製薬会社ガイド

アーウィンナチュラルズ
アーウィンナチュラルズ
アーウィンナチュラルズ社は、1994年に創立されアメリカのロサンゼルスを本拠地に置くメーカーです。 メインに栄養補助食品を販売しており、製品の自社通販はもちろん、ウォールマート、CVS、Fresh Thyme、コストコなどの大手スーパーマーケットや自然派思考の人々に愛される食料品店でも取り扱われています。 健康補助食品は、小さな市場から今や数十億ドルを超える大きなマーケットに成長しています。 同社は、そのマーケットの中でリーディングカンパニーとして努力を続け信頼されている企業へとなりました。 顧客へ優れた製品を手ごろな価格で提供するというこだわりを持っており、特にダイエットをサポートするサプリメントやビタミン剤が人気です。 製造しているサプリメントは種類も豊富のため、人種のるつぼと呼ばれるアメリカでも体格や体質に合った製品を見つけやすいと高い評価を得ています。 ED改善サプリメントでは、「セクシャルピークパフォーマンス」が人気製品の一つです。 ビジネスの手は、南米・極東・カリブ海・南太平洋、更には他大陸へも及び、成長をし続けているメーカーです。 アーウィンナチュラルズの姉妹ブランドとしてネイチャーズシークレット、ハーモニーフォーミュラズが存在しています。
アジャンタファーマ
アジャンタファーマ
アジャンタファーマ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社です。 1973年に設立され、世界中で6,500人以上の従業員を雇用しています。 2000年にはインドの株式市場に上場しており、2017年にはインド国内100社における「偉大な功労者(CEO)賞」に名を連ねる、成長著しい医薬品メーカーといえます。 アジャンタファーマ社はインド国内を中心に7つの製造拠点があり、そのうち2ヵ所の施設がアメリカFDA(食品医薬品局)からの認定を受けています。 また17商品がアメリカでジェネリック製造認定を受けており、国内外で信頼され使用されています。 また、アフリカやフィリピンなどの新興国を中心に、世界40ヶ国で抗マラリア薬、抗生物質、抗アレルギー薬、心臓病、眼科、皮膚科など幅広い領域のジェネリック医薬品を提供しています。 ジェネリック医薬品の製造方法を豊富に蓄える同社ではED治療薬も多く取り扱っており、ED治療薬をゼリー状にする革新的な研究技術も持っています。 バイアグラジェネリックの「カマグラ」「カマグラゴールド」や、レビドラジェネリック「バリフ」、シアリスジェネリック「タダリス」などの製造に力を入れており、特にカマグラは日本国内でも多くの愛用者がいます。
アビシュカル
アビシュカル
アビシュカル社は医薬品・サプリメントを製造するインドの企業です。 社名である「Aavishkar」は、サンスクリット語で "Innovation(革新)"を意味し、同社の理念として掲げられています。 最先端の製造技術をもち、月に500万個以上も製品の製造している生産能力の高い企業です。 アビシュカル社では、摂取しやすく利便性の高い医薬品の開発に力を入れており、低価格で高品質な製品の開発を行っています。 口腔ケア、神経科薬などを主とする同社では「OD錠」といわれる口腔内で溶かして服用するフィルムタイプの製品をメインに製造・販売しています。 ODフィルム錠は水分がなくても飲み込むことができ、薄くてかさばらず携帯時にも便利です。舌から吸収されるため、食事やアルコールの影響も受けにくく、短時間で効果があらわれるスムーズな即効性もメリットの1つです。 ED治療薬では、ジェネリックであるバイアグラODフィルム「ノボシル」が人気商品です。 薬の製造技術のみならず、パッケージにも力をいれており、フィルムを梱包しているパウチは薬に直接手を触れずに開封できるよう、衛生的にデザインされています。 薬の外箱もシンプルで生活に馴染みやすいデザインを取り入れています。
アブディ・イブラヒム
アブディ・イブラヒム
アブディ・イブラヒム社は1912年創業、トルコのイスタンブールに本社を構えるトルコ最大手の医薬品メーカーで、180以上のブランドと350以上の製品を有しています。 販売する医薬品は、抗菌剤、抗ウイルス剤、内分泌、代謝、胃腸、心臓疾患、呼吸器系、中枢神経系、泌尿器生殖器系薬剤など多岐にわたります。 2003年以来、トルコの製薬業界のリーダーとして君臨しており、トルコ国外の10か国に支店を設けています。 また、カナダやEU諸国、北アフリカ、アジアなど50を超える国に医薬品を輸出し、約4,000人の従業員を雇用しています。 生産設備は、製造所における製造管理・品質管理の基準であるGMPに則したものであり、品質信頼性のあるものとなっています。 パートナーシップとして2012年には大塚製薬と提携し、「アブディ・イブラヒム大塚製薬株式会社」を設立しています。 これにより大塚製薬が開発した医薬品がトルコでも販売されることとなりました。 また、最新の技術を積極的に取り入れることでも知られており、2017年にはその革新的な施設を360度のバーチャルツアーにて公開しています。 これはPCやタブレットなどからYoutube経由でVRゴーグルを使用すると、施設の様子をバーチャルビデオで見ることができるサービスで、生産技術や設備をその目で確かめることが可能となっています。
アポテカス
アポテカス
アポテカスは1974年に創業し、アメリカのニューヨークに本社を構えるヘルスケアカンパニーです。 ヒトおよび動物用(獣医用)の医薬品を製造販売しています。 代表的な商品はVCF®という避妊用フィルム殺精子剤です。 効果が高いながら性行為には影響がなく、携帯しやすいコストパフォーマンスに優れた商品の提供を目標としており、VCF®は同社の理念に沿った商品となっています。 単剤使用で94%の避妊効果があり、コンドームなどの他の避妊剤との併用で99%の避妊効果が期待できます。 大きさは1ドル札の半分程度で、柔らかく薄いシートとなっておりどこへでも持ち運び可能です。 挿入も容易で、体温で溶け始め3時間効果があらわれます。 挿入してしまえば、本人もパートナーも特にVCF®が膣内に入っていることを感じることはありません。 また使用後も体液で流されるため、特に洗浄の必要もありません。 医療用医薬品ではないので、アメリカではドラッグストアなどで入手可能です。 避妊用フィルム殺精子剤は日本ではなじみが薄いですが、アメリカでは非常に有効な医薬品と認識されています。 アポテカスは避妊用フィルム殺精子剤の有効性の周知に邁進しており、今後の成長が期待されます。
アンドロメディカル
アンドロメディカル
アンドロメディカル社は、スペインのマドリードに拠点を置く、20年に渡り泌尿器科や外科の分野、とくに男性器の増大に悩む男性に貢献し続けている医療品会社です。 アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、アジア、合計150ヶ国以上で販売されている代表的な商品が、アンドロファーマペニスやアンドロバキュームです。 陰茎の太さ、長さ、勃起持続力を改善できる商品として、専門医からも認められている信頼性が高い商品です。 2000年にアンドロペニスを販売して以来、その他にもペイロニー病のためのペニス湾曲改善製品、陰茎手術後のフォロー製品など、外科的手術をすることなく性器増大が実現可能な商品を開発し続けています。 健康食品ではなく、男性器が勃起していない状態で一日4時間から9時間ほど装着しておく器具をメインに扱っていますので、内科系の持病を持っている方でも使用できる商品を豊富が多いことが特徴です。 また、ISO9001:2008、ISO13485:2003を取得し、効果と安全性、そして確かな品質が保証されていますので、安心して購入することができます。 TIME誌など有名メディアからも取り上げられている企業で、欧州連合健康ライセンス、アメリカ合衆国健康ライセンスを取得しています。
アルビオンニュートラセティカルズ
アルビオンニュートラセティカルズ
