• トップ
  • EDについて
  • PDE5を減らす方法は?ED治療薬は勃起不全の阻害薬!効果と作用時間を解説

PDE5を減らす方法は?ED治療薬は勃起不全の阻害薬!効果と作用時間を解説

ED治療薬にはPDE阻害薬に分類される成分が配合されています。この記事ではPDEとは何かを解説します。併せて勃起不全の原因や治療薬の効果についても解説します。

EDについて ED治療薬 泌尿器・性器 ED

最終更新日:2024.02.20

PDE5を減らす方法は?ED治療薬は勃起不全の阻害薬!効果と作用時間を解説



EDになってしまうと

どうやったら改善できるだろう……」

と悩んでしまう人もいるかもしれません。

勃起不全になると、自信をなくしてしまう男性も多いので、治療方法の把握は大事です。

EDは医療機関で診察を受けるのが一般的ですが、個人で治療薬を購入して治療することもできます。

ただ、その際はどのような成分や副作用があるのか把握していないと、思わぬ事態になる場合もあるため注意しなくてはいけません。

この記事では、ED治療薬を服用すると「どう改善できるのか」「どのようなリスクがあるのか」という内容を中心に紹介します!



ED治療薬は勃起不全に効果がある?前立腺肥大症による排尿障害とは?

ED治療薬は勃起不全に効果がある?前立腺肥大症による排尿障害とは?の見出し画像

EDになってしまった場合は改善するために、治療薬の使用を検討する方も多いのではないでしょうか?

確かにED治療薬を服用することで、勃起不全となっている現状の改善が期待できるため、自信を取り戻せるかもしれません!

ただ、ED治療薬を使用するときは、勃起の継続時間や副作用などがあるのか確認する必要もあります。

ED治療薬の基本的な内容について紹介します!


pde5阻害薬の一覧と比較表

EDは主な原因はPDE5の働きによるものです。

PDE5は陰茎海綿体の血管に多数存在しており、血管を収縮させて勃起を妨げます。

そのため、PDE5の阻害を防ぐことができれば、勃起不全は解消することが期待できますよ。

勃起不全を解消するための有名な治療薬として、PDE阻害成分シルデナフィルを配合するバイアグラや、同じくPDE阻害成分のタダラフィルを配合するシアリスなどがあげられます。

ED治療に主に使用されるのは下記5種類です。

商品名(成分名)商品写真特徴
バイアグラ(シルデナフィル)バイアグラの商品画像圧倒的知名度と力強い効果
レビトラ(バルデナフィル)レビトラの商品写真最短15分で効果発現の即効性
シアリス(タダラフィル)シアリスの商品画像最長36時間の持続効果
ステンドラ(アバナフィル)ステンドラ商品写真上記3種の良いとこどり
ザイデナ(ウデナフィル)ザイデナ商品写真アジア発のED治療薬

どの治療薬も正しく服用すれば1時間以内には効果が現れます。

タイミングに気を付けて服用することで、必要な場面で勃起できるはずです!




ED治療薬の服用後!勃起の持続時間は?

勃起不全を解消するためにED治療薬が有効であることはおわかりいただけたと思いますが、

効果はどれほど持続するの?

と疑問を感じる人もいるはずです。

それぞれの効果について表にまとめたので、ぜひご確認ください!

商品名(有効成分)効果のピークまでの時間勃起の持続時間
バイアグラ(シルデナフィル約1時間約5〜6時間
レビトラ(バルデナフィル約1時間約3時間〜5.5時間
シアリス(タダラフィル約1時間〜3時間約24〜36時間
ステンドラ(アバナフィル)約1時間約8時間
ザイデナ(ウデナフィル)約1時間〜3時間約11〜13時間
※効果には個人差があります。

上記の通り、ED治療薬も種類によって効果が異なります。

特にシアリスは圧倒的な効果の持続が見込めるため、持続時間を求める方には最もおすすめです。

自分の体質によって効果が発現しやすいもの、副作用が出てしまうものなど、様々な懸念もあるため、どれが自分に良いのか見極めて使用するようにしてくださいね!




pde5阻害剤との違いは?

勃起不全の解消するために、PDE5阻害薬は有効です。

上記でも紹介していますが、ED治療薬は5種類とも副作用の出方や持続時間、ピークまでの時間など特徴が異なります。

PDE阻害薬の種類ごとの違いについても把握しておくことで、目的に合ったED治療薬を選ぶことができるようになります。

また、前立腺肥大によって排尿障害が起きている場合は、治療薬として使用することも可能です。

前立腺肥大は尿道を圧迫するため、排尿時に違和感を抱きますが、尿道を緩める、または前立腺を小さくすることで改善できます。

タダラフィル、シルデナフィルには前立腺肥大解消の成分が配合されている場合もあるため、悩んでいる方は使用を検討できますが、その前に安全性を確保するため医師に診察してもらうのがおすすめです。

また、精力剤については明確に医薬品とは異なります!

精力剤は肉体や精神的な疲労を回復するものであり、精力増強に役立てるため、ED治療にも一定の効果があります。

ただ、長期的な服用によって体質を改善するのが目的な場合もあるため、速攻性はあまり期待できません。




pde5の原因は?減らす方法はED治療薬だけ?

pde5の原因は?減らす方法はED治療薬だけ? 見出し画像

前述の通り、PDE5が体内で増加して活発に働くとEDの原因になるため、改善する必要があります。

バイアグラやシアリスなどのED治療薬を使用することを検討できますが

PDE5を減らすのに他の方法は無いの?

