デキサメタゾン(デクマックス)

(0件の口コミを見る)

デキサメタゾン(デクマックス)
デキサメタゾン(デクマックス)
アレルギーとは、本来、外部からの侵入する異物を排除するために存在する免疫反応が、特定の物質に過剰に反応することを言います。

アレルギーが原因の疾患には、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、薬物アレルギー、食物アレルギー、じんましんなど多種多様です。
ひどくなると合成副腎皮質ホルモン剤の使用も必要になります。

特に、内服の合成副腎皮質ホルモン剤は効き目も強力で、多くの炎症が起こる疾患に効果的です。
デクマックスは、その合成副腎皮質ホルモン剤の一つであるデキサメタゾンが主成分の内服薬です。
長期の服用は免疫力の低下につながるのでおすすめできませんが、短期的に、局所的に症状を改善したい場合、デクマックスはすぐれた効果を発揮します。
効果
内分泌疾患、リウマチ性疾患、アレルギー性疾患の改善など
有効成分
デキサメタゾン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
GLS

デキサメタゾン(デクマックス)を注文する

デキサメタゾン(デクマックス) 4mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
40錠 61 51円 2,040
80錠 94 39円 3,150
120錠 126 35円 4,200
デキサメタゾン(デクマックス) 8mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
40錠 73 61円 2,440
80錠 118 49円 3,940
120錠 162 45円 5,400

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

デキサメタゾン(デクマックス)の商品詳細

デキサメタゾン(デクマックス)の特徴

人の体内では、糖、タンパク質、脂質、骨など、体のさまざまな場所の代謝に関わるコルチゾールという物質が分泌されています。

コルチゾールは、組織が炎症を起こしたり損傷を受けたときに、それを修復する働きがあります。
このコルチゾールと同様の働きを示す物質を、外用や内服薬として開発したものが、副腎皮質ホルモン剤と呼ばれます。

デクマックスには、この副腎皮質ホルモン剤の一つであるデキサメタゾンが主成分として配合されています。
効き目が強力で、有効性が高いことが、内服の副腎皮質ホルモン剤の大きな特徴となります。ただし副作用もそれに応じて強く出やすいので、服用時には用法容量、使用上の注意をしっかりと守りましょう。

デキサメタゾン(デクマックス)の効果

デクマックスは内服のステロイド薬になります。
糖や脂肪の代謝系や免疫系の調整、体液の維持に働きかけ、過剰な免疫・炎症・アレルギー反応を強力に抑制するお薬です。

副作用に注意をしながら、決められた用法容量を守ることで、さまざまなつらい症状を緩和してくれます。

デキサメタゾン(デクマックス)の適応症状

・嗅覚障害
・リウマチ性疾患
・気管支喘息、喘息性気管支炎
・うっ血性心不全
・難治性口内炎及び舌炎
・急性、慢性中耳炎
・アレルギー性鼻炎
・皮膚口内炎
・悪性リンパ腫
・原因不明の発熱
・特発性低血糖症
・慢性・急性副腎皮質機能不全など