アルビオンニュートラセティカルズ社は、インドに拠点を置く製薬会社で、国内外で取引が活発化している会社です。 過去10年以上の間ユーザーの声に耳を傾け続け、よりよい製品の提供のため日々開発や改良を続けています。 同社は、古来より使用されている天然成分や自然の恵みを主とした有効成分を配合し、人体に優しく副作用の懸念が比較的少ない製品を開発しています。 ダミアナ、バイオぺリン、ムイラプアマなど、インドに古くから伝わるアーユルヴェーダ医学において使われてきた歴史ある成分を使用しています。 分野を大きく広げているのが、男性機能改善のためのサプリメント販売です。 有名な製品としては、ビッグRXプラス(イチョウエキス、朝鮮人参、ハマビシ、カツアバなど11種の天然ハーブ配合)、ビッグRX早漏防止スプレー、ビッグRXオイルなどの勃起力アップ・男性器サイズアップをサポートするものがあります。 これらは、ウォールストリートジャーナルなど有名なメディアにもコメントを載せているDr.Steven Lammも推薦しており、信頼のある商品といえます。 西洋医学に抵抗があり、医療用医薬品に頼りたくないという男性から絶大な支持を集めるメーカーです。
イーライリリー
イーライリリー
イーライリリー社はアメリカ、インディアナポリスを軸にグローバル展開している製薬会社で、世界約120ヶ国に医薬品を供給しています。 1876年創業の同社は、最新技術を駆使し世界初の糖尿病治療薬「インシュリン」を実用化しました。 その他にも世界初の抗生物質の開発や、精神科領域の製剤では世界最大のシェアを持つ企業としても知られています。 本を含め、世界9ヶ国に大規模なR&D(研究開発)設備を持ち、約9,000人もの開発スタッフを雇用しています。 日本国内では1909年にシオノギ製薬が同社の製剤を発売したことをきっかけに、1965年にイーライリリー・インターナショナルコーポレーション日本支社が登録、1975年には日本イーライリリー社は開設されました。 また、売上高に占める開発費の比率が約20%以上で、米国の製薬会社の中ではトップクラスの研究開発資金が投入されています。 ニューヨーク証券取引所(NYSE)や欧州製薬団体連合会(EFPIA)の一員であることからもわかるように、社会的に高い信頼性を誇っています。 現在では主に中枢神経、糖尿病、骨粗しょう症や癌などに対する革新的な医薬品の製造に投資しています。 また、バイアグラ、レビトラとならぶ三大ED治療薬の1つで、日本で2007年に発売された長時間作用型のED治療薬「シアリス」を取り扱っている会社としても有名です。
インタス・ファーマ
インタス・ファーマ
インド製薬業界10位で国内シェア2.8%(2016年)のインタス・ファーマ社は30数年で急速に成長し、グローバルヘルスケア企業としての地位を確立してきました。 法人化したのは2006年と、歴史は浅いながらもその著しい成長ぶりに世界が注目しています。 2017年の売上高は1340億円を記録。 国内展開においてはインド国内4位のクロニック・ファーマ・マーケットと協力関係を築き、海外展開では70ヶ国以上の流通ネットワークを構築し、海外企業とのアライアンス関係を標榜しています。 企業後、成長の原動力になったバイオロジックス・ビジネス・ユニットやR&Dユニットを立ち上げ、ヨーロッパや世界各国へ製品供給を積極的に行ってきました。 2010年にはがん治療薬とジェネリックの製造でアストラゼネカと提携、2015年「アジアパシフィック、その年の会社」でグローバル・ジェネリックス&バイオシミラーズ賞を受賞しました。 医薬部門はセントラル・ナーバス・システムという神経系技術を強みに持ち、腎臓、胃腸、泌尿器系などの分野で他社に比べ優位性が確保されています。 海外33ヶ所の営業拠点をフルに活用し、独自開発のDDSの普及活動を進めています。 R&D部門ではがんや免疫障害、眼科、腎臓科の分野での治療薬開発に取り組んでいます。
オルガノン
オルガノン
オルガノンは1923年にオランダで設立された製薬企業です。 インスリンの製造から始まり、エストロゲンやコルチゾンなどを製造していきました。 その後吸収合併によりアクゾノーベルの一部門となり、2003年には本社を米国ニュージャージー州へ移しています。 2007年11月には、同じくアメリカのニュージャージー州に本社を置くシェリング・プラウ・コーポレーションに買収されました。 2年後の2009年11月にメルク・アンド・カンパニーがシェリング・プラウ・コーポレーションと経営統合したため、現在オルガノン社はメルク・アンド・カンパニー社の傘下に入っています。 婦人科系の医薬品を主に製造販売しており、閉経に関する不眠症や、更年期のホットフラッシュ、うつ病治療薬、エステル化されたテストステロンやアンドロゲンなどのホルモン関連治療薬などを取り扱っています。 メルク・アンド・カンパニー社の2017年売上高は世界第4位、401億ドルを超えています。 140ヶ国を超える地域で医薬品を製造販売し、従業員は7万人に迫る勢いの、世界を代表するリーディングカンパニーです。 世界の商号は米国およびカナダでは「Merck」、その他の地域では「MSD」を使用しており、日本ではMSD株式会社として営業しております。
クマープロダクト
クマープロダクト
クマープロダクト社は、インドのグジャラート州に本社を置く製薬メーカーです。 1970年の創業以来、インドに伝わる「アーユルヴェーダ医学」の概念を基本とし、古来より蓄積された数多くの使用経験をもとに新しい製品を多数生産しています。 美容製品、医薬品、ハーブ製品、サプリメント、ヘアオイル、健康食品、獣医製品など、幅広い商品を取り扱っているのが特徴です。 ISO9001:2008の認定を受けており、さらにWHO-GMPというガイドラインの規定に沿って製造されているため、高品質であると高い評価を得ています。 代表的な製品としては、ペニソールなどがあります。 ペニソールは、体の内部からの体質改善を目的とした勃起不全改善のための製品です。 医療用医薬品と比べて即効性は劣るものの、長期で服用し続けると体の中から精力がみなぎり、ペニスを太くすることができ、勃起力を改善できる可能性があります。 同社の製品は自然由来成分でできているため、副作用の心配や禁忌事項が少ないというメリットもあります。 昨今では、ヒト治療用たんぱく質の分野において、優れたバイオテクノロジーの開発に取り組んでおり、喘息やアレルギーを持つ患者さんのために新薬開発に挑戦しています。
クラシックエロティカ
クラシックエロティカ
クラシックエロティカ社は、アメリカのカリフォルニア州に本社を拠点に、コンドームや媚薬成分含有食品などのセクシュアル商品、化粧品等を販売している会社です。 女性向けの商品も多くパッケージも一見セクシュアル商品とはわからない綺麗な見た目のため、保管の際困らないとユーザーからも評判です。 同社のCoochyというブランドは女性向けの商品シリーズで、シェービングクリーム、ロマンティックな気分を高めるオイルなどラインナップが豊富に用意されています。 製品によっては様々なフレーバーをつけるなど、消費者にとって使いやすい工夫もなされています。 男性器に直接塗り込むタイプの媚薬である、メイルセックスプレジャージェルも人気商品です。 このジェルにはミントオイル等が含有されていて、陰茎の血管を拡張することで力強い勃起を手助けしてくれます。 医療用医薬品とは異なりますので、ED治療薬と一緒に使用することもでき、主力商品のひとつとなっています。 安全に最も配慮しており、初めてナイトライフ製品の使用を検討している方にも使用ハードルが低いことが特徴です。 大手スーパーマーケットのウォールマートでも販売しており、通販で手軽に入手しやすいことも人気の理由となっています。
ゲデオンリヒター
ゲデオンリヒター
ゲデオンリヒターは1901年創業、薬剤師ゲデオンリヒターにより設立された、ハンガリーの製薬会社です。 38ヶ国以上に5つの製造施設、29の代表事務所、38の商業関連子会社および卸売業を展開しています。 また近年、主に婦人科製品を販売するため、西ヨーロッパに独自の販売ネットワークを構築しました。 創業当時は規模の小さい製薬会社でしたが、徐々に事業を拡大し今や世界中に研究チームを置くほどの大きな企業へと成長しています。 解熱鎮痛薬の研究開発で世間に広く認知されるようになり、現在では製造する医薬品の領域も広がり、避妊薬、中枢神経、心臓血管の疾患に対しての治療薬などの製造販売も行っています。 代表的な薬剤として、日本国内で多く処方されているアフターピル(緊急避妊薬)「ノルレボ」のジェネリック医薬品である「ポスティノール」が挙げられます。 有効成分であるレボノルゲストレルが卵子の排出、受精卵の着床を阻害し、妊娠を防ぐ効果をもたらします。 海外での臨床試験において、約80%の避妊成功率が報告されている薬剤です。 ゲデオンリヒターは今後の目標を、手頃な価格で革新的で優れた製品を継続的に提供できるように、製品ポートフォリオを開発することとしています。 これからの製品開発が期待される企業です。