と疑問を感じる人もいるかもしれませんね。

PDE5の活性を落とす方法を知りたい方はぜひ下記をご確認ください!




pde5の仕組み!ホルモン!との関連は?

まず、勃起するためには陰茎海綿体に血液が送られる必要があります。

血液が海綿体に充満することで勃起し、その後は白膜という組織によって静脈が押しつぶされ、状態が持続します。

しかし、一定時間経つと酵素(PDE5)によって分解されてしまい、元の状態に戻るのです!

つまり、PDE5は体内に必要な酵素でもあるんですね。

しかし、加齢によって男性ホルモンが低下すると一酸化炭素の放出が激減してしまい、血液が海綿体に溜まらなくなるケースもあります。

また、血液が長く充満する力も落ちるため、PDE5の働きにより勃起を維持することが難しくなってしまうのです。

ED治療薬はPDE5の働きを阻害して血液の充満を分解させないようにしてくれます!




pde5阻害し勃起不全を改善する食品は?

EDは食事に注意しておくことで改善の見込みがあります!

EDの方が接種した方が良い食品は主に亜鉛、シトルリン、DHAEPA、ビタミンEです。

これらの食品は下記のような効果が見込めるため、ED改善が期待できるのです!

  • 男性ホルモンを活発化
  • 一酸化炭素の生成による血液の促進
  • 男性更年期の障害を予防

これらの成分が多く含まれている食品をまとめましたので、確認してみましょう!

亜鉛牡蠣、レバー など
シトルリンスイカ、きゅうり など
DHA・EPAサバ、サンマ など
ビタミンEアーモンド、アボカド など

もちろん、これらの食品以外もバランスよく食べることは大前提です。

勃起不全の解消のためだからといって過度な摂取は禁物ですよ!




pde5阻害薬を市販で購入する方法

ED治療薬は基本的に医療機関で診察を受けて、医師から処方されるのが基本です。

診察を受けずに市販で購入したい!

しかし、上記のような方もいるはずですよね?

通常ED治療薬は医師の診察があって処方されるため、市販で購入はできません!

市販で購入できるED治療薬として挙げられる商品は、精力剤や漢方などです。

精力剤や漢方も勃起不全を解消するための有効成分が配合されているため、徐々に体質変化させて改善させることも期待できます。

しかし、即効性があるわけではないので、時間をかける必要があります。

速攻性を求める方はバイアグラやレビトラの治療薬をはじめとするPDE5阻害薬を使用しましょう!





処方箋なしなら通販で購入がオススメ

前述の通り、基本的に市販ではED治療薬(PDE5阻害薬)を購入できませんが、通販サイトを利用すれば処方箋なしでも購入できます。

個人輸入代行サービスをご利用の場合、バイアグラ(シルデナフィル)やレビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、ステンドラ(アバナフィル)など様々なPDE5阻害薬を取り扱っているため、自分の好きなものが見つかるはずです!

個人輸入代行通販サイトの別の利点としては、自宅で好きなときに注文でき、さらに病院で処方されるよりも安く購入できる点です。

PDE5阻害薬を早く入手したい場合は、通販サイトの利用も十分魅力的ですので、前向きにご検討ください!




PDE5阻害薬の副作用は?治療の作用と禁忌を解説

PDE5阻害薬の副作用は?治療の作用と禁忌を解説の見出し画像

PDE5阻害薬を使用すると、EDの改善を期待できますが、一方で治療による副作用や禁忌もあります。

どのような点に注意しなくてはいけないのか、内容を把握しておくのも重要なので紹介します!



一般的な副作用は?体への影響が知りたい!

PDE5阻害薬は勃起不全改善だけでなく、前立腺肥大による排尿障害の改善も見込めます。

しかし、間違った服用方法や過剰に摂取すると副作用が発現する場合があります!

代表的な症状をまとめましたので、ご確認ください。

ED治療薬(PDE5阻害薬)代表的な副作用
  • 消化不良
  • 下痢
  • 胃炎
  • 頭痛やめまい
  • 過敏症
  • 発疹など

狭心症などで心臓に疾患がある方の場合は命の危険もあります!

不安がある方はED治療薬を使用する前に医師に相談しましょう。




pde5阻害薬の併用禁忌

PDE5阻害薬を使用する際は、併用禁忌があるので把握しておくべきです。

下記に該当する医薬品とは併用してはいけません。

  • 硝酸剤及びNO供与剤
  • sGC刺激剤
  • CYP3A4を強く阻害する薬剤

これらの薬品と併用すると降圧作用によって体に悪影響が生じる可能性もあります!

もし、この薬品をすでに使用しているなら、PDE5阻害薬は服用しないようにしましょう。





まとめ

まとめ見出し画像

バイアグラ(シルデナフィル)やシアリス(タダラフィル)ED治療薬(PDE5阻害薬)は、勃起不全を改善に導くことができます。

しかし、副作用などのリスクもあるため、使用する前に自身の体調や薬の特徴について把握しておくことも大事です!

ED改善は自分の体と相談して慎重に行うようにしてくださいね。

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました