カンピシリン

(0件の口コミを見る)

カンピシリン
カンピシリン
カンピシリンは、ザイダスカディラ社が開発したさまざまな種類の細菌に対して効果のあるペニシリン系の抗生物質でビクシリンのジェネリック医薬品です。

淋病や梅毒を始めとする細菌性感染症の中でも治療が長引くと言われる性感染症や、断続的に続く肺炎などに使用されることが多くなっています。

幅広い適応症に対して、安定した効果が得られることから、活用の場面が多く見込まれる医薬品です。

お薬通販部では、250mg/500mgの購入が可能となっています。
効果
細菌感染症治療
有効成分
アンピシリン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
ザイダスカディラ

カンピシリンを注文する

カンピシリン 250mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
10錠 120 401円 4,010
カンピシリン 500mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
10錠 224 749円 7,490

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

カンピシリンの商品詳細

カンピシリンの特徴

カンピシリンの有効成分アンピシリンは、ペニシリン系の抗生物質のひとつです。

ペニシリンを超える耐性を持った細菌に効果が出るよう、新たに開発した抗生物質がアンピシリンで、そのためペニシリンよりも多くの細菌に対して効果の作用を期待できます。

細菌が細胞壁であるペプチドグリカンを生合成する際に、重要なペプチド転移酵素を拮抗阻害、細菌は細胞壁を合成できなくなります。

そして最終的には細菌を死滅させ、症状を緩和する効果を得られます。

カンピシリンの効果

カンピシリンは細菌の細胞壁が合成されるのを阻害することで殺菌的効果が得られます。

インフルエンザ菌や連鎖球菌、大腸菌、ブドウ球菌、梅毒などの菌よって引き起こされるさまざまな感染症の治療に効果的です。

細菌による二次感染時やその予防のために、他の医薬品と用いることがあります。

カンピシリンの適応症状

カンピシリンは、ペニシリン系の抗生物質で次の症状を改善します。

・淋病、梅毒などの性感染症にお悩みの方
・皮膚感染症にお悩みの方
・咽頭炎(のどの痛み)にお悩みの方
・急性気管支炎(急な咳き込み)にお悩みの方
・歯周病にお悩みの方
・ものもらい、火傷などの二次感染予防の方

性感染症について詳しくはこちら
>>性感染症とは
淋病の症状について詳しくはこちら
>>淋病とは
梅毒の症状について詳しくはこちら
>>梅毒とは

カンピシリンの適応菌種

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、放線菌、大腸菌、赤痢菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、梅毒トレポネーマ

カンピシリンの有効成分

カンピシリンの有効成分はアンピシリンになり、細菌の細胞壁を生成する際に必要なペプチド転移酵素を阻害するため抗菌作用を発揮します。

今までペニシリンでは効かなかった細菌にも効果が高く多くの場面で利用されています。

カンピシリンの含有量・内容量

1箱10錠入りとなっています。

カンピシリン1錠あたりアンピシリン250mg/500mgを含有した2種類があります。

製薬会社

ザイダスカディラ

カンピシリンの関連商品

その他の性病・感染症治療薬

カンピシリン以外の性病・感染症治療薬です。

アモキシシリン
淋病・梅毒など細菌感染症の治療に用いられるペニシリン系抗生物質のジェネリック医薬品。

セファレキシンカプセル
淋病や梅毒の治療に効くセフェム系抗生物質であるケフレックスのジェネリック医薬品。

シプロックス
ニューキノロン系抗菌薬のシプロキサンジェネリック。淋病などの性病や細菌感染症治療に有効。

この他の淋病治療薬はこちら
>>淋病
この他の梅毒治療薬はこちら
>>梅毒

性病・感染症のセルフ検査キット

淋病や梅毒の検査ができる商品です。

アイケア・淋病検査キット
採取した検体から約15分で淋病検査ができる商品

梅毒セルフ検査キット
採取した血液から約20分で梅毒検査ができる商品

アイケア・梅毒検査キット
採取した血液から約15分で梅毒検査ができる商品

この他の性病・感染症のセルフ検査キットはこちら
>>検査キット

カンピシリンの用法用量

カンピシリンの服用方法

カンピシリンは、大人の場合は1回アンピシリン250mg~500mgを1日4~6回服用します。

食前1時間または食後2時間空けた空腹時に多めの水かぬるま湯と一緒に服用します。

カンピシリンの推奨用量

性感染症の場合
1回250mg~500mgを1日4~6回服用してください。

喉の痛みやその他の感染症の場合
1日250mgを1日4~6回服用してください。

年齢、症状に応じて適宜増減します。

カンピシリンの服用時の注意

飲み忘れた場合

飲み忘れた場合は1日以内に気づいた場合であれば、気づいた時点で1回分を服用します。
次に飲む時間が近い場合はその時間まで待ち、1回飲むようにし2回分をまとめて飲むことはしないでください。

