ED治療薬と併用禁忌薬の注意点!副作用が起こる恐れとは

ED治療薬の併用禁忌薬は少なくなく危険なものもあります。安全のため服用する前に一部の心臓の薬や高血圧の薬、向精神薬や抗生剤などバイアグラやレビトラ、シアリス、ジェネリックの禁忌薬を知っておかなければいけません。

お薬通販部スタッフ[監修]

ED治療薬と併用禁忌薬の注意点!副作用が起こる恐れとは

「ED治療薬と飲み合わせしない方がいい薬って何があるの?」

「ED治療薬と併用禁忌薬を同時に服用してしまうといったいどうなるの?」

と不安に考えた経験ってありませんか?

薬の副作用って怖いですよね?

私もED治療薬と他の薬を飲み合わせするって考えただけでなぜだか物凄く不安に感じたことがありました。

ですがED治療薬と併用禁忌薬についての知識を深めて注意しておくだけで危険性のある副作用を避けることができるので併用禁止薬に対する恐怖がなくなりました。

この記事を最後まで読んでいただくことでED治療薬と併用禁忌薬についての注意点について学ぶことができるので一緒に頑張って知識を深めていきましょう。

ED薬と一緒に飲むと危険な薬って?飲み合わせが知りたい!

ED薬と一緒に飲むと危険な薬って?飲み合わせが知りたい! 見出し画像

「間違えてED治療薬と一緒に飲んでしまって副作用で脱毛だけにはなりたくない」

そう考える男性って少なくないと思います。

ED(勃起不全)の治療には、有効な薬がありますが、ED薬は他の薬と一緒に服用すると危険があるのです。

ここでは、ED薬と一緒に飲むと危険な薬について紹介していきますね。

ニトログリセリン系薬剤ニトログリセリン系薬剤は、心臓の痛みを和らげるために使用される薬です。
これらの薬剤とED薬を一緒に服用すると、急激な低血圧を引き起こす可能性があります。
また、心臓発作のリスクも高くなることが示されています。
アルファブロッカー薬剤アルファブロッカー薬剤は、高血圧や前立腺肥大症の治療に使用されます。
これらの薬剤とED薬を一緒に服用すると、急激な低血圧を引き起こす場合があります。
抗凝固薬剤抗凝固薬剤は、血液が凝固しにくくなるよう働きます。
これらの薬剤とED薬を一緒に服用すると、予期せぬ出血を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
また、出血の症状を持っている場合は、ED薬の使用を避ける必要がありますね。
ニコチン酸ニコチン酸は、コレステロール値を下げるために使用される薬です。
これらの薬剤とED薬を一緒に服用すると、低血圧や脱力感を引き起こす可能性があります。
※併用禁忌

 まずは、以上の4つに気をつけてED治療薬との併用を避けていきましょう。


ED治療薬と硝酸系薬剤との飲み合わせに注意!

特にED治療薬は硝酸系薬剤との併用は絶対に避けなければなりません。

硝酸系薬剤とは、狭心症や心筋梗塞などの心臓病の治療に使われる薬で、ニトログリセリンやイソソルビドなどが代表的です。

これらの薬は血管を拡張して血圧を下げる作用がありますが、ED治療薬も同様に血管を拡張して勃起を促します。

そのため、両者を併用すると血圧が急激に下がり、失神やショック、死亡に至ることもあります。

硝酸系薬剤は錠剤だけでなく、貼り薬やスプレー、注射などにも含まれていることがありますので、注意が必要です。

また、重度の不整脈の治療に使われるアミオダロンやHIV感染症の治療に使われるリトナビルなどもED治療薬と併用禁忌になります。

これらの薬はED治療薬の代謝を阻害し、体内に残留する時間を延ばします。

その結果、ED治療薬の効果が強く出過ぎたり、副作用が増強されたりする恐れがあります。

バイアグラと抗生物質の飲み合わせの危険性

バイアグラと抗生物質の飲み合わせの危険性 見出し画像

「抗生物質とバイアグラの飲み合わせってどうなるの?」

と考えたことってありますか?

抗生物質とバイアグラの飲み合わせなんて想像しただけで恐ろしい副作用があるとおもいませんか?

結論から申しますと、抗生物質とバイアグラの同時摂取には、重大な健康リスクがあることが報告されています。

具体的には、抗生物質が特定の酵素を阻害することにより、バイアグラの代謝を遅らせ、血中に過剰なバイアグラが蓄積される場合があるのです。

これにより、低血圧や心臓発作、中毒性ショック症候群などの深刻な副作用が発生する可能性があるので必ず注意していきましょうね。

また、抗生物質が体内に取り込まれると、腸内細菌のバランスが崩れ、便秘や下痢などの消化器系の問題が引き起こされます。

それに対してバイアグラは、血管を拡張して血流を増加させるため、消化器系に対する影響が懸念されます。

抗生物質とバイアグラを同時に摂取する場合には、消化器系のトラブルが起こりやすくなる恐れがあるのです。


バイアグラの禁忌薬は何?

