剤) 錠剤(内服薬)
副作用 普通 普通 少ない
予防目的の使用 可能 可能 不可
購入できる場所 病院、一部の通販サイト 病院、一部の通販サイト 病院、市販、海外通販
特徴 タミフルは世界で初めて承認された抗インフルエンザの内服薬で、A型およびB型のインフルエンザの治療および予防に効果がある治療薬です。 リレンザは吸入式のインフルエンザ治療薬で、成分を直接肺に届けることで呼吸器系に対する効果が期待できます。 カロナール・ジェネリック(パナドール)は有効成分アセトアミノフェンが配合された解熱鎮痛薬で、ロキソニンなどと比較して効果が穏やかなので副作用を起こしにくいのが特徴です。
価格 1錠1,035円~ 1セット8,530円~ 1錠53円~

インフルエンザとは?種類や症状別で解説

インフルエンザと風邪は現れる症状が似ているものの、医学的には全く別の病気に分類されています。
インフルエンザには季節性インフルエンザ新型インフルエンザ、この2種類が存在します。

新型インフルエンザは感染力が非常に高く、一度発生すると全国に広がってしまう恐れがあります。
場合によっては世界的な大流行になる可能性もあり、全世界で約5,000万人の死者を出したスペイン風邪も新型インフルエンザに該当します。

季節型インフルエンザは、日本で冬になると流行するインフルエンザが該当します。
新型インフルエンザほど危険度は高くありませんが、それでも普通の風邪より重症化しやすいので注意が必要です。

参考文献:厚生労働省「令和5年度インフルエンザQ&A」

インフルエンザにかかってしまったらどうしたらいいの?

インフルエンザウイルスの種類と症状

インフルエンザはウイルスの種類によって、A型・B型・C型の3つに分けることができるのは知っていますか?
発症した際の主な症状に大きな違いはありませんが、型によって細かな違いが存在します。

続いて、インフルエンザの型ごとの特徴を、詳しく解説していきます。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザは、日本で流行するインフルエンザの大部分を占めています。
A型は人だけでなく動物にも感染するウイルスで、他の型と比較して進化しやすい特徴を持っています。
インフルエンザウイルスが進化すると元から持っている免疫では対応できませんので、結果として流行しやすいのです。
A型インフルエンザは他の型より症状が重症化しやすいので、高齢者や小児、妊婦や持病を持っている方は合併症を発症するケースもあります。

参考文献:健栄製薬「猛威をふるうインフルエンザA型とは? ウイルスや症状の特徴をチェック」

B型インフルエンザ

B型インフルエンザは人以外に感染することがなく、ウイルスの型も2種類しかありません。
B型はA型のような進化しにくく、免疫を持っている方も多くいらっしゃいます。そのため、A型ほど流行しにくいといわれています。
現れる症状はA型と殆ど同じですが、一度発症すると症状が長引きやすい特徴を持っています。

参考文献:健栄製薬「インフルエンザB型はA型とどう違う?これからの季節に取り入れたい対策」

C型インフルエンザ

C型インフルエンザに感染するのは殆ど子供で、一度感染したら免疫がつくので再感染することはないといわれています。
また、A型やB型のように流行することはありません。
症状も軽度で治まりますので、知らないうちに感染して知らないうちに治っているケースが多いです。

参考文献:インフルエンザNavi「【A型・B型・C型】インフルエンザの種類とそれぞれの症状について」

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザは感染してもすぐに症状が現れることはなく、1~3日間の潜伏期間があります。
潜伏期間中は体調に大きな変化は現れませんが、体内ではインフルエンザウイルスが爆発的な増殖を繰り返しています。
潜伏期間が終わると高熱や倦怠感など、さまざまな症状が現れてきます。

参考文献:NIID 国立感染症研究所「インフルエンザとは」

インフルエンザの感染経路

インフルエンザは主に以下の通りです。

感染経路
  • 飛沫感染
  • 接触感染

インフルエンザ感染者の口や鼻、鼻水や唾の中には、大量のインフルエンザウイルスが存在しています。
そのため、感染者が触れたものに接触したり、咳や唾がかかったりするとインフルエンザに感染してしまいます。

インフルエンザの流行時期

日本では空気が乾燥してくる11月下旬から翌年4月辺りまでが、インフルエンザの流行時期といわれています。
1月末から3月上旬が流行のピークになりやすく、この時期はインフルエンザ感染により注意を払うことが重要です。

インフルエンザを予防するために必要なことは?

インフルエンザは予防可能な病気の一つです。適切な予防を実施することによって、症状の悪化を防ぐだけでなく感染リスクを大きく下げることが可能です。

インフルエンザの予防に有効な方法を詳しく紹介していきましょう。

ワクチンの予防接種が効果的!

インフルエンザの予防に最も有効なのが予防接種です。
インフルエンザの流行が始まる前にインフルエンザワクチンを接種することによって、もしインフルエンザに感染しても重症化しにくくする効果が期待できます。

「予防接種をしたからインフルエンザに感染することはない」と思っている方がいますが、予防接種は症状の重症化を抑える効果しか持っていません。
予防接種にインフルエンザの感染を防ぐような効果はありませんので、その点は勘違いしないようにしましょう。

手洗いやうがいの徹底

インフルエンザウイルスは飛沫感染及び接触感染が主な感染原因なので、手洗いやうがいはインフルエンザ予防に対して高い効果が期待できます。
インフルエンザが流行している時期は、こまめな手洗いとうがいがおすすめです。

咳エチケットとマスクの着用が重要

もしインフルエンザに感染してしまった場合は、感染を広げないためにもマスクの着用や咳をする際にハンカチで口を覆うなど、咳エチケットを心がけることが重要です。

また、感染予防の観点から見てもマスクの着用は有効なので、家族や接触する機会の多い方がインフルエンザに感染している場合は積極的にマスクを着用しましょう。

インフルエンザにかかってしまったらどうしたらいいの?

どれだけインフルエンザ対策をしていても、インフルエンザにかかってしまうことがあります。
もしインフルエンザにかかってしまった場合は、以下に紹介する対処法を実行するのがおすすめです。

すぐに医療機関を受診する

インフルエンザかどうか判断するためには、医療機関を受診して検査を受けるか市販の検査キットを購入する必要があります。

おすすめは医療機関の受診で、もし検査結果が陽性だった場合はそのまま治療薬を処方してもらえます。
また、検査キットを使うより正確な結果が得られるので、特別な事情が無い限り病院を受診したほうが良いでしょう。

リレンザ

リレンザ

リレンザは粉末を吸入して使用する、吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。インフルエンザウイルスが増殖している肺や気管支に直接薬剤を届けることができるため、早期の症状改善が目指せます。また、副作用が局所的な症状に治まりやすいので、安全性に優れた特徴を備えています。

商品ページを見る

インフルエンザの隔離期間

インフルエンザは感染力が非常に高いので、体内にインフルエンザウイルスが存在している間は外出を控えて他人との接触を避けなければいけません。その期間を「隔離期間」と呼びます。

隔離期間は一般的に、発症前日から発症後3~7日間が目安といわれています。
隔離期間中はマスクの着用と併せて手洗いやうがいを徹底して、感染を広げないよう対策してください。

大切なのは十分な休息と水分・栄養の補給

病気になったときは身体を休めるのが一番ですが、これはインフルエンザに感染した際も同じです。
また、インフルエンザは高熱を伴いやすいため、水分補給も重要です。
栄養補給も大切ですが、脂っこいものなど消化の悪い食事は体力消耗の原因となるため、消化の良い食事を選んでください。

解熱薬を服用して熱を下げる

高熱が続くと体力を消耗してしまうため、解熱薬で熱を下げるのもインフルエンザの対処法として有効です。
解熱薬には併用に注意すべき薬がありますので、解熱薬を服用する際は医師や薬剤師に相談するのが良いでしょう。

タイレノール

タイレノール

アメリカの大手製薬会社ジョンソン・エンド・ジョンソンが製造販売するタイレノールは、アセトアミノフェンを含有している解熱鎮痛剤で、解熱以外にも、痛みを伴う様々な症状の治療薬として使用されています。

商品ページを見る

カロナール・ジェネリック(サラ)

カロナール・ジェネリック(サラ)

先発薬カロナールと同じ有効成分アセトアミノフェンが配合されたカロナール・ジェネリック(サラ)は、タイのタイナコーンパトナが製造販売している解熱鎮痛薬です。

商品ページを見る

インフルエンザの重症化に気を付ける人は?

以下のいずれかに該当する方は、インフルエンザにかかったときに重症化しやすいので注意が必要です。

重症化しやすい人
  • 循環器系疾患をお持ちの方
  • 呼吸器系疾患をお持ちの方
  • 血液疾患をお持ちの方
  • 肝臓病または腎臓病
  • 糖尿病をお持ちの方
  • 高齢者
  • 妊婦
  • 小児、乳幼児など

参考文献:塩野義製薬「インフルエンザ」

高齢者は特に注意が必要

高齢者は免疫力や体力が低下しているため、インフルエンザに感染すると重症化しやすいといわれています。
持病を持っている方はさらに注意が必要なので、感染予防対策はしっかり実施しましょう。

子供や妊婦の方は感染経路にも注意

子供がインフルエンザにかかると、中耳炎や脳炎などの合併症を発生しやすいです。
妊婦は胎児の影響で免疫力が低下していますので、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなっています。
かかった際のリスクも高く、自身だけでなく胎児の発育にも影響を与える恐れがあります。

このように子供や妊婦はインフルエンザの感染リスクが高いため、インフルエンザが流行しているときは感染経路に注意を払ってください。
感染者がいそうなところに行く際はマスクをする、帰宅時に手洗いをするなど感染対策をしっかり行いましょう。

基礎疾患や免疫機能が低下している人

インフルエンザは身体の抵抗力や免疫力が落ちていると、感染しやすいだけでなく重症化しやすくなります。
基礎疾患がある方や免疫力が低下している方は、インフルエンザの予防対策を積極的に実施してください。

インフルエンザ治療薬の服用時の注意点は?

インフルエンザ治療薬はA型インフルエンザ及びB型インフルエンザに対して、優れた治療効果を発揮します。
しかし、間違った服用方法をすると治療効果が期待できないだけでなく、副作用の発症リスクも高めてしまう恐れがあります。

注意すべき点を知ることで、安心・安全にインフルエンザの治療ができます。

効果的な服用時期はいつごろ?

インフルエンザ治療薬はインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果によって、症状の改善を図ります。
そのため、インフルエンザの感染初期に服用するのがとても大事です。

48時間以内での服用が重要

インフルエンザが体内に侵入すると増殖が始まり、48~72時間で最も多くなるといわれています。
48時間以内にインフルエンザ治療薬を服用すれば、早い段階でインフルエンザの増殖を抑えられます。

体内のインフルエンザウイルスの数が少ないほど治療薬の効果が高くなるので、インフルエンザの発症直後に服用するのが一番です。

参考文献:中外製薬「インフルエンザ情報サービス」

主な副作用とは?

インフルエンザ治療薬の代表格であるタミフル及びリレンザを服用した際の、主な副作用は以下の通りです。

主な副作用
  • 発疹
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • めまいなど

また、下記のような重篤な副作用も起こすことが報告されています。

重篤な副作用
  • アナフィラキシーショック
  • 呼吸困難
  • 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 急性腎障害
  • 白血球減少、血小板減少
  • 異常行動など

併用に注意が必要な薬は?

リレンザは併用に注意すべき薬はとくにありませんが、タミフルには併用に注意すべき薬が以下の通りあります。

併用に注意すべき薬
  • ワルファリン

持病でワルファリンを服用している方は、かかりつけの医師に併用について必ず相談してください。

参考文献:KEGG「タミフル」

併用してはいけない禁忌薬

タミフル及びリレンザには、併用禁忌とされる薬はありません。

インフルエンザ治療薬の服用に注意が必要な人とは?

以下に該当する方は、インフルエンザ治療薬を服用する際に注意が必要です。

服用に注意する人
  • 持病がある方
  • 治療中の病気がある方
  • 過去にインフルエンザ治療薬を服用して体調不良を起こしたことのある方
  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 小児
  • 高齢者

インフルエンザ治療薬の安全性は?

現在販売されているインフルエンザ治療薬は、各国の厳しい検査をクリアしたものしか販売が許可されていませんので、安全性はしっかり保証されています。

しかし、用法用量を間違えると副作用の発症リスクが高まりますので、必ず医師の指示に従って使用してください。

子供の異常行動に注意!

子供がタミフルを使用した後に、異常行動を起こして死亡したという事例が過去にいくつかありました。
実は、タミフル以外のインフルエンザ治療薬でも、使用後に異常行動を起こす事例が報告されています。

子供にインフルエンザ治療薬を使用する際は、異常行動を起こすことを念頭に入れて看病しましょう。

タミフル

タミフル

タミフルは世界で初めて承認された抗インフルエンザの内服薬で、A型およびB型のインフルエンザの治療および予防に効果がある治療薬です。
インフルエンザウイルスの喉、気管支、肺での増殖を抑制することで、インフルエンザの症状を軽減し、回復を促進します。

商品ページを見る

タミフル・ジェネリック(オセフル)

タミフル・ジェネリック(オセフル)

オセフルは、インフルエンザの治療を行う際の第一選択薬として多くの医療機関で処方されているタミフルのジェネリック医薬品で、A型とB型インフルエンザのいずれに対しても効果を発揮します。

商品ページを見る

インフルエンザ治療薬・解熱薬の口コミまとめ

最後にインフルエンザ治療薬としてよく用いられているタミフルとリレンザ、解熱鎮痛薬として病院でも処方されているカロナールの3種類について、口コミをいくつかピックアップしてご紹介します。

タミフルの口コミ

インフルでお馴染みのタミフルですね。というか市販で売ってるなんてビックリです!年に一度インフルをもらい高熱を出して辛い思いをしてますので、あれば嬉しい商品ですね!!最近流行りのコロナには感染してないけど、いざというときにストック用で購入するのもありですね。

(タミフル、まえだ 37歳)

前評判(異常行動など)が怖くて避けていましたが、近しい人が何ともなかったので使ってみたところ、すぐに良くなりました。

(タミフル、みなみ 22歳)

職場の人たちが、インフルエンザでバタバタと休み始めて、自分がかかるのも時間の問題と、感じました。予め、常備薬として買っておいたタミフルを予防目的で飲んでいたら、私にはかからなくて、ホッとしました。

(タミフル、ぶーん 31歳)

リレンザの口コミ

辛かったインフルエンザ、しっかり治してくれました。副作用も特になかったので私には相性が良かったようで、とても助かりました。

(リレンザ、みるく 33歳)

インフルエンザの予防としてリレンザが使えると聞いて、購入しています。もしかしたら?と思ったときや、絶対に倒れられない!という時に使います。

(リレンザ、よいよい 28歳)

インフルエンザにかかってしまい飲んでいました。熱は下がり楽になりましたが、だいぶ長引いてから治ったので、これのおかげで治ったのかどうかはわかりません。

(リレンザ、マミー 29歳)

カロナールの口コミ

他商品のついで購入。持ってて損はないかなと思う。子供の急な発熱に使える。

(カロナール、高志 42歳)

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。