ザイダスキャディラ
ザイダスキャディラ
ザイダスキャディラ社は60年以上の歴史ある製薬会社で、インドのアフマダーバードに本社があります。 創業者のRamanbhai B. Patel氏はインドにおいてジェネリック医薬品の発展に貢献した人物の1人です。 1995年に事業再編成によりキャディラヘルスケア社の傘下に入り、ザイダスグループの中心的な製薬会社として活動をしています。 アメリカやフランスに子会社や研究施設を有し、19,000人以上の従業員を雇用するインド国内の売上高第5位(2010年時点)の大手製薬会社です。 同社は2001年にドイツ・レメディ社の子会社であるジャーマンレメディ社を買収し、2006年に日本でもキャディラヘルスケアの子会社として「ザイダスファーマ株式会社」を設立しました。 2007年に日本ユニバーサル薬品を買収し、日本の厚労省の認可を得て日本市場へ積極的に事業を拡大し、降圧剤「アムロジピン」や睡眠薬「ゾルピデム」などの自社製品を販売していましたが、2015年12月には日本市場から撤退しています。 日本からは撤退したものの、現在でも世界60ヶ国以上で同社のジェネリック医薬品が流通しています。 ジェネリック医薬品などをはじめ、一般用医薬品、動物用ヘルスケア用品、スキンケア用品など幅広く展開しており、ED治療薬として代表的な医薬品はバイアグラジェネリックである「ペネグラ」があります。
サンファーマ
サンファーマ
サンファーマ社は、インドのムンバイに本拠を置く大手製薬会社で、主にジェネリック医薬品を製造する会社です。 精神病薬の取り扱いからスタートした同社は、とりわけ精神薬の製造・販売に強みを持ち、その他にも心臓病、糖尿病、胃腸薬、呼吸器系薬、形成外科薬などの医薬品を製造しています。 1983年に設立された同社は、2015年には第一三共の子会社で製薬会社のランバクシーラボラトリーズを買収しました。 これを機に売上高は45億米ドルとなり、世界売上第5位のジェネリック医薬会社へと成長しました。 現時点で世界で30,000人を超える従業員を雇用しており、45ヶ所の製造施設を保有、150ヶ国以上もの国に医薬品を提供しているインド最大の製薬会社です。 同社では原薬の製造、臨床開発、販売までを自社の独自システムに行うことにより、高い利益率を維持し、優れた品質の医薬品を世界中に展開しています。 代表的な医薬品は、バイアグラジェネリックでも知名度が高い「カベルタ」というED治療薬が挙げられます。 安価で購入ができバイアグラと同じ効果が期待できるため、国内外問わず人気の商品です。 2012年3月に日本国内においても、サンファーマ株式会社を設立しジェネリック医薬品市場に参入しています。 日本の開発者がインド本社の開発部門と連携することにより、日本人に合った医薬品の開発を行っています。
サファイアヘルスケア
サファイアヘルスケア
サファイアヘルスケア社はアメリカ フロリダ州マイアミに本社を置く、ヘアケア製品やスキンケア製品を製造販売している会社です。 2007年に育毛剤専門のDivine Skin Inc.という会社を設立。 2012年にはDSヘルスケアラボラトリーズに社名を変更し、ヘアケア、スキンケア、アンチエイジング系商品など商品ラインを拡充してきました。 その後NASDAQに上場。 2018年6月、DSヘルスケアグループ内のリストラにより再び社名変更し、現在の社名であるサファイアヘルスケア社となりました。 これに伴い、育毛剤をフォリックスブランドに統一、人気の育毛剤ドクターゼロ・ルグゼバイブもフォリックス・ルグゼバイブに変更しました。 DSヘルスケアグループ子会社だったポラリスリサーチラボラトリーズが提供する育毛剤ポラリスシリーズは、2017年に出荷停止、後継商品はフォリックスFRシリーズとして製造されています。 育毛剤にはミノキシジルが必要不可欠の成分となっていますが、フォリックスでは含有量ごと選べるよう揃えています。 かゆみが起きやすいというポラリスの欠点を改良した製品で、人気商品となっています。 また、製品は厳格なcGMP基準で製造されており、医薬品や生物製剤の安全性や有効性の確保している信頼性の高い企業です。
シップオファーズ
シップオファーズ
シップオファーズ社は、2001年にアメリカのコロラド州で誕生したアイファイブという会社が改名してできた会社です。 2016年には、最も急成長するアメリカ企業ランキングに名を連ね、卓越性と成長性を兼ね備えた勢いのある会社として注目されています。 漢方薬や栄養補助食品、保湿剤やダイエット食品、ED治療薬、バストアップサプリなど60種類以上の製品を製造販売しています。 人気のある商品は、ダイエットサポートサプリメントや男性機能・女性機能を高める製品です。 ビリリティピルズ、エンハンス9(男性機能アップを目的とした製品)、ブレストサクセス(女性用バストアップを目的とした製品)などです。 ビジネスパートナーとしてはFedEX、UPS、United States Postal Service、DHLなどと手を組み、スムーズな配送を実現しています。 また、様々な通販サイトから購入が可能で、LimeLight、UrtlaCart、shopifyなど購入者が利用しやすいように工夫されています。 高品質なバルク(原料)についても低価格で卸すよう努めており、オーストラリア、米国、英国、ロシア、タイ、ベトナムなど約50ヶ国と取引しています。 製品の効果と安全性にこだわり、消費者第一の目線で時代のニーズに合わせた製品を展開し続けている、信頼性の高い企業です。
シプラ
シプラ
シプラ社は、インドのムンバイを拠点にした80年以上の歴史をもつ製薬会社です。 同社は新興国のHIV患者向けに低価格のエイズ治療薬の製造していることで世界的に有名で、HIV治療に欠かせない抗レトロウイルス薬(ARV)はいまや世界最大規模となっています。 その他にも抗生物質、抗がん剤などの医薬品、処方薬、動物用医薬品など広く医薬品を製造、実に1,500種類以上の製品を取り扱い、米国、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界150カ国以上に薬剤を提供しています。 従業員数は23,000人以上、売上高は22億米ドルと、インド国内でも最大規模の医薬品メーカーです。 世界10ヶ国に製薬施設を置き、すべての施設が WHO-GMP(医薬品の国際標準品質規則)やアメリカFDA(食品医薬品局)などの許認可機関による承認がなされており、安全面においても高い信頼性を得ています。 米国大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)の企業として、国際基金や国境なき医師団とともに貧困地域のエイズ撲滅へと活動を広げています。 プロペシアジェネリックであるAGA治療薬「フィンペシア」やシアリスジェネリックED治療薬の「タダシップ」、避妊用ピル、性感染症、ニキビ治療薬などのジェネリック医薬品も多数取り揃えており、顧客のニーズに応じた商品の提供が可能です。
ジャパンエスピー
ジャパンエスピー
ジャパンエスピー株式会社は、大阪市生野区に本社を構える製薬メーカーで、化粧品・サプリメントの製造販売だけでなく、海外市場で人気がある商品の輸入販売業も行っています。 化粧品として代表的な商品に「白灰美人石鹸」があげられます。 鹿児島の火山灰である火山白土20%を配合した商品で、火山灰が毛穴の汚れを吸着するという特徴があります。 食品分析センターにおいて合格した非常に粒子の細かい火山灰のみを成分として採用しており、通常の洗顔では洗浄するのが難しい皮脂や汚れを洗い落としてくれます。 肌に刺激を与えることなく汚れを落とすことができると定評があります。 肘や膝の角質、黒ずみも洗い落とすことが可能で、あせも、肌荒れ、ニキビを予防する作用も期待できます。鉱物油や合成界面活性剤は一切使用していないため、安全性も高いです。 サプリメントでは「南極クリルビタミン」が代表的な商品です。南極でとれる甲殻類「南極オキアミ」から抽出される「クリオオイル」を主成分としており、DHA、EPAといった不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。 魚から抽出されるDHA、EPAとは異なり、水に溶けやすく体内で吸収されやすいものとなっているため、生活習慣病の改善や女性ホルモンの補充などに使われています。 今後も取り扱う商品を拡充予定としており、今後の成長が期待される企業です。
ジョンソンエンドジョンソン
ジョンソンエンドジョンソン
ジョンソンエンドジョンソンは、絆創膏のバンドエイド、リステリン、コンタクトのワンデーアキュビュー、ニコレットなどOTC薬を幅広く展開している企業です。 CMやドラッグストア、インターネットで数多く広告も耳にしたことがない人はいないでしょう。 同社はアメリカ ニュージャージー州に本社を置き、世界60ヶ国に250以上のグループ会社を持つグローバル企業です。 日本ではジョンソンエンドジョンソンとヤンセンファーマの2社でグループ構成されていますが、本体であるジョンソンエンドジョンソンはカンパニー制によりコンシューマーカンパニー、メディカルカンパニー、ビジョンケアカンパニーの3部門とし、医療用医薬の分野はヤンセンファーマが担っています。 2017年の売上高は4兆607億円(医療用医薬品ベース)と製薬業界世界7位とトップクラスを誇ります。 多彩なブランド・広告戦略もあり各ブランドのOTC薬が独り歩きしているようなイメージがありますが、医療用医薬も当然ながらあります。 抗精神病薬リスパダールや抗悪性腫瘍薬ドキシル、ロイスタチン、抗真菌薬イトリゾールなどです。 現在は極めて深刻といわれる、がん、免疫疾患、精神・神経疾患、循環器系疾患、ワクチン、以上5つの領域において、研究に取り組んでいます。
スワンソン・ヘルスプロダクツ
スワンソン・ヘルスプロダクツ
スワンソン・ヘルスプロダクツ社は、アメリカのノースダコタ州ファーゴを拠点とするヘルスケア商品の販売会社です。 設立者のリランド・スワンソンは、自身がゴルフ中に感じた関節痛の痛みを和らげたいと思い至ったことから健康への取り組みを始めました。 様々な治療を受ける中サプリメントを飲むなど健康意識はさらに高まっていき、ハーブなどの自然成分が健康にどのように役立つかを自ら研究しはじめ、1969年に同社を設立されました。 設立時にした「お客様の満足こそが、会社にとって最も重要な財産である」という発言は、企業理念として同社の礎になっています。 現在、CEOは2代目ケイティ・ドイル氏になりましたが、リランド氏の健康に対する意識は変わらずに経営理念として受け継がれています。 同社は主にビタミンを中心としたサプリメントなどの健康補助食品を扱っています。 世界的に製品を配送するようシステムを設立しており、国際配送も質問も積極的に行っています。 また、仲介業者を通さずに直接顧客に商品を提供することで、購入のしやすい価格を実現しています。 販売しているサプリメントでは、マカやウコン、プロポリスやビオチンなどですが、今後もさらに事業を広め、消化器や免疫、腸内フローラなどの商品販売に取り組む方針です。 医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準であるGMP準拠の厳しい生産管理のもとで生産された製品は信頼性もあり、世界中で高い支持を得ています。
センチュリオン
センチュリオン
センチュリオン社はインドのグジャラート州ヴァドーダラーに本社を置く製薬会社です。 医薬品の製造・輸出を行う同社では、抗結核薬、心臓血管薬、精神薬などの医薬品の他に、天然成分配合の漢方薬やサプリメントも製造しています。 総従業員数は30人以下と少数でありながら、4,000㎡ほどの広さの製造施設には最新設備を備え、国際基準を準拠した高い品質を保つため専門知識の豊富な担当者が各製造過程において品質管理を行っています。 医薬品の保管・パッケージングを行うときにも、薬剤に悪影響を与える熱やホコリから薬を保護し、品質管理を徹底しています。 低価格で高品質な医薬品を提供する同社は、海外へのスピーディな製品の供給も行っており、人々の生活の質と健康を最大限に向上することを常に目指しています。 低価格かつ高品質な医薬品を取り扱っているため専門医からも高い評価を受けており、インド国内だけに留まらず東南アジア・中東・東ヨーロッパを中心に世界中に医薬品を輸出している今後が期待される企業です。 同社ではバイアグラジェネリックの「センフォース」や、レビトラジェネリックの「ブリトラ」、シアリスジェネリック「ビダリスタ」の医薬品などを製造しています。
ソースナチュラルズ
ソースナチュラルズ
ソースナチュラルズ社は、アメリカで1982年に創業されたサプリメント販売会社です。 創業者であり最高責任者のアイラ・ゴールドバーグ氏は、健康的な生活を送るためには医療機関だけでなく、たくさんの栄養を効率よく摂取することだと考え、栄養補助食品を販売するソースナチュラルズ社を創設しました。 いまでは当たり前となっていますが、昔のサプリメントは栄養成分があまり配合されていませんでした。 そんな中同社は、世界ではじめて多くの栄養素を配合した製品を販売し数々の賞を受賞しています。 原料調達から製造や調合、品質テストまでをすべて自社で行っている徹底しており、信頼性も高いメーカーです。 病後のケアをするよりも、未病を防ぐための医療を提供するためのサポートをしていくというウェルネス革命を理念に掲げています。 ウェルネス革命とは、積極的な健康増進という意味で、病気になってから医薬品を頼るのではなく、日ごろから栄養を摂取しライフスタイルを改善させ、より健康的に生きることを推進させることを指します。 同社の製品は植物性由来のものが多く、中でも代表的な商品は血行促進させる効果があるL-アルギニンや神経伝達を安定させる働きがあるタウリンなどが有名です。
ドクター・フォーミュラーズ
ドクター・フォーミュラーズ
ドクター・フォーミュラーズ社はアメリカの健康食品会社です。 同社は、以前はバイオプロスパー・ラボ社を名乗っていましたが、健康食品産業そのものを再定義しなおすほどに革新性を追求した結果、栄養素材の調製法に対するこだわりを名前に込め社名を変更しました。 「優れた健康食品を作り上げるには優れた素材選びから」、「健康に貢献する新素材はどんどん取り入れ、古い素材でも良いものは排除せずに採用する」といった健康や栄養についての考え方は、相乗効果主義の一つと捉えています。 商品は、ビタミンやミネラルサプリ、ヘアケアサプリ、ダイエットサプリ、女性機能の向上を目的としたサプリなど、様々な面から健康をサポートするサプリメントを取り揃えています。 厳密な素材分析と新しい知見の基づいた調製法の研究により製造され、アメリカFDAの基準に準拠しています。 顧客サービスの態勢も万全を期しており、信頼性の高さから顧客からの信頼が多いメーカーです。 また、同社は一番にカスタマーの生活と健康を考えています。 それを実現させる栄養科学とは終わりのない学問であり、斬新な素材を常日頃探し求める姿勢は、今後も崩れることはありません。
ドクターレディーズラボラトリーズ
ドクターレディーズラボラトリーズ
日本以外のアジア企業で初めてニューヨーク証券取引所に上場した会社として知られているドクターレディーズラボラトリーズは、インドのハイデラバードに本社を置く製薬会社です。 自社の信念として「最良の健康を獲得するには急がなければならない」とする経営理念を持っています。 1984年に設立し、2017年の売上高は2,266億円と成長著しい企業です。 同社は、本社・事務所22ヶ所、R&D4ヶ所、工場5ヶ所と、数多くの拠点を世界中に構えています。 1995年に海外展開に乗り出し、2010年には医薬の分野だけなく、健康の分野にまで拡大しトータルヘルスケア企業へと成長しました。 手掛ける分野はジェネリック、OTC、原薬生産、新薬開発の4領域です。 取り扱っているジェネリック医薬品は200種以上、約80ヶ国に提供しています。 がん、消火器・循環器障害、疼痛管理、感染症対策、小児科・皮膚科領域と範囲も広く、例えば、オメプラゾール、ニメスリド、ケトロラクトロタミンなどのジェネリックを取り扱っています。 これらの製品は長年にわたり、その領域でのトップ製品として定着しています。 OTC分野では抗ヒスタミン薬セトリン、消炎鎮痛剤ナイスジェルやイブクリン、禁煙薬ハビトロールなどを扱っています。 新薬の開発では、R&Dを基本として新分子開発には積極的に取り組んでおり、2018年内にはアメリカ市場に三つの新薬を供給する計画となっています。
