オセルタミビル

(2件の口コミを見る)

オセルタミビル
オセルタミビル
オセルタミビルは、アタベイが開発したインフルエンザ治療薬です。
知名度のあるタミフルのジェネリック医薬品となります。

有効成分はオセルタミビルリン酸塩という成分です。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。
発熱、頭痛、筋肉・関節痛などの症状が急激に表れ、喉の痛み、鼻水・鼻づまり、咳といった症状も出てきます。
感染症なので、安静にして、他人に感染しないように人との接触を制限されます。

A型インフルエンザに最も効果があり、B型インフルエンザには効きにくい傾向があるとされています。
C型インフルエンザには効果がありません。

お薬通販部では、75mgの購入が可能となっています。
効果
A型、B型インフルエンザウイルス感染症治療
有効成分
オセルタミビル酸塩
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
アタベイ

オセルタミビルを注文する

オセルタミビル 75mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
10錠 54 182円 1,820

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

オセルタミビルの商品詳細

特徴

有効成分のオセルタミビルリン酸塩は、インフルエンザウイルスが宿主の細胞から別の細胞へと感染を広げる際に必要となるノイラミニダーゼという酵素を阻害することでインフルエンザウイルスの増殖を抑制する治療薬で、インフルエンザの特効薬として有名です。

インフルエンザの治療薬の種類分けは、細胞への侵入を阻害するもの、細胞内でのウイルスの増殖を阻害するもの、細胞からの放出を阻害するもの、この3つですが、日本で使われている抗インフルエンザ薬は、全てウイルスが感染細胞から放出されるのを阻害する作用の治療薬です。

4つありますが、オセルタミビルはその1つです。
インフルエンザウイルスは自分で増殖することができません。
なので、細胞にくっついて中に侵入し、細胞に自分の複製を作ってもらいます。

そうして増殖して細胞を飛び出して、瞬く間に感染を広げていくというウイルスです。
オセルタミビルはこの最後の飛び出しを阻害します。
体内での感染を広げないことがインフルエンザを治すためにはとても有効です。
オセルタミビルはインフルエンザを発症後、48時間以内に投与することで、インフルエンザを発症している期間を減らします。

それはウイルスの増殖スピードが速いためです。
また、ウイルスを細胞外へ放出されないようにするという作用のため、既にウイルスが体内で増殖してしまった後ではこの治療薬の効果がありません。
ですので、インフルエンザ発症後48時間以内の投与が望まれ、48時間後に投与した場合の治療薬の効果はありません。

効果

オセルタミビルに含まれている有効成分オセルタミビルリン酸塩が、新たに作られたインフルエンザウイルスが細胞表面から放出される際に必要であるノイラミニダーゼを阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。

作用時間

インフルエンザ症状の発症から2日以内(症状発現から48時間以内)に投与を開始すると、インフルエンザ症状の改善に効果を示します。予防的に用いる場合もインフルエンザ患者に接触後2日以内(48時間以内)に服薬してください。

適応症状

オセルタミビルは下記の方におすすめです。

・インフルエンザにかかってしまった方
・インフルエンザを予防したい方
・インフルエンザによる各種症状に悩まされている方

有効成分

オセルタミビルに含まれている有効成分オセルタミビルリン酸塩はノイラミニダーゼ阻害薬に分類されます。ウイルスの増殖に必要な新たなウイルスの遊離を担うノイラミニダーゼを阻害することでウイルスの増殖を防ぎます。

含有量・内容量

1箱10錠入りとなっています。

オセルタミビルにはオセルタミビル75mg含有しています。

製薬会社

アタベイ

オセルタミビルの用法用量

服用方法

インフルエンザの治療として用いる場合は、1日2錠(朝・晩1錠ずつ)、5日間連日服用が推奨されています。

インフルエンザの予防として用いる場合には1日1錠(朝)の7~10日間の服用が推奨されています。

推奨用量

予防的投与の場合、インフルエンザがかなり流行しているもしくは患者さまの免疫システムが弱っている場合には、治療は最大6~12週間継続する場合があります。

小児に使用することも可能です。13歳以上でかつ体重が40㎏以上であれば成人と同じ量が適用されます。
12歳以下の小児においては、体重により用量が異なりますので、調整して使用する必要がございます。

食事の影響は受けませんのでいつでも服用いただけますが、食後に服用すると悪心などの副作用を避けることができます。

服用時の注意

抗インフルエンザ治療薬であり、インフルエンザワクチンではありません。

あくまでインフルエンザの治療および予防を目的として服用します。
ただしインフルエンザの世界大流行がおこり、インフルエンザワクチンが十分に足りていない場合は、ワクチンと同様の使い方をする場合があります。

オセルタミビルの副作用

主な副作用

一般的なものとしては下痢やめまい、発疹、低体温、発疹などが挙げられます。
その他インフルエンザ由来の症状も多く報告されております。

何かしらの異常を感じられた場合には速やかにかかりつけ医を受診してください。

稀な副作用

小児や青年において異常行動の報告があがっております。
普段と異なる様子が見られた場合には重篤な有害事象が発現する恐れがありますので、本剤を速やかに中止の上、かかりつけ医もしくは近隣の医療機関を受診してください。

オセルタミビルの使用上の注意

服用に注意する人

次の人は使用に注意してください。

・腎臓の機能の障害を抱えている方
・状態が非常に悪い方
・免疫機能がうまく働いておられない方
・慢性心疾患もしくは慢性呼吸器疾患を患っておられる方
・妊娠中、妊娠の可能性のある方、授乳中の方

併用注意

下記の薬剤と併用するときは慎重に観察してください。

・クロルプロパミド(糖尿病の治療に使用)
・メトトレキセート(例えば、関節リウマチの治療に使用)
・フェニルブタゾン(痛みや炎症の治療に使用)
・プロベネシド(痛風の治療に使用)

服用してはいけない人

本剤の有効成分であるオセルタミビルリン酸塩のほか、本剤の含有成分に過敏に反応される方は、本剤を服用してはいけません。本剤にはカプセルの内容物としてアルファ化デンプン、タルク、ポビドン、クロスカルメロースナトリウムおよびステアリルフマル酸塩などが含まれます。

オセルタミビルの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光を避けて保管してください。
・高温多湿を避けて保管してください。
・子供の手の届かないところに保管してください。

取り扱い上の注意

・使用期限が過ぎた薬は、使用しないでください。効果が発現しない場合や、身体に悪影響をおよぼすおそれがあります。
・他の薬剤との保管はお控えください。成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。
・ピルケースでの保管をお薦めいたします。

オセルタミビルの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプのカプセル剤

対象性別

インフルエンザの治療を目的とした成人男性・女性

発送・梱包

発送国

・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

オセルタミビルのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

オセルタミビルの口コミ

ウルヴァリン (29歳)
2019/08/23
急に高熱と全身の傷みが出たため、以前インフルエンザに罹ったときから常備している薬を飲んだところ翌々日には熱が引いてくれました。いざという時のために常備しておいてよかったです。
イーグル (32歳)
2019/08/23
39.0度の熱が出たために診断を受けたらインフルエンザといわれました。オセルタミビルを処方されたので飲んだところ、翌日にはすっかり熱が下がってくれました。いい薬だと思います。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品