バイアグラの原理や作用機序は?PED5を阻害する仕組みを解説!

バイアグラの原理やメカニズムを詳細に解説!EDの原因であるPDE5を阻害する仕組みまで徹底解説いたします。バイアグラが実際に効くのか疑問を持っているか方はぜひご覧ください。

EDについて ED治療薬 バイアグラ ED

最終更新日:2024.05.14

お薬通販部スタッフ[監修]

バイアグラの原理や作用機序は?PED5を阻害する仕組みを解説!

バイアグラはEDの治療薬として普及しており、勃起不全に悩んでいる多くの方を救ってきました。

バイアグラは現在でも世界中で使用されており、発売以来ヒットを続けています!

しかし、バイアグラの効果は実証されていても

治療薬としての原理やメカニズムなどはどうなっているのか?

と疑問を感じている人もいるのではないでしょうか?

バイアグラはPED5を阻害することが大きな特徴ですが、「PDE5を阻害する」とはどういうことなのか詳細に解説いたします!


バイアグラの作用機序(仕組み)やメカニズムは?

バイアグラの作用機序(仕組み)やメカニズムは? 見出し画像

バイアグラの効果をしっかり知っておけば「いざ服用!」という際にも安心ですよね。

どのような作用機序(仕組み)となっているのか把握しておくとバイアグラに対する不安も解消されるので、心理的なハードルも下がるかもしれません。

それでは、バイアグラの効果について紹介します!

PDE5阻害作用 

バイアグラはPDE-5阻害薬に分類される医薬品です。

PDE-5は勃起を鎮める際に放出される酵素であり、陰茎海綿体の血管を収縮する効果があります。

本来は射精後にPDE-5が放出されることによって勃起を抑えて元の状態に戻す働きがありますが、EDの場合は勃起する前からすでに放出されている状態です。

そこでバイアグラを服用すると、EDの主な原因であるPDE-5の働きを抑制し、性的な刺激を受けた陰茎海綿体への血流を促進させます。その結果、中折れを含めたED症状を改善することができるのです!

バイアグラはEDの主な原因「PDE-5」の働きを阻害してEDを改善する!



陰茎海綿体内cGMP増大作用

上記のようにPDE-5がたくさんあるとcGMPが分解されてしまい、海綿体への血流促進が阻害され、上手く勃起できなくなってしまいます。

そこで、バイアグラを服用することでPDE-5の働きが抑制され、その結果cGMPも分解されることなく効果を発揮できるため、海綿体への血流も改善されて力強い勃起が可能になります。

陰茎海綿体内のcGMPの分解を阻害することで、力強い勃起が可能に!



海綿体弛緩増強作用

バイアグラを服用すると海綿体平滑筋が弛緩されます!

勃起するためには陰茎の血管の集合体である海綿体が弛緩され、血流が増加しなくてはいけません。

しかし、EDの方の場合はPDE-5の影響で海綿体の弛緩が上手く行えないために血流が増加せず、勃起不全となっているケースもあります。

繰り返しになりますが勃起するためには、血流の流れを良くしなくてはいけないので、海綿体弛緩の増強作用はとても重要です!

バイアグラに含まれている有効成分シルデナフィルは海綿体の弛緩効果を発揮させる!



海綿体圧増強作用

バイアグラには、海綿体圧増強作用が期待できます!

血流が改善されて海綿体圧が上昇すると勃起するため、海綿体圧の増強は勃起にとって重要な要素です。

一般的に骨盤神経が刺激されることで、一酸化窒素放出されて海綿体圧が増強されます。

しかし、EDの場合は骨盤神経が刺激されても一酸化窒素による反応が上手くいかず、自然に増強できません。

しかし、バイアグラに含まれる有効成分シルデナフィルは骨盤神経への刺激がなくても海綿体圧を増強します!

陰茎海綿体圧を上げることでED改善に導く!



ED治療薬としての作用機序 (仕組み)

ED治療薬としての作用機序 (仕組み) 見出し画像

バイアグラがED治療薬として有効であることはご理解していただけたかと思います!

次はバイアグラが誕生した歴史や市場に出回った背景についてチェックしてみましょう。
それぞれの内容について紹介します!

バイアグラが誕生した歴史

バイアグラは今でこそED治療薬として活用されていますが、もともと勃起不全の薬として開発されていたわけではありません!