ドリームスコーポレーション
ドリームスコーポレーション
ドリームスコーポレーションはスーザン・ニーガス博士とハワード・デイビス博士によって1994年に設立された、アメリカ カリフォルニア州南西部トーランスに本社を構えるサプリメントメーカーです。 低温処理技術などの技術を開発し天然成分のみで製品を作りあげることを成功させ、ホメオパシーを用いた商品の研究開発を行っています。 臨床成績に基づいた高品質な製品を提供し、人々の美と健康に貢献することを目標に掲げています。 健康でアクティブなライフスタイルをサポートする「健康と美に関する製品」、シンプルで吸収も早く、すぐ効果が実感できる「気分の高揚を促す製品」、健康とスキンケアを意識した「若々しさを保つ製品」を銘打ち様々な製品を取り扱っています。 代表的な製品として、「クールな健康と美に関する製品」には、媚薬の「アドバンテージDX」、DNAやRNA、成長ホルモンを含有した「DNA-RNAスペクトラムスプレー」、「気分の高揚を促す製品」にはオキシトシンにヨヒンベを配合した性的機能促進用のサプリメント「ラブエッセンス」、「若々しさを保つ製品」には、若々しさの鍵となっているソマトロピン(HGH/ヒト成長ホルモン)のみをホメオパシーの形で配合した「エイジディフェンス」などが挙げられます。
ナトロール
ナトロール
ナトロール社は1980年創業、アメリカに本社を構える医薬品メーカーです。 ビタミン、ミネラル、サプリメントの製造販売におけるリーディングカンパニーとして知られています。 代表する製品には、寝つきを良くし長時間の睡眠が可能、さらに目覚めがよくなるメラトニン、記憶力と集中力と高める効果が臨床的に証明されているコグニウム、穏やかさを取り戻しリラックス効果がある5-HTP、健康な髪、輝く肌、強い爪をサポートするビオチンなどがあります。 品質管理にも力を入れており、供給者の品質チェックおよび最善の原料調達を徹底しています。 また米国内最大の歴史と規模を誇る業界の団体であるNPA(米国自然製品協会)の定める健康食品GMPの認証において、「A」の評価を維持しています。 また顧客との強い関係を構築するため、カスタマーサービスにも力を入れています。 製品の製造、販売、サービスに関わるコストを徹底的に管理することで、高品質な商品をリーズナブルな価格で提供することに重点を置いている企業です。 アメリカの全土に販売店舗を有し、国外においては製品の輸入プロセスをサポートしています。 2017年には世界60ヶ国以上において顧客をサポートした実績があり、更なる成長が期待される企業です。
ナノメド
ナノメド
ナノメド社は、タイのバンコクに本社を置くメーカーです。 美容ケア製品、健康食品、ニキビケア用品、ベビー用品など様々な種類の製品を製造しています。 GMP基準(Good Manufacturing Practices)という医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準にのっとった製造ラインにより、高品質で安全且つ衛生的な製品を世に送り出しています。 効果と安全性にこだわり、細やかに顧客ニーズに対応した製品づくりを行っており、「スマートミークリーム」などのED改善サプリメント、女性のための乳頭ケア製品なども好評です。 スマートミークリームは一般的である飲むタイプの精力剤と同じ成分が配合された、性器に直接塗るタイプの勃起不全改善サプリメントで、気軽に使用できるというメリットがあります。 様々な剤型を展開しており、消費者のニーズに応じよりよい生活の提供を心がける会社の姿勢が見受けられます。 また、昨今10年以上にわたり医療関係者による製品の使用経験を重ね、世界中の新聞やウェブサイトにも掲載されることが増えており、世界的に注目されている企業です。 海外各国と取引しており、マレーシア、シンガポール、トルコ、サウジアラビア、フィリピン、ベトナム、アメリカ、香港、インド、ルーマニア、スウェーデンなどでも販路を拡大し、売り上げを伸ばしています。
バイエル
バイエル
バイエル社は、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州に本社を構える製薬会社です。 もともと染料工場であった同社ですが、1888年に医療部門が創設され、現在の製薬会社となりました。 同社は鎮痛剤のアスピリンを製造販売した、世界的に有名な会社です。 その他代表的な医薬品としては、勃起不全治療剤「レビトラ」、経口抗凝固薬「イグザレルト」などがあります。 日本にもバイエル社が100%出資した子会社が存在します。 大阪と東京にバイエルホールディング株式会社があり、さらに日本メドラッド株式会社という医療機器メーカーもバイエル社の系列会社です。 2017年には日本・バイエル社の売上は3,059億円になり、日本国内の医薬品市場では8位を記録しています。 同社の主力である医薬品は、経口抗凝固薬イグザレルトや、眼科用VEGF阻害薬アイリーアで、総売り上げの1/3を占めています。 2015年、世界的なブランド評価会社であるインターブランド社はバイエル社のブランド価値を63億ユーロと評価しまし、確乎たるブランド力を持っています。 製品を通じ、現代における重要課題と解決策の探求に貢献しており、疾患の予防、緩和、治療により、人々の生活の水準向上を高めています。
バイオファーム・ケミカルズ
バイオファーム・ケミカルズ
バイオファーム・ケミカルズは1974年にタイで創業し、医薬品の輸入代行者として事業をスタートさせた医薬品メーカーです。 創業以来約40年にわたり、医薬品の供給会社として業界をリードしています。 現在では事業を拡大し、栄養補助食品の研究開発をも行っています。 1981年にラボを開設し、1991年にラボがGMPに適合と評価されました。 1999年にはASEAN地域で初めてのISO9001を取得しています。 以降、日本の製薬メーカーである興和と提携し、興和の医薬品の輸入業者となりタイ国内で興和の医薬品の供給を開始しました。 また、アステラス、ファイザー、武田薬品工業、日医工などとも商品取引で提携し、2015年にはドイツからEUのGMPの評価得ています。 2009年および2011年に、PIC/S(医薬品査察協定、および医薬品査察共同スキーム)という医薬品分野で世界調和のとれたGMP基準および品質システムを開発、展開および維持しているとの評価を受け信頼性を確かなものとしています。 また同年には栄養補助食品を東南アジア最大級のECサイトであるラザダでの販売を開始しています。 ラボの品質確保に力を入れており、さらに各種製薬会社との提携も豊富であり、今後の更なる成長が期待できる会社です。
ハイテック・ファーマシューティカルズ
ハイテック・ファーマシューティカルズ
アメリカに拠点を置くハイテック・ファーマシューティカルズ社は、スポーツ選手のための栄養補助食品を開発している大手メーカー企業です。 メインとしている事業はスポーツ栄養部門ですが、アスリート選手以外に健康意識の高い一般人のための栄養補助食品も製造販売しています。 姉妹会社には、医薬品や飲料業界に進出しているハイテク・ナチュラテクニカルズLLCがあります。 ジョージア州にある2つの工場で製品を製造している、1年間で350億錠の製品を生産している、アメリカでも有数のサプリメントメーカーです。 同社はM&A活動を中心に事業を展開しています。 アメリカ国内で経営拡大するために、2005年にフロリダ州のシナジー社、2011年にアドバンス社を買収して市場シェアを拡大しました。 現在では、アメリカ国内の5,000店舗以上のドラッグストアや8万店舗以上のコンビニエンスストアに同社の製品が提供されています。 代表的な商品は、男性ホルモン剤「テストステロン」や、神経増強栄養補助食品「アドレナックス」などがあります。 このような男性用のED対策製品以外にも、フィットネスやダイエット製品、健康管理を目的とする栄養補助食品が数多く販売されています。
ヒーリングファーマ
ヒーリングファーマ