デキサメタゾン(デクマックス)の有効成分

デキサメタゾンは、炎症反応や免疫反応を抑え、アレルギー疾患などを改善する合成副腎皮質ホルモン剤です。

多くの症状に対応できる強力なお薬ですが、症状の原因を取り除くわけではありません。疾患の根本治療が必要な場合、医師の診断に従いましょう。

またデキサメタゾンは、イギリスで重症例の新型コロナ患者の治療にも有効な臨床試験結果が示され、注目が高くなっています。

デキサメタゾン(デクマックス)の含有量・内容量

1箱40錠入りとなっています。
当サイトでは4mgと8mgの取り扱いがございます。

製薬会社

GLS

デキサメタゾン(デクマックス)の関連商品

他のアトピー性皮膚炎治療薬

デクマックス以外のアトピー性皮膚炎治療薬です。

プレドニゾロンクリーム
ハウスダスト、アトピー性皮膚炎、じんましんにも効果がある治療薬

デルモベートクリーム
ハウスダスト、湿疹、じんましん、円形脱毛症にも効果がある治療薬

プロトピック軟膏
アトピー性皮膚炎の炎症部分から吸収される治療薬

この他のアトピー性皮膚炎治療薬はこちら
>>アトピー性皮膚炎
この他のアレルギー治療薬はこちら
>>アレルギー

デキサメタゾン(デクマックス)の用法用量

デキサメタゾン(デクマックス)の服用方法

1日0.5mg~8mgを1~4回に分けての服用になります。
年齢、症状に応じて、服用用量を医師または薬剤師にご相談ください。

デキサメタゾン(デクマックス)の服用期間

症状に応じて、服用期間は変わります。医師または薬剤師を相談してください。

デキサメタゾン(デクマックス)の服用時の注意

さまざまな症状を改善するお薬になるため、症状に応じて用量、服用期間もことなります。使いすぎると免疫力の低下になど副作用のリスクもあるため、必ず医師または薬剤師にしてください。

デキサメタゾン(デクマックス)の副作用

デキサメタゾン(デクマックス)の主な副作用

主な副作用として、月経異常、下痢、悪心、嘔吐、不眠、頭痛、めまい、筋肉痛、関節痛、発疹、発熱、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、疲労感などが報告されています。

体に異常を感じた場合は、服用を中止して医師にご相談ください。

デキサメタゾン(デクマックス)の稀な副作用

稀な副作用として、重度の感染症誘発、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化管潰瘍、胃腸出血、膵炎、抑うつ、骨粗鬆症、緑内障、後嚢白内障、血栓症などが報告されています。

体に異常を感じた場合は、服用を中止して医師にご相談ください。

デキサメタゾン(デクマックス)の使用上の注意

デキサメタゾン(デクマックス)の服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の人
・消化性潰瘍の人
・精神病の人
・結核性疾患の人
・単純疱疹性角膜炎の人
・後嚢白内障の人
・緑内障の人
・高血圧症の人
・電解質異常のある人
・血栓症の人
・最近行った内臓の手術創のある人
・急性心筋梗塞を起こした人
・コントロール不良の糖尿病の人
・糖尿病の人
・骨粗鬆症の人
・甲状腺機能低下のある人
・脂肪肝の人
・脂肪塞栓症の人
・重症筋無力症の人
・B型肝炎ウイルスキャリアの人
・腎機能障害の人
・腎不全の人
・肝機能障害の人
・肝硬変の人
・妊婦
・授乳婦
・小児
・高齢者

デキサメタゾン(デクマックス)の併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・CYP3A4で代謝される薬剤
・カスポファンギン
・CYP3A4を誘導する薬剤
・フェニトイン
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・マクロライド系抗生物質
・アゾール系抗真菌剤
・アプレピタント
・サリチル酸誘導体
・メフロキン
・抗凝血剤 ・糖尿病用薬
・シクロスポリン
・利尿剤
・カリウム排泄型利尿剤
・血圧降下剤
・サリドマイド
・エフェドリン
・カルシウム受容体作動薬

デキサメタゾン(デクマックス)を服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・デキサメタゾンに対して過敏症の既往歴のある人
・男性の夜間頻尿の治療薬を服用している人

デキサメタゾン(デクマックス)の併用禁忌薬

・デスモプレシン酢酸塩水和物
・テノホビル
・アラフェナミドフマル酸塩
・エムトリシタビン
・ジソプロキシルフマル酸塩
・エムトリシタビン
・ドルテグラビルナトリウム
・ベクラブビル塩酸塩

デキサメタゾン(デクマックス)の保管方法と取り扱い上の注意

デキサメタゾン(デクマックス)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

デキサメタゾン(デクマックス)の取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

デキサメタゾン(デクマックス)の商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・シンガポール

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


デキサメタゾン(デクマックス)のよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

デキサメタゾン(デクマックス)の口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品