グルコバイ

(5件の口コミを見る)

グルコバイ
グルコバイ グルコバイ
グルコバイは、ドイツのバイエル社が開発した糖尿病治療薬です。

グルコバイの有効成分は、アカルボースといい食後の急激な血糖値の上昇を抑える作用があります。
この作用から「食後過血糖改善薬」とも呼ばれます。

お薬通販部では、50mg/100mgの購入が可能となっています。

※ご注文時期により、いずれかのパッケージでの発送になります。
効果
糖尿病の改善、ダイエット効果
有効成分
アカルボース
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
バイエル

グルコバイを注文する

グルコバイ 50mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
90錠 81 30円 2,700
180錠 153 28円 5,130
270錠 218 27円 7,290
グルコバイ 100mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
90錠 126 46円 4,200

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

グルコバイの商品詳細

特徴

増加傾向の糖尿病予備軍は今や国内では約1000万人を数えていますが、この予備軍に対しても有効性が認められています。
小腸や膵臓から分泌される消化酵素を阻害する作用を持つアルカボースを主成分としているため、別にアルカボース薬とも呼ばれています。

主成分のアルカボースは炭水化物の消化率を下げ、それによって消化酵素によって分解された糖の吸収を抑えます。
「グルコバイ」は食後の過血糖改善や耐糖能異常の改善に使用しますが、いずれも食事・運動療法(食後血糖2時間値200mg/dl以上)やインスリン投与(空腹時140mg/dl以上)などで十分な効果が得られない場合に使用されます。

ただし、重症ケトーシスや感染症、あるいは妊婦といったインスリンによる血糖管理が求められている場合は使用できません。

効果

糖尿病の食後過血糖の改善効果があります。

適応症状

グルコバイは下記の方におすすめです。

・血糖値が気になる方
・糖尿病の方

有効成分

有効成分はアカルボースです。
α-アミラーゼ活性およびα-グルコシターゼ活性を阻害することにより各種糖質の消化吸収を遅延させ、食後の急激な血糖値上昇を抑制します。

含有量・内容量

1箱90錠入りとなっています。

グルコバイ1錠当たりアカルボース50mg/100mgを含有した2種類があります。

製薬会社

バイエル

グルコバイの用法用量

服用方法

用法・用量は成人で通常1回100mgを1日3回、食前に服用します。
年齢や症状により適宜服用量を増減させますが、1回50mgから服用を開始し、忍容性が認められれば1回100mgに増量することも可能です。

年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。
飲み忘れたことを食事中に気がついた場合は、すぐに1回分を飲んでください。
食後に気がついた時には、1回分飛ばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

グルコバイの副作用

主な副作用

主な副作用として、放屁増加、腹部膨満、鼓腸、発疹、かゆみなどが報告されています。
このような症状が出た場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

低血糖、腸閉塞、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが報告されています。

グルコバイの使用上の注意

服用に注意する人

次の人は使用に注意してください。

・他の糖尿病用薬を投与されている患者
・開腹手術の既往又は腸閉塞の既往のある患者
・胃腸障害のある患者
・重篤な肝機能障害のある患者
・重篤な腎機能障害のある患者
・高齢者

併用注意

併用に注意するものがあります。

・スルホニルウレア系薬剤
・スルホンアミド系薬剤
・ビグアナイド系薬剤
・インスリン製剤
・インスリン抵抗性改善剤
・速効型食後血糖降下剤
・上記糖尿病用薬とその血糖降下作用を増強する薬剤(β遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤等)
・上記糖尿病用薬とその血糖降下作用を減弱する薬剤(アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン等)
・ジゴキシン
・ラクツロース
・ラクチトール水和物
・炭水化物消化酵素製剤(ジアスターゼ等)

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者
・重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人

グルコバイの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光が当たる場所や高温多湿になる場所は避けて、冷暗所で保管してください。
・匂いの強いものと一緒に保管しないでください。
・子供の手の届かないところに保管してください。

グルコバイの商品情報

商品分類

医療用医薬品:先発医薬品

先発医薬品とは、新しく開発された薬で新薬とも呼ばれています。
新薬が発売されるまでには、長い研究期間と膨大な費用が掛かります。
そのため特許を出願してからは、開発した製薬会社が独占して、製造・販売することができ、その間、有効性や安全性の調査や再審査も行われます。

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

糖尿病の治療を目的とした成人男性・女性

グルコバイの発送・梱包

発送国

・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

グルコバイのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

グルコバイの口コミ

匿名希望 (40歳)
2021/10/07
この薬は糖尿病用の薬でした。現在国内では発売中止になっています。 他のサイトにて、記載されているダイエットのくすりではありません。血糖が平常時性状の方は飲まない方がよいです。間違った認識をしないようにしてください。 理由は、糖尿病の別の薬と併用すると低血糖を起こしやすくなるからとのことです。 単体での利用でしたら通常低血糖は起こさないと思いますが注意してください。 やせ薬ではありませんので利用は注意してください。 本来なら購入は検討された方がよいかと私は思います。 このことは、厚生労働省HPにの薬の審査文章が、2003年に出てます。確認してください。 別の方の投稿で投稿でカロリーコントロール気にせず神薬と投稿していますが、このクスリを使用しながら食事取りすぎると、逆に糖尿病になりかねませんよ。厚生労働省の販売停止理由は同様の方の増加が考えられるという理由ですご注意を
アラーキ (43歳)
2019/10/01
糖尿の気があるので、ネットで買い飲み始めました。太りにくくなったように感じます。食生活が不安定なので、血糖が安定しにくくこちらを飲むようになってからは安定しています。
ユナ (39歳)
2019/10/01
糖尿のために病院で処方されたものを飲んでいましたが同じ成分のこちらを見つけたので購入しました。以前のものと変わりなく使えており、検査結果も安定しています。
ヌーヴォー (27歳)
2019/07/16
甘いもの大好きな私にとって最高のお薬です!どれだけ食べても全然太りません!もっと早く飲めばよかった!
にいさん (37歳)
2019/07/16
自分の意志でカロリーコントロールが難しい私にとっては神のような薬です。好き放題食べても体重はゆっくりと減少しています。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品