ファモチジン

(5件の口コミを見る)

ファモチジン
ファモチジン
ファモチジンは、沢井製薬が開発している胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性胃炎などの治療薬です。

ファモチジンはガスターという代表的な胃薬のジェネリック医薬品です。
ジェネリックということもあり、安価な価格にて購入することができます。

主成分も同様のファモチジンとなり、有効性・安全性も同等となります。

お薬通販部では、10mg/20mgの購入が可能となっています。
効果
逆流性食道炎や急性胃炎、胃潰瘍などの改善
有効成分
ファモチジン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
沢井製薬

ファモチジンを注文する

ファモチジン 10mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 88 29円 2,940
200錠 167 27円 5,590
ファモチジン 20mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 101 33円 3,390
200錠 193 32円 6,440

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ファモチジンの商品詳細

特徴

胃潰瘍や胃炎などでは胃酸が胃を攻撃してしまっている状態のため、ファモチジンを使用して過度な胃酸の分泌を抑える必要があります。

過度な胃酸の分泌を抑えることにより、胃潰瘍や胃炎における胃のシクシクした痛みや胃部不快感を和らげることができます。
これにより胃潰瘍や胃炎などの胃部疾患の治りが早まります。

また、ファモチジンには胃酸だけでなくペプシン(酵素)の分泌を抑える効果もあります。
ペプシンは通常の状態の胃に関しては、タンパク質の分解に重要な役割のある酵素ですが、胃潰瘍や胃炎のある患者においては潰瘍の部分のタンパク質を誤って分解してしまうこともあります。

こうなると、胃潰瘍や胃炎のある患者は痛みや苦痛を感じることになります。

したがって、胃潰瘍や胃炎の傷を早く治すためにもペプシンの分泌も併せて抑えることが大切です。

最後に、ファモチジンの先発品である「ガスター」はご存知の方も非常に多い有名なお薬です。

実績も豊富で最も安心して使えるお薬の一つではないかと思います。

効果

胃潰瘍、胃炎を中心に、その中でも細分化すると、消化性潰瘍、急性ストレス性潰瘍、ストレス性胃炎、急性胃炎、および慢性胃炎の症状増悪期においてファモチジンは効果があるとされています。

また、昨今では、関節における「石灰化」の改善作用が認められており、そのため整形外科などでの処方の頻度も増えてきています。

適応症状

ファモチジンは下記の方におすすめです。

・胃炎にお悩みの方
・胃潰瘍にお悩みの方

有効成分

有効成分ファモチジンはH2ブロッカーの一種で、胃壁に存在する細胞のH2(ヒスタミン2)受容体を遮断(ブロック)することにより胃酸の分泌を抑えます。
胃壁細胞のH2受容体にヒスタミンがくっつくことにより胃酸が分泌されます。

ファモチジンはH2受容体を遮断するため、胃壁細胞のH2受容体へのヒスタミン結合によって発せられる胃酸分泌のシグナルを受け入れにくくし胃酸分泌を抑えます。
ファモチジンは「胃酸の分泌を抑える」効果があることから、適応症として胃酸過多の状態や胃酸の分泌が胃に悪影響を及ぼしている時に使われます。

含有量・内容量

1箱100錠入りとなっています。

ファモチジン1錠あたりファモチジン10mg/20mgを含有した2種類があります。

製薬会社

沢井製薬

ファモチジンの用法用量

服用方法

■胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群

通常、成人は1回1錠(主成分として20mg)を1日2回朝食後と、夕食後または就寝前に服用します。また、1回2錠(40mg)を1日1回就寝前に服用することもできます。

■急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)

通常、成人は1回主成分として10mgを1日2回朝食後と、夕食後または就寝前に服用します。
また、1回1錠(20mg)を1日1回就寝前に服用することもできます。

いずれも、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

服用時の注意

飲み忘れた場合は、1回とばして次の服用時間まで飲まないでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

ファモチジンの副作用

主な副作用

主な副作用として、発疹・皮疹、蕁麻疹(紅斑)、顔面浮腫、便秘、月経不順、女性化乳房、乳汁漏出症などが報告されています。
このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

稀な副作用

稀ですが下記に挙げられる副作用の報告があります。

・呼吸困難、全身潮紅、蕁麻疹(ショック、アナフィラキシー])
・全身けん怠感、脱力、皮下・粘膜下出血(再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少)
・高熱、唇や陰部のただれ、眼充血(皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症)
・全身けん怠感、皮膚や白目が黄色くなる、食欲不振(肝機能障害、黄疸)
・筋肉痛、脱力感、赤褐色尿(横紋筋融解症)

上記以外でも気になる症状が出た場合は、かかりつけの医師にごください。

ファモチジンの使用上の注意

服用に注意する人

次の人は使用に注意してください。

・薬物過敏症の既往歴のある人
・腎障害のある人
・心疾患のある人
・肝障害のある人
・高齢者

併用注意

併用に注意するものがあります。

・イトラコナゾール

服用してはいけない人

次の人はこの薬を使用してはいけません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある人

ファモチジンの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ファモチジンの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

胃潰瘍などの改善を目的とした成人男性・女性

ファモチジンの発送・梱包

発送国

・香港

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

ファモチジンのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ファモチジンの口コミ

江尻浩二 (66歳)
2020/08/13
ガスタテンくすりやから買いました、とても良かつた
はたの (45歳)
2019/08/23
胃潰瘍に以前なってから、胃薬はいろいろ試しましたがこちらの薬が合っています。胃酸が多いタイプですぐに胃が荒れてしまうのでこちらを飲むと落ち着き痛みもなくなります。
きゃんでぃ (34歳)
2019/08/14
胃炎になりやすく、こちらのお薬は常に常備しています。胃炎による痛みもファモチジンを飲むと落ち着きます。安く購入できるのでいつなってもいいようにストックしてあります。
Ingrid (47歳)
2019/06/03
年々二日酔いの症状がつらくなり、翌日は丸一日食事がとれないほどでしたが、ファモチジンのおかげで胃のムカムカが軽減され、夕食は取れるようになっています。
Jack (51歳)
2019/05/31
ここ10年ほど逆流性食道炎に悩まされてきましたが、ファモチジンを飲み始めてからはかなり楽になり、起きるのがつらくなくなりました。助かっています。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品