バイアグラはもともと血流促進の効果があったことから、1900年代の初めに狭心症の治療薬として開発が進められていました。

しかし、何度も臨床試験や研究を繰り返しても狭心症への満足な治療効果は確認できず、結果的に研究は中止になりました。

しかし、参加していた被験者から、バイアグラの有効成分シルデナフィルによる勃起促進効果が報告されたことで、狭心症からEDの治療薬として研究が進められることになったのです!

そして、研修と開発によってバイアグラは正式にED治療薬として承認され、1998年に世界的な製薬会社ファイザー社から販売されました。


バイアグラが市場に出回った背景

バイアグラがアメリカでの大ヒットをきっかけに世界中の市場に出回ったのは、EDに悩む男性が多かったという背景もあるでしょう。

当時、勃起不全や性的不能は秘めたる恥辱として世の男性を苦しめており、治療薬が待望されていました。

しかし、1900年代後半まで有効な治療薬は存在していなかったため、EDを改善する術がありません……

だからこそ、ファイザー社がバイアグラの開発を推し進め、1998年にED治療薬として販売した際、人気が爆発したのです!

日本でもアメリカで販売された翌年から医療機関が認可して国内でも入手できるようにことから、ED治療薬を多くの男性が待ち望んでいたことが分かりますね。

バイアグラは現在でも大人気ED治療薬として販売されており、クリニックや通販サイトで購入できるようになっています!



バイアグラの副作用は?注意すべき点を解説

バイアグラの副作用は?注意すべき点を解説 見出し画像

バイアグラはED改善効果が認められた世界初の医薬品です。

ED改善のための大きな味方といえるでしょう!

ただ、バイアグラを服用する際は注意すべきポイントもあるため、しっかり把握しておく必要があります。

どのような注意点があるのか内容を紹介しますので、ぜひご確認ください!

代表的な副作用を紹介

バイアグラを服用することで起こり得る症状はいろいろあります。

代表的な副作用をまとめましたので、ご覧ください。

代表的な副作用
  • めまい
  • 顔のほてり
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 鼻詰まり
  • 動悸
  • 消化不良

バイアグラは血流を促進させるため、成分の効果が大きく発揮されると体に違和感を覚えるケースがあります。


副作用が生じても多くの場合は3〜6時間程度で落ち着き、症状が悪化するのは大変稀です!

しかし、1日経っても頭痛が治らない場合や顔のほてりが治まらないのなら、病院やクリニックに受診するようにしましょう。

副作用が気になる場合は症状を放置するのではなく、適切な処置をしてもらうようにしましょうね!



飲み合わせに注意しよう

バイアグラと併用して飲むことで副作用が強くなり、体調に悪影響が生じる医薬品があります。

そのため、バイアグラを服用する際は飲み合わせにも注意しておく必要があります!

飲み合わせで注意すべき薬は以下のものです。

飲み合わせ注意
  • α遮断薬
  • イトラコナゾール
  • クラリスロマイシン
  • フェニトイン など

上記の薬とバイアグラを一緒に服用すると、思わぬ症状が発現してしまう可能性があります。

飲み合わせは十分に注意してくださいね。

併用に注意するお薬は下記サイトで詳細に掲載されておりますので、気になる方はご覧ください。

バイアグラの商品画像
バイアグラ史上初のED治療薬として世界中で使用されています。


1箱:7,200円~



バイアグラの併用禁忌は?

バイアグラを他の薬と併用すると、上記で紹介したように思わぬ危険性が生じます。

特に、うつ病改善の薬を服用中の方や脳梗塞や心筋梗塞を患った方はバイアグラを使用すると命に関わることも!

普段継続して服用している薬がある方は、バイアグラを服用する前に併用禁忌に該当しないかチェックしましょう。

自分で判断できない時は、医者に相談すると確実ですね。

代表的な併用禁忌
  • アミオダロン
  • 硝酸イソソルビド
  • ニコランジル
  • ニトログリセリン
  • ニプラジロール
  • リオシグアト など


まとめ

まとめ 見出し画像

バイアグラの作用機序や副作用の内容を紹介してきましたがいかがでしたか?

バイアグラは優秀な医薬品ですので、服用するとED改善の期待できますが、一方で副作用の危険もあります。最初は病院やクリニックに行って処方された成分量で服用することがおすすめです。

自分に合った服用量が分かった後に、お薬通販部などの通販サイトで購入すると安く購入できるので、良いかもしれませんね!

EDにお悩みの方は一度バイアグラを試してみませんか?

きっと満足のいく効果を得ることができますよ。

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました