050-5806-4632
土日割 特集 ジェネリック薬品

ニューロフェン

star (0件の口コミを見る)

ニューロフェン
ニューロフェン
ニューロフェンは炎症を鎮め、痛みを和らげてくれる消炎鎮痛剤です。

鎮痛効果のほか、熱を下げる解熱作用も併せ持っています。国内で承認されており、現在も使用されている解熱鎮痛薬“ブルフェン”のジェネリック医薬品に当たります。

ブルフェンと同じ有効成分「イブプロフェン」を同用量配合していますので、同等の効果が期待できるでしょう。頭痛、歯痛、腰痛、生理痛などさまざまな痛みを和らげてくれます。
効果
次の疾患並びに症状の消炎・鎮痛//関節リウマチ、関節痛及び関節炎、神経痛及び神経炎、背腰痛、頸腕症候群、子宮付属器炎、月経困難症、紅斑 (結節性紅斑、多形滲出性紅斑、遠心性環状紅斑)。 手術並びに外傷後の消炎・鎮痛。
有効成分
イブプロフェン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Reckitt Benckiser(ベンキッドレーザー社)

ニューロフェンを注文する

ニューロフェン 400mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 102 113円 3,400
54錠 147 90円 4,900

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ニューロフェンの商品詳細

ニューロフェンの特徴

ニューロフェンはイギリスのロンドン郊外であるバークシャー州スラウに本社を置く日用品・医薬品および食品メーカーです。

世界約60か国に事業所を置くほどのグローバル企業で、200か国以上で製品を販売しております。日本にも事業所を構えており、誰もが一度は耳にしたことがある「薬用せっけんミューズ」を販売する会社です。商品の品質については安心して良いでしょう。

ニューロフェンは有効成分として“イブプロフェン”を配合しており、炎症による痛みや発熱を抑える効果を持っています。

国内で承認され、現在も医療現場や市販薬として出回っている「ブルフェン」のジェネリックとなり、低価格ながら同等の効果を発揮してくれるでしょう。

ニューロフェンの効果

ニューロフェンに含まれる有効成分イブプロフェンは、“非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)”と呼ばれ、さまざまな痛みを和らげてくれます。

かぜなどの感冒症状である発熱やのどの痛みなどに効き、消炎効果や解熱効果、鎮痛効果をもたらしてくれます。

日常生活ではさまざまな痛みが潜んでおり、その数々の痛みを解消してくれるでしょう。

ニューロフェンの適応症状

・頭痛、関節痛、神経痛、腰痛、生理痛などの痛みの軽減
・急性上気道炎による発熱や疼痛の改善

ニューロフェンの有効成分

NSAIDsであるイブプロフェンはシクロオキシゲナーゼという酵素のはたらきを邪魔して、炎症や発熱の原因となるプロスタグランジン(PG)という成分が作り出されるのを抑え込みます。

NSAIDsの中ではプロピオン酸系というグループに分類され、消炎、鎮痛、解熱作用を均一にもたらし、副作用が少ない傾向にあります。

ニューロフェンの内容量・含有量

当サイトでは400mgの取り扱いがございます。

製薬会社

リキッドベンキーザー社

ニューロフェンの用法用量

ニューロフェンの服用方法

1日あたり600mgを目安に、3回に分けて水かぬるま湯にて服用してください。頓服で使用する際には1回あたり200mgを目安に症状に合わせて使用してください。

症状に合わせて服用量を調整することも可能ですが、1日の上限は600㎎までです。

また、副作用を避けるため空腹時の服用は避けてください。どうしても食後での服用が難しい場合には多めの水にて服用し、胃腸への負担が最小限となるようにしてください。

ニューロフェンの服用時の注意

用法用量を正しく守って服用してください。ニューロフェンの使用はあくまで対処療法となります。

長期的な使用は副作用のリスクとなりますので、使用は必要最小限にとどめ、痛みや発熱が改善した場合には速やかに使用を終了してください。

服用期間が長くなる見込みがある場合には定期的に血液検査を受け、肝機能などの数値に異常がないかをチェックした方が良いでしょう。

胃腸の悪い人や喘息持ちの人は思わぬ副作用を引き起こす場合がありますので注意が必要です。

ニューロフェンの副作用

ニューロフェンの主な副作用

よく見られる副作用としては、胃腸の不快感や胃痛、食欲不振、吐き気、嘔吐などです。

プロスタグランジンは胃の粘膜表面の血流を促し、胃粘膜の機能を修復するはたらきがありますが、イブプロフェンによりプロスタグランジン量が減ると胃への負担が高まるおそれがあります。

使用後に胃腸症状が頻回に現れるのであれば、かかりつけの医師や薬剤師に相談した方が良いでしょう。

ニューロフェンの稀な副作用

非常に稀ですが、胃への負担が大きいと消化管内で出血を起こすおそれがあります。

嘔気や吐血、黒色便などの症状がみられた場合にはすぐに服用をやめ、すみやかに医療機関に受診し医師の診察を受けてください。また、使用にて喘息発作を引き起こしてしまう可能性があります。

せき込んだり、ぜーぜー、ヒューヒューと呼吸しにくい症状が続くようであれば、こちらも医療機関に受診し他方が良いでしょう。

ニューロフェンの使用上の注意

ニューロフェンの服用に注意する人

ニューロフェンの服用(使用)に注意する人(H3-21)----
下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・消化性潰瘍になったことがある人
・血液の病気や血液に異常を指摘されたことがある人
・出血しやすい傾向のある人
・肝臓に障害を持つ人
・腎臓に障害を持つ人
・心機能に異常を持つ人
・血圧の高めな人
・気管支喘息や喘息持ちの人
・全身性エリテマトーデスの診断を受けた人
・混合性結合組織病の診断を受けた人
・潰瘍性大腸炎、クローン病などの診断を受けた人
・高齢者の人
・小さいお子様

ニューロフェンの併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・ワーファリン
ワーファリンと併用すると体内で作用を発揮するワーファリンが相対的に増え、効果が強まる恐れがあります。
・リチウム製剤
イブプロフェンの効果によってリチウムの排泄量が減り、血液中の濃度が上昇してしまう可能性があります。場合によってはリチウム中毒をおこすかもしれません。

ニューロフェンを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・現在消化性潰瘍の診断を受けている人
・腎臓や肝臓、心臓に重い障害を持つ人
・過度に高い高血圧の人
・アスピリン喘息の診断を受けているまたは受けたことがある人
・イブプロフェンで過去に蕁麻疹や過敏症を起こしたことがある人

ニューロフェンの併用禁忌薬

・ジドブジン

ニューロフェンの保管方法と取り扱い上の注意

ニューロフェンの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ニューロフェンの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

ニューロフェンの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・タイ

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており、誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


ニューロフェンのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ニューロフェンの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

担当スタッフの確認後、問題が無ければ掲載させて頂きます。

※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。