ガラマー

(2件の口コミを見る)

ガラマー
ガラマー
ガラマーは、サン・ファーマ社から販売されている、おもにアルツハイマー型認知症の進行を遅らせる薬でレミニールのジェネリック医薬品です。
配合されている有効成分は、ガランタミンとなっています。
認知症を引き起こす原因の1つとして、脳内伝達物質のアセチルコリンを分解する酵素があります。
有効成分のガランタミンの作用により、アセチルコリンの量を増やすことで、認知症が引き起こす記憶障害の進行を遅らせる効果が期待できます。
効果
認知症改善
有効成分
ガランタミン臭化水素酸塩
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
サンファーマ

ガラマーを注文する

ガラマー 4mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
50錠 127 84円 4,240
100錠 241 80円 8,060
150錠 343 76円 11,450

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

商品詳細

ガラマーの特徴

認知症の原因はいくつかあり、7割近くをアルツハイマー型が占めています。
アルツハイマー型は、βアミロイドと呼ばれるタンパク質がたまることで、脳機能の低下や脳の萎縮が起こり、記憶障害が起こります。
また、脳内伝達物質のアセチルコリンが少なくなることもわかっています。
ガラマーの有効成分であるガランタミンにより、アセチルコリンの量を増やし、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

ガラマーの効果

有効成分のガランタミンが、脳内伝達物質のアセチルコリンを分解する酵素を阻害します。
この作用により、アセチルコリンの減少に伴う認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

ガラマーの作用時間

服用後約1.5時間で血中最高濃度に達し半減期は約8時間となります。

ガラマーの適応症状

下記症状のみ使用が認められています。

・軽度および中等度のアルツハイマー型認知症の記憶障害などの症状の進行を遅らせる
・アルツハイマー型認知症以外の脳血管障害を原因とするもの

ガラマーの有効成分

有効成分は、ガランタミンです。
アルツハイマー型認知症の原因でもある、脳内伝達物質のアセチルコリンを分解する酵素を阻害します。
また、アセチルコリンの量を増やすことで、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

ガラマーの含有量・内容量

1箱30錠入りとなっています。

ガラマーにはガランタミン4mg含有しています。

製薬会社

サン・ファーマ

用法用量

ガラマーの服用方法

通常、成人が服用します。
服用を開始した期間により、服用する量を変更します。
副作用を抑えるため、食後に服用してください。
服用開始してから4週間未満の場合、1日2回、1回あたり4mgを服用してください。
4週間以上の場合、1日2回、1回あたり8mgを服用してください。

ガラマーの推奨用量

認知症の症状や服用を開始してからの期間により、服用する量を調整してください。
基本的に服用する量は、先の服用方法で記載した方法で服用してください。
認知症の症状が進行している場合、症状により1日合計24mg(1日2回で1回あたり12mg)まで服用できます。
ただし、増量する場合には、前回増量した量から4週間経過後に行ってください。
増量するタイミングや服用する量に関しては、医師に相談を行ってください。

ガラマーの服用時の注意

アルツハイマー型認知症と診断された場合のみに服用し、それ以外の場合には服用しないでください。
服用の際には、医師だけでなく家族が管理や確認をしたうえで服用を行ってください。
認知機能が衰え、また薬の副作用により、眠気やめまいが起こるため、車の運転や機械の操作は行わないようにしてください

副作用

主な副作用

消化器系では、悪心や嘔吐、食欲不振や食欲減退、下痢があります。
他には頭痛や貧血があります。
炎症に関しては、発疹、鼻咽頭炎、膀胱炎、尿路感染があります。

稀な副作用

稀な副作用は多種多様あります。
一例として精神障害は、うつ病や幻視や幻聴があります。
血管障害は、高血圧や低血圧があります。
他には、肝機能異常、頻尿や血尿、心電図異常などがあります。
失神や発熱、その他重大な副作用が出た場合には、医師に相談してください。

効果・副作用が強いと感じた場合

まずは医師に相談して、服用する量や回数、他の薬への変更が可能かどうかを確認してください。
勝手な判断で服用する量を変える、服用を中断すると認知症の症状を悪化させるおそれがあります。

使用上の注意

ガラマーの服用に注意する人

アルツハイマー型認知症と判断されていない場合、服用することはできません。
心疾患のある方、消化性潰瘍のある方、てんかんや気管支喘息、パーキンソン病の方は、注意して服用してください。
尿路の病気、膀胱の手術直後の場合、注意して服用してください。
肝障害や腎障害のある方は、注意して服用してください。

ガラマーの併用注意

・コリン作動薬と併用すると、コリン作動作用を増強するおそれがあります。
・スキサメトニウムと併用すると、筋弛緩剤作用を増強するおそれがあります。
・ジゴキシンβ遮断剤と併用すると、伝導抑制作用を増強するおそれがあります。
・抗コリン剤と併用すると、本成分と拮抗するおそれがあります。
・CYP2D6阻害薬とCYP3A4阻害薬と併用すると、本成分の代謝を阻害するおそれがあります。

ガラマーの服用してはいけない人

本成分に過敏症がある場合、服用できません。
アルツハイマー型認知症と判断されていない場合、服用することはできません。
小児の服用に関して安全性は確立されていません。
妊婦や妊娠の可能性がある場合、やむを得ない場合を除いて服用できません。

保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・高温多湿での保管は避けて、冷暗所で保管してください。
・直射日光の当たるところは避けてください。
・子供の手の届かない所に保管してください。誤って服用する可能性は避けましょう。

取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた場合は、服用しないでください。効果が発現しない場合や、体に影響をおよぼす恐れがあります。
・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。成分の作用により、性質の変化や形状が変わる恐れがあります。
・服用する本人以外が誤飲しないように、取り扱いには注意してください。

発送・梱包

発送国

・香港
・インド

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

ガラマーのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ガラマーの口コミ

おおきさん (55歳)
2019/01/16
若年認知症と診断を受けてから治療していましたが、価格も安いのでこちらのジェネリックを使うようになりました。長く続けやすく効果もあるので助かっています。
itou (54歳)
2019/01/10
認知症の母の治療の為にこちらのジェネリックに変更しました。長期で必要なので価格も財布を圧迫しないので助かります。効果もかわらずあるようです。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品