バイアグラは、ED(勃起不全)治療薬として広く知られていますが、以下の人たちはバイアグラを使用する前に注意が必要です。

注意事項
  • 高血圧である場合
  • 正常な血圧に比べて低血圧である場合
  • 不整脈または心臓疾患を持っている場合
  • 肝臓や腎臓の問題を抱えている場合
  • 眼疾患(緑内障など)を持っている場合

また、これらの薬剤を使用している場合も、バイアグラを使用することは禁忌とされています。

バイアグラの併用禁忌
  • ニトログリセリン(心臓病の治療薬)
  • アミルニトリット(心臓病の治療薬)
  • レイノー病の治療薬
  • ポピュラーな薬脂肪肝の治療薬シルデナフィル

これらの薬剤との併用は、重篤な副作用を引き起こす可能性があるので注意していきましょう。


麻酔でバイアグラはいったいどうなる?

「麻酔の状態でバイアグラをするといったいどうなってしまうんだろう」

そのように考えた経験ってありませんか?

結論から申しますと麻酔を受けた場合、バイアグラが効果を発揮するかどうかには個人差があります。

麻酔によって神経が鈍くなり、勃起に必要な刺激が伝わりにくくなるため、バイアグラの効果も低下することが考えられます。

ただし、軽度の麻酔であれば影響が少なく、効果がある場合もあります。


シアリスとデパスの飲み合わせは?一緒に飲んではいけない薬は?

シアリスとデパスの飲み合わせは?一緒に飲んではいけない薬は? 見出し画像

シアリスとデパスは異なる種類の薬剤であり、それぞれの薬剤は異なる効果を持ちます。

シアリスは勃起不全治療薬であり、デパスは抗不安薬です。

ただし、シアリスとデパスを併用する場合は、副作用に注意する必要があります。

併用の副作用
  • ディズィー
  • めまい
  • ふらつき
  • 吐き気
  • 頭痛

などが報告されています。

深刻な健康問題
  • 低血圧
  • 急性狭心症
  • 心筋梗塞
  • 不整脈
  • 失神

また、深刻な健康問題も報告されています。

このため、医師の指示に従い、シアリスとデパスを併用する場合は注意が必要になります。

デパスとシアリスの副作用のリスクについて

デパスは不安や緊張を和らげる抗不安薬で、睡眠導入剤としても使われます。

シアリスはED(勃起不全)の治療薬で、血管を拡張して血流を増やします。

この二つの薬を併用する場合は、以下の点に注意が必要ですね。

  • デパスとシアリスを併用すると、血圧が過度に下がる危険性があります。
    これはシアリスとデパスの成分が相乗的に血管を拡張するためです。
    低血圧や脳血管障害のある方は特に注意が必要です。
  • デパスとシアリスを併用すると、眠気やふらつきなどの副作用が増強される可能性があります。
    これはデパスの催眠作用や筋肉が緩む作用がシアリスの血管拡張作用によって強まるためです。
  • 運転や重機操作など危険な行動は避けるべきです。
  • デパスは依存性が高く、長時間服用すると効果が減少したり、中止すると離脱症状が出たりすることがあります。
    シアリスは依存性はないですが、EDの原因や心身の状態によっては効果が出ない場合もあります。
    どちらの薬も医師の指示に従って服用し、自己判断で増減や中止しないようにしましょう。

以上のことから、デパスとシアリスの併用はリスクが高いと言えます。

デパスを服用している方は、シアリスを飲む前に必ず医師に相談してください。


シアリスと風邪薬バファリンなど抗生物質の併用はダメなの?

まず、シアリスはED(勃起不全)の治療薬で、血管を拡張して血流を増やす作用があります。

バファリンは解熱鎮痛薬で、アスピリンとアセトアミノフェンの配合剤です。

風邪薬は、総合感冒薬や咳止め、去痰薬、うがい薬などがありますが、どれも風邪の症状を和らげるために使われます。

シアリスとバファリンや風邪薬の併用については、以下のことに注意する必要があるので注意していきましょう。

  • シアリスとバファリンを併用すると血圧が過度に下がる危険性があります。
    これはシアリスとバファリンの成分が相乗的に血管を拡張するためです。
  • シアリスと風邪薬を併用する場合は、風邪薬の成分によっては注意が必要です。
    例えば、風邪薬に含まれるニトログリセリンや亜硝酸アミルなどの硝酸剤は、シアリスと併用禁忌です。
    また、風邪薬に含まれるケトコナゾールやクラリスロマイシンなどの抗菌剤は、シアリスの効果を増強する可能性があるため、併用注意です。
  • 以上のことから、シアリスとバファリンや風邪薬の併用はダメな場合が多いと言えます。
    シアリスを服用する際には、他の薬や食品との飲み合わせに注意してください。
    また、より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師に相談してください。



レビトラと危険性がある飲み合わせとは

レビトラと危険性がある飲み合わせとは 見出し画像

レビトラを服用している場合、以下のような薬剤との併用は危険な可能性があります。

レビトラの併用禁忌
  • ニトログリセリンやアミルニトリットなど、心臓病治療薬に含まれる硝酸塩薬
  • ニトロプルシドと呼ばれる血圧降下薬
  • マクロライド系と呼ばれる抗生物質クラリスロマイシンやエリスロマイシン
  • CYP3A4阻害薬と呼ばれる一部の抗HIV薬、抗真菌薬、抗悪性腫瘍薬など