ヒーリングファーマ社は、インドのムンバイに本社のある製薬会社です。 抗生物質、抗真菌剤などの医薬品から、栄養補助食品、美容サプリメントまで様々な製品を製造・販売しています。 インド国内だけでなく海外向けにも、錠剤、カプセル剤、液体剤、軟膏剤、軟膏剤、注射剤など多様な形状のジェネリック医薬品を製造・販売を行っています。 また、自社用のR&D(研究開発)施設を保有し、アレルギーや血液、免疫などの領域に関する研究にも注力。 同社は、低価格なジェネリック医薬品を世界中の利用者に均一に広めることを目標としており、世界各国の人々の生活と健康のために日々邁進しています。 品質管理システム(QMS)を継続的に導入しており、材料の段階から製品の完成・保存・販売まで一貫して工程を監視しています。 そのため、国家規格に準拠した信頼性・安全性の高い、低価格な製品を安定的に供給することが可能となっています。 同社が開発した、シアリスのジェネリック医薬品「タスティリア」は、フィルムタイプの内服薬で錠剤よりもスピーディに効果が現れる点が特徴です。 また、水虫・カンジダなどに効果のある抗真菌薬「ルリコナゾールクリーム」もヒーリングファーマ社が開発しました。
ピュア
ピュア
ピュア社は、ドイツのルクセンブルクに本社を置くヘルスケア製品関連会社です。 アメリカやオーストラリア、ヨーロッパなど他国で活動しているグローバル企業で、1995年に創業されてからローションの生産販売を行ってきました。 実は、ローションの歴史は古く、ローマの時代から活用されてきましたが、昔のローションは温度で変化しやすくすぐに乾いてしまうというデメリットがありました。 同社ではこのような問題点を解決するために、温度変化しにくく、粘度の高いシリコーン製のローションを世界で最初に開発することに成功。 シリコーン製のローションは、ボディケア製品やスポーツ用品として現在も世界で活用されています。 創業者であるアレクサンダー・ジベル氏は、年齢や性別、民族性を超えて個人を大切にしたいという理念を持っています。 社名であるPjur(pure)は、「可能な限り最高のレベルの製品を妥協なくつくる」という意味をこめて名づけられました。 主に医薬品や化粧品、セクシュアルヘルス商品の製造販売をしており、世界70ヶ国以上に出荷されています。 中でも代表的な製品は、性行為時に使用する媚薬ローションの「ピュアオリジナル」や「ピュアウーマン」などが有名です。
ピラマルヘルスケア
ピラマルヘルスケア
ピラマルヘルスケアは、インドの本社を構えるピラマルグループの子会社であり、世界的に解決されていない医療ニーズを満たすことを目標とする世界的に統合されたヘルスケアカンパニーです。 創業の1980年代以降、CAGR(年平均成長率)が29%を上回る成長実績を誇っており、2009年度には6億5,600万ドル(米ドル)の連結売上高を達成し、インド市場で4位にランクされました。 現在も成長を続け、また、北米、欧州、アジアと世界中に販路を広げています。収益の大部分を研究開発に割り当てることで、多くの有益な製品を生み出しています。 医薬品の開発においては、創薬の最前線で活動している様々なグローバル企業やバイオテクノロジー企業の医薬品開発の有効性を段階的に評価し、新たな医薬品開発につなげるという手法を用いており、スピードと有効性に重点を置いた開発を実施しています。 同社開発のアイピルは、緊急時望まない妊娠を避ける女性用の緊急避妊薬で、その安全性と効果の高さから、世界的に定評があり人気の商品となっています。 ピラマルヘルスケアが属するピラマルグループは支社を世界30ヶ国で構え、販路は100か国以上を超え、21の異なる国籍を持つ10000人を超える従業員を有しています。 2020年までに200億ドル(米ドル)の会社になることを目指しています。
フォーチュンヘルスケア
フォーチュンヘルスケア
フォーチュンヘルスケア社は、インドのマハーラーシュトラ州にある製薬会社です。 マハーラーシュトラ州はインドの中でも経済発展が進んだインドの成長を支える3大都市のひとつです。 錠剤やカプセル剤、経口粉剤や顆粒剤、軟膏剤、液状製剤などの様々な種類のジェネリック医薬品の製造をしており、その製品はインド国内だけでなく、アフリカや東南アジアなどにも出荷されています。 インドではジェネリック医薬品の普及率が高く、約80%の処方がジェネリック医薬品となっています。 このような現状の中で、同社は製品開発に優秀な医療専門家をおき、より安価で高品質な医薬品を提供することを経営理念としています。 また、同社の医薬品はFDA承認されており、安全性が高い商品としても信頼を得ています。 FDAとは米国食品医薬品局のことで、医薬品や化粧品などの安全性と有効性を保証する制度のひとつです。 日本でも同社の製品が販売されており、中でも代表的な製品はバイアグラジェネリックのシルトレート、タダリスタ、スーパーフィルデナなどが有名です。 メンズヘルスケア製品の生産も多く、たくさんのEDジェネリック医薬品を生産している企業として、男性機能の不調に悩む数多くの男性の手助けを担っています。
ヘルス&ビューティ
ヘルス&ビューティ
ヘルス&ビューティ社は2013年に設立された、インドに本社を置く製薬会社で、ジェネリック医薬品の製造・販売を行っています。 日本国内へのジェネリック医薬品の輸出も積極的に行っており、ED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品である同社の「アグラゴールド」も日本人向けに開発されたといわれています。 また、日本人の従業員が製造に関わっているため、製品パッケージには日本語表記がされており、海外製ジェネリック医薬品への不安要素を軽減しています。 ジェネリック医薬品の製造・販売を行う製薬会社、スマートメディサイエンス社の代表者が、ヘルス&ビューティ社も兼任しており、日本国内へのジェネリック医薬品の流通に力注力しています。 日本で展開するヘルス&ビューティ株式会社への発注を行うと、スマートメディサイエンス社への医薬品代行が行われ、代理店を経由せずに直接お客様に発送されます。 このシステムでコスト削減と納期短縮を実現しています。 代表的な商品は、前述のED治療薬「アグラゴールド」です。 服用することで、勃起不全(ED)の原因であるPDE5酵素を阻害、陰茎海綿体の血流を促し勃起持続作用やED改善が実証されています。
ポラリスリサーチラボラトリーズ
ポラリスリサーチラボラトリーズ
育毛分野に強みを持つサファイアヘルスケアグループの子会社であるポラリスリサーチラボラトリーズは、独自のバイオテクノロジーで急成長を遂げ、育毛剤専門メーカーとして不動の地位を確立してきました。 独自のバイオテクノロジーとはリポスフィアテクノロジーのことで、育毛効果を上げる上で必要不可欠の技術となっています。 別名「ラメラ脂質二重層運搬システム」とも言われ、人間の皮膚と似た組織で有効成分ミノキシジルをカプセル化、頭皮の深層部にまで有効成分を浸透させていきます。 人間の皮膚と似た組織、リポソームを用いて活性成分を包み込み、ナノレベル物質を形成することによって皮膚深層部へ浸透させるDDS(ドラッグデリバリーシステム)は、しばしば化粧品開発に応用されてもいる技術です。 手法そのものは既に1960年代から存在しており、最近ではがん治療にも応用されています。 サファイアヘルスケアはこれを育毛治療に採用、皮膚科学の最前線と位置づけています。 ポラリスリサーチラボラトリーズが製造販売を行っていた育毛剤ポラリスNRシリーズは、発毛効果が高いとされているミノキシジルが高濃度で含まれています。 しかしながら、ポラリスシリーズは2017年に販売中止となりました。 現在はこれに代わるものとして、親会社サファイアヘルスケアの「フォリックスFRシリーズ」があります。
マクニール・ラボラトリーズ
マクニール・ラボラトリーズ