翌日以降は、食後に服用してください。

症状がよくなったからといって自分の判断で服用を辞めずに最後まで飲み切りましょう。

カンピシリンの副作用

カンピシリンの主な副作用

主な副作用として、下痢、悪心、食欲不振、過敏症、発熱等があります。

その場合は、一旦使用を中止して体調の変化を観察してください。

副作用として低頻度ですが、貧血、好酸球増多、顆粒球減少、血小板減少等があります。

上記の症状等が現れた場合は、体調の変化を確認した上で医師等にご相談ください。

カンピシリンの稀な副作用

ショック、アナフィラキシー、呼吸困難、中毒性表皮壊死融解症等の症状が報告されています。

中毒性表皮壊死融解症は、薬剤の服用で高熱(38°C以上)、目の充血、くちびるのただれ、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなるなどがあり、その症状が持続したり、急激に悪くなったりします。

この場合は、すみやかにかかりつけの医師、もしくは内科・泌尿器科・専門外来にて、診断を受けてください。

カンピシリンの使用上の注意

カンピシリンの服用に注意する人

下記症状のがある方は服用に注意し医師と相談してください。

・ペニシリン系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方
・高度肝機能障害の治療中の方や高度肝機能障害の高齢者(65歳以上)
・ショック症状のある方
・伝染性単核症のある方

他に服用している薬がある場合は、飲み合わせにより薬の効果を強めたり弱めたりする恐れがあります。

カンピシリンの併用注意

カンピシリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・アロプリノール
発疹の発言が増加するおそれがあります。

・経口避妊薬
経口避妊薬の効果が減弱します。

過去に医薬品の使用にて、かゆみ、発疹などのアレルギー症状を発症した方は、服用前にかかりつけ医師にご相談をしてください。

カンピシリンを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。

・カンピシリンに含まれる成分に対して過敏な反応を経験したことがある方
・妊娠中の方
・授乳中の方

上記に該当する人が、この薬を使用することにより、副作用が強く出る場合があります。

カンピシリンの保管方法と取り扱い上の注意

カンピシリンの保管方法

・冷蔵庫へ保管する必要はなく、直射日光・高温多湿を避けて常温(15~25℃)で保管してください。 

・乳幼児、小児の手の届かないところで保管してください。
 誤って服用する可能性は避けましょう。

・万が一薬が残った場合、そのまま保管しないで廃棄してください。

カンピシリンの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください。
 効果が発現しない場合や、身体に影響をおよぼすおそれがあります。

・他の薬剤との保管はお控えください。
 成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

カンピシリンの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

各種感染症・性感染症の治療を目的にした成人男性・女性

関連ページ

>>性感染症とは
性感染症とは性感染症(STD)とは性行為により感染する病気の総称であり、俗に性病とも呼ばれます。
日常生活で感染することはなく、基本的な感染経路は性行為になります。種類や症状、検査方法、治療方法を説明しています。

>>性感染症治療薬とは
性行為をすることで感染してしまう病気を総称して、性感染症といいます。
性感染症といっても、実にさまざまな種類があり、種類が異なれば、もちろん治療法も異なります。性感染症の種類・治療方法や治療薬の入手方法について解説しています。

>>淋病とは
淋病は性感染症(STD)の一種で、淋菌という病原菌に感染すると発症し、ペニスやヴァギナなどの生殖器を中心に強い炎症を起こします。
淋病の感染経路・症状・治療方法や治療薬の入手方法について解説しています。

>>梅毒とは
梅毒とは、梅毒トレポネーマ〔Treponema pallidum subspecies pallidum(T.p)〕という細菌に感染する性感染症です。
梅毒の感染経路・症状・治療方法や治療薬の入手方法について解説しています。

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・インド
・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

カンピシリンのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

カンピシリンの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品