テンビルEM

(0件の口コミを見る)

テンビルEM
テンビルEM
テンビルEMは、シプラ社が開発したHIV感染症治療薬で、ツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。

エムトリシタビンとテノホビルジソプロキシルフマルを含有する配合剤の抗HIV薬で、アメリカCDCで性交渉する前から薬を服用し、HIV感染のリスクを減らすという予防方法の有効性が認められています。

この方法は英語の頭文字をとりPrEP(プレップ)と呼ばれています。

HIV感染の可能性とリスクのある医療従事者などリスクがある方にも有効な予防薬となっています

お薬通販部では、エムトリシタビン200mg/テノホビルジソプロキシルフマル酸塩300mgの購入が可能となっています。
効果
HIVウイルス、B型肝炎ウイルスの増殖抑制
有効成分
テノホビルジソプロキシルフマル、エムトリシタビン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
7~14日
対象性別
男女兼用
製薬会社
シプラ

テンビルEMを注文する

テンビルEM
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 200 222円 6,670
60錠 353 196円 11,790
90錠 508 188円 16,960

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

テンビルEMの商品詳細

テンビルEMの特徴

エイズ(AIDS)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染した後に免疫の低下によって引き起こされる病気の総称です。

HIVの感染源は、精液、膣分泌液、血液、母乳などで性行為による感染、血液を介した感染、母子感染の3つとされています。

エイズの治療法は、治療は3~4種類の抗HIV薬を組み合わせて内服する多剤併用療法が基本でウイルスの量を減らして免疫力を回復しながら発症を抑制する方法です。

テンビルEMは1日1錠の服用でHIV感染リスクを予防できる医薬品です。

テンビルEMの効果

テンビルEMの有効成分エムトリシタビンとテノホビルジソプロキシルフマル酸塩が、DNA鎖伸長を停止させることにより,HIV-1逆転写酵素の活性を阻害します。

テンビルEMの適応症状

テンビルEMは、HIV感染症の治療と予防に用いられます。
・HIV-1感染症治療中の方
・性行為におけるHIV感染リスクを予防したい方
・仕事上HIV感染の可能性がある方

性感染症について詳しくはこちら
>>性感染症とは
HIV(エイズ)の症状について詳しくはこちら
>>HIVとは

テンビルEMの有効成分

テンビルEMは、エムトリシタビンとテノホビルジソプロキシルフマル酸塩の配合剤です。

HIV-1逆転写酵素の活性を阻害し感染力のあるウイルスの増殖を抑え、他の抗HIV剤と併用しHIV感染症の治療に用いられます。

テンビルEMの含有量・内容量

1箱30錠入りとなっています。

テンビルEM1錠あたりエムトリシタビン200mg/テノホビルジソプロキシルフマル酸塩300mg(テノホビル ジソプロキシルとして245mg)を含有しています。

製薬会社

シプラ

シプラはインドに拠点を置く80年以上の歴史を誇る製薬会社です。
新興国のHIV患者向けに安価のエイズ治療薬を製造しています。
AGA治療薬「フィンペシア」、ED治療薬「タダシップ」など数多くのジェネリック医薬品を取り揃えています。

製薬会社>>シプラ

テンビルEMの関連商品

その他の性病・感染症治療薬

テンビルEM以外の性病・感染症治療薬です。

デュオビル
HIVウイルスの逆転写酵素を阻害して増殖を抑える治療薬

この他のHIV(エイズ)治療薬はこちら
>>HIV(エイズ)
この他の性感染症治療薬はこちら
>>性病・感染症

性病・感染症のセルフ検査キット

HIVの検査ができる商品です。

アイケア・HIV検査キット
HIVウイルスの逆転写酵素を阻害して増殖を抑える治療薬

HIV検査キット
HIVウイルスの増殖抑止と感染予防の治療薬

この他の性病・感染症のセルフ検査キットはこちら
>>検査キット

テンビルEMの用法用量

テンビルEMの服用方法

HIV-1感染症には1日1回1錠服用します。食後など決められた時間に服用してください。

HIV感染後に内服する場合は耐性菌の発現を防ぐため、必ず複数の種類の抗HIV薬と併用する必要があります。

PrEPの場合は1日1回1錠服用します。食後など決められた時間に服用してください。

テンビルEMの推奨用量

HIV-1感染症
1日1回1錠服用します。
単剤での使用ではなく他の抗HIV薬と併用してください。

HIV感染リスクを下げる場合
PrEPとして性交渉前に1日1回1錠服用します。
オンデマンドPrEPとして性交渉前(2~24時間前)2錠、性交渉後24時間後1錠、翌日1錠の合計4錠服用します。

テンビルEMの服用時の注意

飲み忘れた場合

飲み忘れた場合は、気づいた時点で1回分1錠を服用します。2回分をまとめて飲むことはしないでください。

テンビルEMにはB型肝炎治療薬と同等の成分を含んでいるため、テンビルEMを飲むことで薬物耐性の可能性からHIV感染者の場合は薬が効かなくなる可能性があります。

HIVの被感染者であることや他の感染症に罹患していないことを確認する必要がありますので、医療機関での検査が必要になります。

セックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用をおすすめします。

テンビルEMの副作用

テンビルEMの主な副作用

主な副作用として、頭痛、悪心、皮膚色素過剰、疲労などがあります。

副作用として低頻度ですが、高脂血症、消化不良、便秘、胃炎、胃腸障害などがあります。

上記の症状が現れた場合は、使用を中止した後に医師または薬剤師にご相談ください。

テンビルEMの稀な副作用

腎不全又は重度の腎機能障害、膵炎、乳酸アシドーシスなどの症状が報告されています。

腎機能不全、腎不全、急性腎障害、近位腎尿細管機能障害、ファンコニー症候群、急性腎尿細管壊死、腎性尿崩症又は腎炎等の重度の腎機能障害が現れることがあります。

この場合は、すみやかにかかりつけの医師、もしくは内科・専門外来にて診断を受けてください。

テンビルEMの効果・副作用が強いと感じた場合

テンビルEMの服用にて、効果の効力や副作用が強く感じる場合は、かかりつけの医師、もしくは内科・専門外来にて診断を受けて相談してください。

テンビルEMの使用上の注意

テンビルEMの服用に注意する人

下記症状のがある方は使用に注意し医師と相談してください。

・他の抗HIV薬での多剤併用療法を受けている患者の方
・テンビルEMに対し過敏症の既往歴のある方
・B型慢性肝炎を合併している患者の方
・高齢者の方(65 歳以上)
・妊娠中や妊娠の可能性のある方
・授乳中の方

他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。

テンビルEMの併用注意

併用注意薬は、テンビルEMと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ジダノシン
ジダノシンの副作用が強まる恐れがあります。

・アタザナビル硫酸塩
アタザナビル硫酸塩の効果が弱まる恐れがあります。

・ロピナビル、リトナビル
テンビルEMの副作用が強まる恐れがあります。

・アシクロビル、バラシクロビル、ガンシクロビル、バルガンシクロビルなど
これらの薬の副作用が強まる恐れがあります。

・ダルナビル、リトナビル、レジパスビル、ソホスブビル
テンビルEMの副作用が強まる恐れがあります。

過去に医薬品の使用にて、かゆみ、発疹などのアレルギー症状を発症した方は、服用前にかかりつけ医師にご相談をしてください。

テンビルEMを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。

・テンビルEMに含まれる成分に対して過敏な反応を経験したことがある方

上記に該当する人が、この薬を使用することにより、副作用が強く出る場合があります。

テンビルEMの保管方法と取り扱い上の注意

テンビルEMの保管方法

・直射日光・高温多湿を避けて常温(15~25℃)で保管してください。

・乳幼児、小児の手の届かないところで保管してください。
 誤って服用する可能性は避けましょう。

テンビルEMの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください。
 効果が発現しない場合や、身体に影響をおよぼすおそれがあります。

・他の薬剤との保管はお控えください。
 成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

テンビルEMの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

HIV感染症の治療と予防を目的とした成人男性・女性

関連ページ

>>性感染症とは
性感染症とは性感染症(STD)とは性行為により感染する病気の総称であり、俗に性病とも呼ばれます。
日常生活で感染することはなく、基本的な感染経路は性行為になります。種類や症状、検査方法、治療方法を説明しています。

>>性感染症治療薬とは
性行為をすることで感染してしまう病気を総称して、性感染症といいます。
性感染症といっても、実にさまざまな種類があり、種類が異なれば、もちろん治療法も異なります。性感染症の種類・治療方法や治療薬の入手方法について解説しています。

>>HIVとは
HIVとはHIVウイルスに感染しておこる性感染症(STD)です。放置していると免疫機能がHIVウイルスに乗っ取られてしまい、後天性免疫不全症(エイズ)を発症します。
HIVの感染経路・症状・治療方法や治療薬の入手方法について解説しています。

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。 

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

製薬会社サイト
シプラ
シプラはインドに拠点を置く80年以上の歴史を誇る製薬会社です。
新興国のHIV患者向けに安価のエイズ治療薬を製造しています。
AGA治療薬「フィンペシア」、ED治療薬「タダシップ」など数多くのジェネリック医薬品を取り揃えています。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・インド
・シンガポール

到着目安

7~14日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

テンビルEMのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

テンビルEMの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品