頭痛薬

頭痛(片頭痛)治療薬の通販購入の一覧ページです。
ロキソニン・イミグランなど、片頭痛の急性期治療薬や頭痛薬を最安値でご紹介しています。

頭痛薬の商品一覧

トフィソパム
販売価格:1,950円
(3)
トフィソパムは、コンサーンファーマ社が開発した自律神経調整薬で、グランダキシンのジェネリック医薬品です。 デパスやサイレースなどと同じベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。 自律神経はとても重要で、自律神経失調症や、更年期障害、卵巣欠落症状などは、ホルモンや神経伝達物質の異常等によって、自律神経のバランスがくずれることで起こります。 自律神経系の緊張不均衡を是正し、自律神経失調症などに伴う頭痛・頭重、倦怠感、心悸亢進、発汗などの各種症状を幅広く改善する自律神経調整薬です。 お薬通販部では、グランダキシン50mg/100mgの購入が可能となっています。
フルニル
販売価格:2,500円
(2)
フルニルは、インタスファーマ社が開発した選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)で、プロザックのジェネリック医薬品です。 セロトニンの再取り込みを阻害して、セロトニン濃度を上昇させ不安や気分の落ち込みをやわらげ、意欲を上向きに改善します。 身体的依存や服用を中止しても離脱反応がおこりにくい医薬品です。 お薬通販部では、フルオキセチン10mg/20mgの購入が可能となっております。
スミナット
販売価格:1,140円
(3)
スミナットの有効成分は、スマトリプタンです。 突然の偏頭痛に服用することで、高い効果を発揮できます。 脳内の血管は状況により、収縮と拡張を繰り返しています。 ただし、拡張し過ぎると脳にある三叉神経を刺激して、炎症を引き起こす物質が放出されます。 その結果として、偏頭痛を発症します。 スマトリプタンがセロトニン受容体に作用することで血管拡張を抑え、偏頭痛を解消または緩和する効果が期待できます。
ロキソニン(海外市場向け)
販売価格:1,980円 在庫なし
(2)
ロキソニン(海外市場向け)は、日本の第一三共株式会社が開発した非ステロイド性抗炎症薬です。 体中で起こった、さまざまな痛みや炎症を鎮める効果が期待できる、いわゆる鎮痛薬の一種です。 一例として、外傷や手術後、歯痛や抜歯後、関節症や腰痛、リウマチなどに効果が期待できます。 有効成分は、ロキソプロフェンナトリウム水和物で、炎症の原因となる成分プロスタグランジンの生成を抑制します。 ロキソニン同様の有名な非ステロイド性抗炎症薬として、他にはアスピリンやバファリンがあります。
スマトリプタン
販売価格:800円 在庫なし
(4)
スマトリプタンは、UKGenerics社が開発した片頭痛治療薬です。 有効成分スマトリプタンを含有したイミグランのジェネリック医薬品となります。 頭の痛みが軽減されるだけではなく、片頭痛を誘発すると考えられる脳の変化に有効に働きます。 そのため一般的な鎮痛剤とは異なる作用を持っているといえます。 スマトリプタンはイミグランのジェネリック医薬品のため、医学的に同等な有効な成分をより安価な価格で入手することができます。 お薬通販部では、50mg/100mgの購入が可能となっています。
シベリウム
販売価格:6,200円
(4)
シベリウムは、ベルギーのヤンセンシラグ社が開発した偏頭痛用の鎮痛薬です。 偏頭痛は、脳内の血管の収縮と拡張の差が大きいことで発症します。 有効成分であるフルナリジンはカルシウム拮抗薬の一種で、この血管の収縮を少なくする効果があります。 この効果により、脳内の血管の収縮と拡張の差が少なくなり、偏頭痛を解消または緩和できます。 1日1回、就寝前にシベリウムを服用することで、6〜8週間後に効果を実感できます。
プロプラノロールWZF
販売価格:1,420円 在庫なし
(2)
プロプラノロールWZFは、ポルファワルシャワS.A社が開発した高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療薬で、インデラルのジェネリック医薬品です。 もともと、高血圧症・狭心症・不整脈・緑内障・片頭痛発作予防などに用いられています。 あがり症は、人前に立つと声が震え、震えを意識して緊張したり心拍数があがったりしてしまいますが、心拍数を正常に保つ作用があることから、あがり症の予防薬や改善薬としての側面があります。 お薬通販部では、プロプラノロール10mg/40mgの購入が可能となっています。