これらの薬剤との併用は、血圧の急激な低下や心臓発作などの健康リスクを引き起こす可能性があります。


レビトラの併用禁忌薬や副作用について

レビトも併用禁忌薬によって副作用が起こる可能性が十分にあります。

併用禁忌薬や副作用については以下の通りです。

併用禁忌薬
  • ニトログリセリン製剤、イソソルビドダイニトレート、ニトロプルシドナトリウムなど一部の硝酸剤(NO供与剤)を使用している患者さん
  • リトナビル、インダビルなど一部のHIV治療薬を使用している患者さん
  • クラリスロマイシン、リファンピシンなど一部の抗生物質を使用している患者さん
  • アルファブロッカーと呼ばれる高血圧や前立腺肥大症の治療薬(ドキサゾシン、プラザシン、フルナリジンなど)を使用している患者さん(併用する場合、用量に十分注意する必要がある)
主な副作用
  • 頭痛
  • ほてり
  • 動悸
  • めまい
  • 目のかすみ
  • 鼻づまり
  • 嘔吐



ジェネリック医薬品にも同様の併用禁忌薬がある

ジェネリック医薬品にも同様の併用禁忌薬がある 見出し画像

ジェネリックにも同様に併用禁忌薬があるのをご存知でしょうか?

その事実を知らずにジェネリックと併用禁忌薬を服用してしまうと強い副作用に悩まされる可能性があるので注意していきましょうね。

ED治療薬ジェネリック医薬品にも先発薬と同様の併用禁忌薬があります。

主成分が先発薬と同じなので当たり前といえば当たり前のことなのですが、薬の形状やフレーバーが違うことで飲みやすくなっているため、併用禁忌薬に対する注意がおろそかになりがちです。

特に海外製のED治療薬のジェネリック医薬品には、フルーツやチョコレート風味の経口ゼリーや清涼飲料水感覚で飲める発泡錠があるので十分に気をつけましょう。

レビトラの併用禁忌薬として一部の抗HIV薬も挙げられています。

HIV感染症やAIDSでも、カクテル療法を受けていればセーファーセックスは可能ですが、精神的あるいは抗HIV治療薬の副作用でEDを発症することがあります。

レビトラも個人輸入代行などで容易に手にいれやすくなっていますが、HIV感染症で投薬治療を受けている人は、必ずHIVで診察を受けている医師の指示に従ってください。


疾患または病状での使用が禁忌なジェネリック医薬品とは

EDジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じく、血管を拡張して陰茎に血流を増やす作用を持ちますが、その作用によって血圧を下げる副作用もあります。

そのため、一部の疾患や病状。脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な心血管系疾患の既往歴がある場合での使用が禁忌となっています。

具体的には、以下のような場合になるので気をつけましょう。

  • 重度の肝機能障害や腎機能障害がある場合
  • 低血圧や高血圧の状態がある場合
  • ニトログリセリンや亜硝酸アミルなどの硝酸剤やNO供与剤を服用している場合
    (これらの薬剤と併用すると危険なほど血圧が下がる可能性がある)
  • タダラフィルやシルデナフィルなどの成分に対して過敏症の既往歴がある場合


まとめ

まとめ 見出し画像

いかがでしたか?ED治療薬の飲み合わせには注意が必要です。

そして以下がED治療薬と使用禁忌薬の注意点についてのまとめになります。

ED治療薬と一緒に飲むと危険な薬なので覚えておくようにしましょうね!

ED治療薬の併用禁忌
  • ニトログリセリン系薬剤
  • アルファブロッカー薬剤
  • 抗凝固薬剤
  • ニコチン酸
  • 抗生物質とバイアグラは重大な副作用が起こる可能性がある
  • 麻酔とバイアグラは軽度だと問題がない可能性はあるが効き目が強いとバイアグラの効果が薄まる
  • ED治療薬と硝酸系薬剤の飲み合わせは血圧が下がることによる失神や死亡による恐れがあるので服用を避けましょう
  • デパスとシアリスやデパスとレビトラは相互作用でリラックス状態で勃起効果が期待できるがデパスに依存性があるので複数回の服用には注意が必要
  • シアリスとバファリンと風邪薬の併用は血圧の低下など副作用が大きい場合がある
  • 脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な心血管系疾患の既往歴がある場合はジェネリック医薬品でも服用を避けましょう

以上の注意点を参考にして正しくED治療薬を使いこなし、最高のセックスライフを楽しんでいきましょう。

この記事を書いた人

吉村 宏樹

生年月日:1979/06/16 趣味:競馬 野球/サッカー観戦※大谷翔平と中田翔大好き 格闘技も見る 生い立ち:健康食品メーカー出身 サプリの開発に携わっていた 3ヶ月に一度日本に帰る

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

お役立ちコンテンツ

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました