カロナール・ジェネリック(パナドール)

(1件の口コミを見る)

カロナール・ジェネリック(パナドール)
カロナール・ジェネリック(パナドール)
カロナール・ジェネリック(パナドール)は小さな子供からお年寄りまで幅広い年代の方が服用可能な、有効成分アセトアミノフェンが配合された解熱鎮痛薬です。

ロキソニンなどと比較して効果が穏やかなので副作用を起こしにくく、カロナール・ジェネリックを1箱持っているだけで家族全員がご使用いただけます。

最近では新型コロナ感染症による辛い症状を抑えるのにアセトアミノフェンが有効として、今話題を集めているお薬の一つです。
効果
解熱及び頭痛や関節痛などの症状緩和
有効成分
アセトアミノフェン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
GSK(グラクソ・スミスクライン)

カロナール・ジェネリック(パナドール)を注文する

カロナール・ジェネリック(パナドール) 500mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
24錠 45 62円 1,500
48錠 84 58円 2,800
72錠 120 55円 4,000
120錠 192 53円 6,400

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の商品詳細

カロナール・ジェネリック(パナドール)の特徴

国内で広く処方されているカロナールと同じ有効成分アセトアミノフェンが配合されたこちらのカロナール・ジェネリックは、イギリスのロンドンに本社を置くGSK(グラクソ・スミスクライン)が製造販売している解熱鎮痛薬です。

様々な有効成分が配合された解熱鎮痛薬が販売されていますが、その中でもアセトアミノフェンを配合したものは老若男女誰もが服用できる優れた特徴を持っています。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症ですが、日本も例外ではなく非常に多くの感染者が毎日発生しています。病院で全ての患者を対応するのが難しくなっており、症状が軽度と判断された方は自宅療養となることが殆どです。軽度の症状と診断されても発熱は38度近くに及ぶ方も多く、さらに頭痛や筋肉痛など様々な痛みにも襲われることもあります。

カロナール・ジェネリックは新型コロナ感染症による発熱だけでなく、様々な痛みに対しても優れた鎮痛作用を発揮するとして非常に注目を集めています。既に国内では常備薬として先発医薬品のカロナールを購入する人が急増しており、品薄が問題になってきています。

製造元では出荷調整が行われ始めるなど、国内でカロナールを入手するのは難しい状況です。しかし今回紹介しているカロナール・ジェネリックは海外で製造されているお薬なので、先発医薬品のカロナールより入手しやすい状況となっています。

しかし今後の状況次第ではこちらの商品も品薄になる恐れがあるため、購入を検討している方は早めの判断が必要です。

参考:NHK.解熱鎮痛薬「カロナール」出荷調整へ 新型コロナで需要急増

カロナール・ジェネリック(パナドール)の効果

カロナール・ジェネリックは、辛い発熱や身体の痛みに対して症状緩和を図ることが可能です。

他の解熱鎮痛成分と比較して効果が穏やかなので、ロキソニンなどが服用できない小さな子供にもお使いいただけます。元々解熱鎮痛薬として使用されてきた実績を持ちますので、新型コロナ感染症以外の普通の風邪の症状緩和目的でも服用することが可能です。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の適応症状

・38度以上の高熱
・頭痛
・筋肉痛
・関節痛
・月経痛
・歯痛など

カロナール・ジェネリック(パナドール)の有効成分

カロナール・ジェネリックに含まれる有効成分アセトアミノフェンは、中枢神経へ働きかけることによって解熱鎮痛作用を発揮します。頭痛や月経痛だけでなく筋肉痛や打撲痛など、幅広い痛みの症状に対して優れた鎮痛作用を持っています。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の内容量・含有量

1箱あたり24錠入りとなっています。
当サイトでは500mgの取り扱いがございます。

製薬会社

グラクソ・スミスクライン

カロナール・ジェネリック(パナドール)の用法用量

カロナール・ジェネリック(パナドール)の服用方法

解熱・鎮痛目的の場合は1回0.6~1錠を、水又はぬるま湯を用いて服用してください。1日2回まで、1日最大3錠を上限としてください。

年齢や症状によって服用量を適宜増減しましょう。一度服用した後は次回服用まで、最低でも4~6時間以上間隔を空けてください。胃への負担を極力抑えるために、空腹時の服用は避けるようにしましょう。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。過剰量を服用しても症状改善効果に大きな違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。肝臓に関連する副作用を起こしやすくなるため、服用中はアルコールの摂取は控えてください。

他の風邪薬や解熱鎮痛薬を服用する際は、アセトアミノフェンが有効成分として含まれていないものを選んでください。飲み忘れをした際は思い出したタイミングですぐに服用してください。

ただし次回分の服用が近い場合は飲み忘れた分は飛ばして、次回分から服用を再開してください。服用中に体調不良を感じた場合は、服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の副作用

カロナール・ジェネリック(パナドール)の主な副作用

副作用としてめまい、吐き気、嘔吐、発疹、食欲不振などが報告されています。

いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の稀な副作用

稀な副作用としてアナフィラキシーショック、中毒性表皮壊死融解症、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、間質性腎炎、急性腎障害、顆粒球減少症などが報告されています。

万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の使用上の注意

カロナール・ジェネリック(パナドール)の服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・普段からアルコールを大量に飲んでいる方
・肝機能障害をお持ちの方
・血液異常をお持ちの方
・出血傾向のある方
・腎機能障害をお持ちの方
・心機能異常をお持ちの方
・気管支喘息をお持ちの方など

カロナール・ジェネリック(パナドール)の併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・リチウム製剤
リチウムの血中濃度が上昇してリチウム中毒を起こす恐れがあります。
・チアジド系利尿剤
チアジド系利尿剤の作用を弱めてしまう恐れがあります。
・クマリン系抗凝血剤
クマリン系抗凝血剤の作用を増強する恐れがあります。
・カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファンピシン、イソニアジド
肝機能障害を起こしやすくなる恐れがあります。
・抗生物質、抗菌剤
過度な体温低下を招く恐れがあります。

カロナール・ジェネリック(パナドール)を服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・過去にカロナール・ジェネリックに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
・アスピリン喘息をお持ちの方
・消化性潰瘍をお持ちの方
・重篤な血液異常をお持ちの方
・重篤な肝機能障害をお持ちの方
・重篤な腎機能障害をお持ちの方
・重篤な心機能不全をお持ちの方など

カロナール・ジェネリック(パナドール)の併用禁忌薬

・アセトアミノフェンを含むお薬など

カロナール・ジェネリック(パナドール)の保管方法と取り扱い上の注意

カロナール・ジェネリック(パナドール)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送・梱包

・香港

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


カロナール・ジェネリック(パナドール)のよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

カロナール・ジェネリック(パナドール)の口コミ

貴志 (42歳)
2022/05/07
他商品のついで購入。持ってて損はないかなと思う。子供の急な発熱に使える。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品