マクトリン
販売価格:950円 在庫なし
(4)
マクトリンは、インドのエプシロン社が開発した偏頭痛用の鎮痛薬でマクサルトのジェネリック医薬品です。 偏頭痛のおもな仕組みは、脳内の血管が拡張し、三叉神経が刺激されると炎症作用を引き起こすペプチド類が放出されます。 有効成分は、リザトリプタン安息香酸塩です。 脳内の血管を収縮させて、炎症作用を引き起こすペプチド類を抑制する効果が期待できます。 偏頭痛が起こってから服用すると、個人差はあるものの15〜30分で効果が発揮し始めます。
ミオゾン
販売価格:4,360円
(2)
ミオゾンはミオナールのジェネリック医薬品で筋肉のコリをほぐし、筋肉痛や肩こりを改善するお薬です。主成分はエペリゾンです。血流が滞ってしまうと筋肉がこわばり、肩こりの原因になってしまいますが、エペリゾンは血流を良くして頑固な肩こりや筋肉の痛みを和らげる働きをします。頚肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛などにも効果的で、諸所に痛みを感じている方にお使いいただけます。
ベータプロ
販売価格:2,100円 在庫なし
(4)
ベータプロは、コンサーンファーマ社が開発した高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療薬で、インデラルのジェネリック医薬品です。 本来は、高血圧症・狭心症・不整脈・緑内障・片頭痛発作予防などに用いられていますが、心拍数を正常に保つ作用があることから、緊張や不安・動悸などを抑制させる効果があり、いわゆるあがり症の予防薬としても用いられています。 お薬通販部では、プロプラノロール10mg/40mgの購入が可能となっています。
リザクト
販売価格:760円
(4)
リザクトは、シプラ社が開発した片頭痛の治療薬です。 マクサルトのジェネリック医薬品となります。 片頭痛は女性に多い突発性の頭痛発作で20〜30代の女性に多いと言われています。 「リザトリプタン」はリザクトの主成分名ですが、もともとはてんかん発作の治療薬として開発され、後に慢性型片頭痛の抑制効果が確認されたことから現在では「片頭痛治療薬」としても承認されています。 お薬通販部では、5mg/10mgの購入が可能となっています。
イミグラン点鼻薬
販売価格:3,440円
(2)
イミグラン点鼻薬は、オーストラリアのアスペン社が開発した偏頭痛用の点鼻薬です。 偏頭痛は、脳内の血管が収縮したあとに拡張することで発症します。 血管が拡張する際に、神経炎症物質が放出され、これが原因で偏頭痛を引き起こします。 有効成分は、スマトリプタンで、拡張した脳内の血管を収縮させ、神経炎症物質の放出を抑制します。 点鼻薬にすることで錠剤と比べて、すぐに成分が脳内に届き、不快な偏頭痛を解消することが期待できます。
インデラル
販売価格:1,930円 在庫なし
(2)
インデラルは、アボット社が開発した高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療薬で、インデラルのジェネリック医薬品です。 本来は、高血圧症・狭心症・不整脈・緑内障・片頭痛発作予防などに用いられている医薬品ですが、心拍数を正常に保つ作用があります。 この作用を利用し緊張や不安時の動悸などを抑制させる効果があり、いわゆるあがり症の予防薬・改善薬としても用いられることがあります。 お薬通販部では、プロプラノロール10mg/40mgの購入が可能となっています。
シプラル
販売価格:2,500円 在庫なし
(2)
シプラルは、シプラ社が開発した高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療薬で、インデラルのジェネリック医薬品です。 血圧を下げる作用があるので狭心症や不整脈、高血圧症などの循環器疾患の治療薬として用いられています。 血圧を下げて心臓の動きを正常にするので緊張からくる動悸や筋肉の硬直などを抑え、あがり症や対面恐怖症などの治療に用いられます。 また片頭痛に対する効果もあるので片頭痛発作を持つ方の予防薬として使用される場合もあります。 お薬通販部では、プロプラノロール40mgの購入が可能となっています。
ゾルミスト
販売価格:2,380円
(2)