マクニール・ラボラトリーズ社はアスピリンに代わる市販用の解熱・鎮痛剤で有名なタイレノールを開発、製造、販売を行っている医薬品会社です。 1879年、フィラデルフィアでロバート・マクニール氏が薬局を開業したことが同社の始まりとなります。 1904年、息子のロバート・リンカーン・マクニール氏が経営を継承し、市場拡大を背景に企業の育成に注力します。1933年、医療用医薬に特化したマクニール・ラボラトリーズ社を設立し、個人事業から会社組織に変更します。 アセトアミノフェンという物質の解熱・鎮痛効果の発見により、同社はいち早く商品に着手し、手始めに小児向けのタイレノール・エリクシールの発売にこぎつけます。 転機となったのは1959年、ジョンソンエンドジョンソングループの傘下に入りファミリー企業として展開していきます。 結果的にこれが功を奏し、大型資本をバックに大きく飛躍を遂げOTC分野の伸長が顕著となります。 1961年以降、タイレノールシリーズを次々と市場投入、1990年代に入ってからは、イブプロフェンを主成分とする解熱鎮痛剤モトリンを開発しています。 タイレノール事件などの危機的状況も旺盛な開発力を背景に拡大しており、今では米最大のOTC薬製造会社として認知されています。
マンカインドファーマ
マンカインドファーマ
マンカインドファーマ社、1986年に創業したインドのデリーに拠点を置く製薬会社です。 主に、ED治療薬、抗真菌薬、抗生物質、心血管、皮膚などに関する治療薬の製造販売を行っています。 世界22ヶ国に支店を構え約14,000人の従業員を有しており、売上高は5億ユーロを目標としています。 総合品質管理システムはcGMP規制に準拠しており、業界で最高の品質基準を達成するよう努めています。 2010年1月の後半にはベルギーの製薬会社UCBのロンギホレン成分のブランド買収と、様々な分野におけるマーケティングを行い、将来的に必要とされる分野の事業に傘下を持つことができるように事業の拡大を進めており、今後の成長に期待ができる企業として注目されています。 同社は多くの賞を受賞しており、2017年7月には、世界HRD議会によりインドの人的資本サミット&アワード2017において「最高の従業員参加プログラム賞」を受賞しました。 また同年8月には世界HRD議会が主催するアジアのベスト雇用者ブランド賞を受賞。2017(第8版)で「仕事のために働く夢の企業」と「仕事のやりがい賞」、など、数々の賞を受賞しており、世界でも有数の製薬企業の一つとして高い評価を得ています。
メダ
メダ
メダ社は世界150ヶ国以上で医薬品が販売されている大手製薬会社です。 60ヶ国以上に渡り独自の販売ルートを築き、医薬品市場の80%以上がメダ社の製品という非常に高いシェア率を誇っています。 2001年に創業されたメダ社は、買収を繰り返し成長してきました。 2016年にはアメリカの製薬会社マイラン社に買収、子会社となり事業を拡大し現在では5,200人以上の従業員がいる巨大企業となっています。 アメリカ、ドイツやフランス、アイルランド、イタリアの6ヶ国を製品製造の拠点としており、世界中に製品を輸出しています。 同社は環境や地域社会への貢献を重視している企業で、AmeriCaresという国際的な援助活動を行っている非営利団体に売上からこれまでに3,500万ドル以上の寄付を行ってきました。 AmeriCaresは日本でも活動をしており、2011年の東日本大震災時には医療補助を行ったNGO団体です。 メダ社の製品の中でも代表的な医薬品は、呼吸器関係やスキンケア、鎮痛剤などがあります。 また、一般消費者向けのヘルスケア商品であるCXシリーズ、医師が処方する医薬品であるRXシリーズ、ドラッグストアで一般販売されているOTC製品などをてがけており、ED治療薬としては、尿道に直接注入する「ミューズ」が有名です。
ミダスケア ファーマシューティカルズ
ミダスケア ファーマシューティカルズ
ミダスケア ファーマシューティカルズ社は、インドにある大手製薬会社です。 創業者であるブリッジ氏は元々、インドでエアゾール製品の製造を先駆けて行っていました。 同社では現在も同製品を中心に事業展開しています。 エアゾール製品とはスプレー缶製品のことで、主にヘアスプレーや消臭剤など、現在の生活に欠かせない製品のひとつです。 しかし、このような人工的に作られたスプレー缶には、化学物質フロンガスによる環境汚染という深刻な問題があります。 フロンガスは人体に無害な反面、オゾン層を破壊し地球温暖化を促進させる恐れがある物質です。 同社は、このような環境への影響をいち早く懸念し、インド国内で最初に非フロンガス製品の生産に取り組んできました。 運営している工場は世界最高レベルの施設と言われ、2013年に「最も社会的に責任あるSME」というコンテストで優勝したほどです。 今後も成長が期待される企業として、世界からも注目を集めているメーカーといえるでしょう。 ヘルスケア製品や定量吸入器、パーソナルケア製品などを世界に出荷しています。 中でも有名な製品には、早漏防止薬の「クライマックススプレー」があります。
メナリーニ
メナリーニ
メナリーニ社は、イタリアのフィレンツェに本社を構える製薬会社です。 世界最大のバイオ製薬会社とも呼ばれ、世界100ヶ国以上に子会社を展開しています。 1886年に設立された同社は、コスタリカやドミニカ共和国、エルサルバドルなどの中米に次々と拠点を増やし、1978年に11人程度だった従業員も、現在では17,029人もの従業員を抱える世界的な企業にまで発展しました。 国際的に認められる品質の医薬品を提供することを経営理念とし「国境のない健康」を与えるというビジョンを持ち続けています。 アレルギー薬やビタミン剤、鎮痛剤やED治療薬などを世界16ヶ国で製造販売しています。 代表的な医薬品のひとつとしては、ED治療薬の射精延長剤である「プリリジー」などです。 「プリリジー」はジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門であるヤンセン製薬が開発ました。 また、メナリーニ社の傘下にあるメナリーニ・アジアパシフィックは、日本国内大手の製薬会社MSDと世界的なパートナーシップを結んでいます。 パートナーシップ対象国は日本以外にも、マレーシア、シンガポール、フィリピン、香港、ブルネイ、マカオなどです。 今後は治療領域を拡大し、さらに世界有数の大企業へと成長していくとして、大きな期待を担っています。
ヤンセン・シラグ
ヤンセン・シラグ
ヤンセン・シラグ社は、1978年にヤンセンファーマとシラグ両社のマーケティング部門の合併により誕生した会社です。 1961年には、世界最大のトータルヘルスケアカンパニーであるジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門に属しており、2018年現在では世界150ヶ国以上、40,000以上の社員を有する巨大企業へと成長しました。 親会社であるジョンソン・エンド・ジョンソン社は研究および開発に総売上高の約11%を投資しており、今後も更なる成長が期待されている企業です。 循環器・代謝疾患、免疫疾患、感染症およびワクチン、精神・神経疾患、がんなど製造販売する医薬品のみならず、医療機器、消費者向けの製品など数万アイテムの商品を提供しています。 ヤンセン・シラグ社は、親会社ジョンソン・エンド・ジョンソングループの基本理念を共有しており、いまだに多く必要とされている医療ニーズの解決に注力しています。 世界中の患者への貢献を理念とし、革新的な製品とサービスを開発、様々な健康管理問題のソリューションに努めています。 代表的な医薬品は、世界初の内服する早漏治療薬、「プリリジー」です。 プリリジーは世界60ヶ国で認可されており、安全性、信頼性ともに高い薬剤として高い支持を得ています。 現在は、委託という形でヤンセン・シラグが製造したプリリジーを、メナリーニ社が管理・流通・販売をしています。
ルピン
ルピン
ルピン社は、世界最大の抗結核薬メーカーとして知られる製薬会社で、インドのムンバイに本社を構えています。 同社の医薬品は、2016年時点で20.9億米ドルの売上高を誇り、これはインド企業としては第3位の売上で、アメリカでは最も勢いがあり急成長している5大企業の1つに数えられています。 2008年には日本の「共和薬品工業」がルピン社の子会社となっており、日本国内では、共和薬品工業とルピン社との提携により、新薬開発や日本の品質管理基準に合った原薬・医薬品の提供が可能となっています。 同社はアメリカ、イギリスなど様々な国に子会社を持っています。 世界第7位の規模で展開し、研究者は2016年時点で1,700人以上在籍しており、アメリカ、EU、オーストラリアなど100ヶ国以上の国々に製品を提供している成長が著しい企業です。 また、原薬から医薬品までの過程において、自社で一貫した製造を行っています。 FDA(米国食品医薬品局)に認定された製造施設を複数持ち、低価格な薬の提供も安定して行われています。 製造されるジェネリック医薬品はコスト削減能力にとても優れているため、効果の高い薬をより安く提供することを強みにしています。 代表的な製品として、経口避妊薬の「ヤミニLS」、バイアグラのジェネリック医薬品である「エンスージア」があります。