ゾルミスト点鼻薬アストラゼネカ社のゾーミッグ錠のジェネリック医薬品です。有効成分は、ゾルミトリプタンで同じ有効成分を配合した日本国内承認薬では、アストラゼネカ社のゾーミッグ錠となります。 点鼻薬はないものの、同等の成分を使用しているため、同じ効果を期待できます。 脳内の血管が拡張すると三叉神経を刺激し、その結果として痛みや炎症を引き起こすペプチド類が放出されます。 ゾルミトリプタンがこのペプチド類を抑制することで、偏頭痛を解消や緩和する効果が期待できます。
エコスピリン
販売価格:1,370円
(5)
昔から鎮痛剤として使用されているアスピリンのジェネリック医薬品であるエコスピリン。エコスピリンは、インドのムンバイに本社があるUSVファーマシューティカルズ社が製造、販売しています。有効成分は先発医薬品であるアスピリンと同様のアセチルサリチル酸が配合されています。痛みや炎症を抑えるサリチル酸系統の鎮痛剤です。さまざまな痛みや炎症を抑えますが、ステロイドは含有されていないため、安心して使用できます。国内ではまだアスピリンのジェネリックは承認されていないため、個人輸入サイトを介して購入が可能となっています。
イミグラン
販売価格:2,700円
(4)
イミグランはGlaxo Smith Kline(グラクソスミスクライン)社が開発した片頭痛治療薬です。 イミグランの成分名(一般名)はスマトリプタンといい、医師が処方する薬剤です。 イミグランは片頭痛の発作が起きた時に飲む医薬品で、外出の際に携帯しておくと便利です。 従来の頭痛薬との相違点は、従来の頭痛薬はプロスタグランジンの発生を阻止することで頭痛を抑制し、イミグランのようなトリプタン製剤は脳の血管に働きかけて頭痛を抑えるという点です。 イミグランは片頭痛発生後でも効果がありますが、できるだけ発生早期に使用することで片頭痛特有の激しい痛みをシャットアウトできます。 お薬通販部では、50mg/100mgの購入が可能となっています。
レルパックス
販売価格:1,250円
(3)
レルパックスは、ファイザーが開発する片頭痛治療薬です。 2002年に販売され、日本頭痛学会でも推奨グレードが最高のAランクに設定されており、信頼性の高い薬となっています。 片頭痛は脳みその血管を取り巻く三叉神経が何らかの原因で刺激を受け、神経伝達物質が放出されることで血管の拡張と炎症が起こり、脳みそにその刺激が伝わって痛みが起きると考えられています。 このときに重要なのが、5-HT受容体です。 5-HT受容体にはいくつかの種類がありますが、片頭痛に関わるのは5-HT1B受容体と5-HT1D受容体です。 5-HT1B受容体は血管収縮作用を持っており、5-HT1D受容体は血管拡張物質の放出を抑えることに関わっています。 これらの受容体を刺激することができれば、血管を収縮させながら血管拡張物質の放出も抑えることができるので、片頭痛を改善することができます。 このようなことから片頭痛を改善するのがレルパックスということになります。 お薬通販部では、20mgの購入が可能となっています。
アマージ・ジェネリック(ナラミグ)
販売価格:6,270円
(0)
アマージ・ジェネリックは、イギリス・ロンドンに本社を置く製薬会社のグラクソ・スミスクラインが製造している片頭痛治療薬です。 同じ有効成分ナラトリプタンを含有しており、アマージのジェネリック医薬品にあたります。主に、中等度~高度の片頭痛の緩和に有効です。 アマージ・ジェネリックに含まれている有効成分のナラトリプタンは、拡張した血管を萎縮させ、血管周辺の炎症を除去できるといわれています。その作用で、片頭痛を緩和させられる仕組みです。
カルポル6プラス
販売価格:3,000円
(0)
カルポル6プラスは、イギリスやロンドンに本社を置く製薬会社グラクソ・スミスクラインが製造している解熱鎮痛剤です。 日本で販売されているカロナールやタイレノールAと同じ有効成分のアセトアミノフェンを含有しています。 アセトアミノフェンは、血管や汗腺を拡げて熱を放散するのが特徴です。 また、発熱時の解熱だけではなく、頭痛や月経痛、耳痛、筋肉痛などさまざまな鎮痛に用いられます。シロップ状のため、錠剤や粉薬が苦手な方でも摂取しやすいのが魅力です。
ロキソニン
販売価格:8,500円
(1)
ロキソニンは、第一三共が開発した痛みや発熱を緩和させるために用いられる解熱鎮痛剤です。 多くの医療機関で処方されているほか、国内では2011年から市販薬としても販売されています。 特に、頭痛を鎮めるための医薬品として使用されています。 お薬通販部では、60mgの購入が可能となっています。

最近見た商品