ルンビオ・バイオテック
ルンビオ・バイオテック
ルンビオ・バイオテックは1995年に設立されたカナダのバイオテクノロジー企業です。 100%出資の工場が中国にあり、品質が保証された製造手順において高度な製品開発を実施しています。 その販路は世界30ヶ国を超え、信頼性の高い手頃な価格の診断薬を開発・製造販売している企業です。 同社は検査薬に定評があり、薬物乱用検査薬、妊娠検査薬、排卵検査薬、感染症検査薬、腫瘍マーカー検査薬などを製造販売しています。 代表的な薬剤として、自分自身で簡単に妊娠を確認できる早期妊娠検査薬「デビッド」があげられます。 生理予定日を待たずに自身の妊娠を確認でき、早い段階で妊娠の有無が分かると定評です。 妊娠検査薬および排卵検査薬は全て、製品をEU加盟国に輸出する際に安全基準条件を満たすことが証明であるCE認証とFDA承認を取得しています。 加えて、生産設備はGMPとISO 9001を獲得しており、製造プロセス全体で厳格な品質管理と法令を遵守した手順を確実に行うことで、全製品の品質を高いものとしています。 独自のブランド名で製品を販売するだけではなく、OEMに関心を持つ企業に対して、特定の製品設計、パッケージング、ラベル付けのサービスも展開していることで有名です。
ABCAファーマ
ABCAファーマ
ABCAファーマ社はABCAカンパニーグループの一員であり、2003年創業のタイの大手製薬企業の1つです。 医薬品、医療機器、ハーブエキス、食品サプリメント、化粧品を製造販売しています。 輸入業者と代理店として、タイ国内すべての地域にサービスを展開しています。 また、東南アジアおよび他地域の多くの国に製品を輸出しています。 代表的な製品としては「ノルパック」という、アフターピル(緊急避妊薬)が挙げられ、性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率99.5%を誇る薬剤です。 同社は、医師や薬剤師のみならず多くの有名な製薬企業出身のトップマーケティング経験者によって設立されました。 設立当初より高い顧客満足度のために高品質な製品とサービスを提供し続けており、顧客から高い評価を得ている会社です。 現在、イギリス・ドイツ・イスラエル・インドなど多くの主要な外国の医薬品メーカーの製品も取り扱っています。 世界中のメーカーとの協力は、顧客のために最高の商品を見つける絶好の機会と考え、今後も医療発展のために継続していくと目標を掲げています。 ABCAカンパニーグループは成長しており、グローバル市場に参入することを主要な目標の1つにおいています。 今後も流通経路の拡大、事業の拡大、製品開発数の拡大が期待されます。
ETUMAX
ETUMAX
ETUMAX社は、マレーシア・クアラルンプールに拠点をおくヘルスケア用品関連会社で、品質の高い天然ハーブを使用した製品を販売しています。 古来よりいい薬草は医薬品として治療に使用されてきました。 このことから同社は、天然のハーブは病気の予防や健康維持をもたらし、人間の健康に最も近いという信念のもと、世界へ良質なハーブ製品を提供することを経営理念としています。 また、メンズケアやバストアップケア製品にも力を入れており、精力増強剤やバストアップサプリ、ダイエット用の栄養補助食品を生産販売しています。 現在まで販売されている自然派食品の中でも、特に力を入れて売り出している商品は「ロイヤルハニー」です。 「ロイヤルハニー」に含まれる生の蜂蜜、蜂の子粉、朝鮮人参粉、トンカットアリ(マレーシア人参)が、精力を高め精子数を増加させる効果があると言われています。 同社では蜂蜜の効果に注目し、最高の精力増強剤を作るために研究を続けてきました。 「ロイヤルハニー」は、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、カリウムなどの栄養成分を豊富に含んだED用のサプリメントで、美容や健康に関する効果効能も期待できます。 また、媚薬効果がある女性用「ロイヤルハニー」も販売されており、男性用・女性用のどちらもETUMAX社の人気の商品となっています。
HRAファーマ
HRAファーマ
HRAファーマ社1998年に創設されたフランス、パリに本社を構える医薬品メーカーであり、経口避妊薬や緊急避妊薬など、女性のための医薬品が特に高く評価されています。 女性のヘルスケアを取り扱うパイオニアとして、ヨーロッパにおいては緊急避妊薬のリーディングカンパニーとして名をはせています。 代表的な製品として、経口避妊薬の「エラワン」が挙げられます。 「エラワン」においてはEMA(欧州医薬品庁)協力のもと、服用したものの妊娠してしまった場合、服用前に妊娠していたことに気がつかなかった場合、効果がなく妊娠してしまった場合などの臨床結果を収集し、女性の健康に更なる貢献を目指しています。 その他、創傷治療薬の他、内分泌疾患治療薬として、高度胆道摘出術(ACC)の際の薬剤や、クッシング症候群治療薬なども取り扱っています。 創業以来、革新的な医薬品開発を進め、OTC薬にも注力し急速な成長を遂げています。 ヨーロッパに7つの支店を構えており、さらにパートナーシップにより11ヶ国に直接的な販路を有し、世界90ヶ国を超える国々において医薬品を販売しています。 また、女性に対する医薬品に力を入れていることもあり、経営に関わるチームの6割を女性が担い活躍している会社です。
SSNケミカルズ
SSNケミカルズ
SSNケミカルズ社は、インドネシアのジャカルタを拠点とする医薬品メーカーです。 原材料の輸入・供給業をメインとしており、医薬品・食料・飲料・獣医用・化粧品業界へ包括的な原材料の供給および、供給元の発掘を実施するサービスを展開しております。 インドネシア国内にはスラバヤとスマラン各都市にオフィスを有し、インドネシア全土において産業を牽引しています。 顧客のニーズを認識し、原材料の調達および調達プロセスをシンプルかつ価値のあるものにし続けています。 豊富な製品ラインナップ、深い市場知識、革新的な製品開発により、今日の厳しい市場環境の中で顧客に生産性の高い効果的な解決策を提供することを可能にしています。 工場・倉庫は製造所における品質基準である、GMPやGDPに則していることが証明されており、供給する全製品に品質に関する証明書を付与しています。 取り扱う製品には、ホルモンや抗癌剤などの医薬品、レシチンやカルニチンなどの食料原材料、ラクトースやプロテインなどの獣医向け製品が挙げられます。 世界中の供給業者との強力な連携により、国内外に大きなネットワークを構築しかつ拡大予定であり、より多くの顧客同士を繋げることを目指して活動しています。
T.O.MED
T.O.MED
T.O.MEDは2013年に設立した医薬品や医療機器を扱うT.O.グループの卸・販売代理店です。 T.O.グループは30年以上もタイ製薬業界をリードし、大手の一角を担う製薬会社です。 医薬品製造のT.O.ケミカル、ジェネリック製造のT.O.ファーマ、T.O. Lab 、製品試験やグループ内医薬品の知財管理などを担うメディカ・イノヴァが属しています。 海外拠点は日本国内含め東南アジアを中心に置き、計8ヶ国のネットワークを敷いています。 全製品はタイ国家食品医薬品承認局のGMPに適合し、2008年には国際標準化機構(ISO)が定めた規格ISO9001を取得するなど品質の確保に努めています。 現在はR&D部門を備えた研究所をグループ内に設置し、医療サービス充実化に注力しています。 製品は代謝系、皮膚、整形、循環・呼吸器系、脳・神経系、泌尿・生殖器系などの医薬品、ワクチン、栄養・自然食品まで多岐に渡っています。 中でも人気商品となっているのが育毛剤「ミノキシジル・タブレット」です。 日本のAGA人口は一説によると1260万人、総人口の1割にも上っています。 多くの日本人男性が悩む中、日本では米MSDのAGA経口薬プロペシアが認知されています。 ミノキシジルはジェネリック医薬品のため安価に入手が可能で、薄毛・脱毛に悩む患者の間で選択の幅を広げています。

最近見た商品