• トップ
  • 男性の悩み
  • ダポキセチン!早漏防止薬を使ってみた結果!効果の持続時間や副作用を解説

ダポキセチン!早漏防止薬を使ってみた結果!効果の持続時間や副作用を解説

ダポキセチンは早漏防止薬に配合される成分です。この記事ではダポキセチンの効果や実際にダポキセチンを使用した方の口コミを合わせて紹介いたします。早漏防止薬に興味のある方はぜひご覧ください。

早漏 男性の悩み

最終更新日:2024.02.20

ダポキセチン!早漏防止薬を使ってみた結果!効果の持続時間や副作用を解説


「早漏防止薬って本当に効くの?」

「イかなくなる薬のおすすめは?」

そんなお悩みを抱える男性に、とっておきの早漏防止薬がダポキセチンです。

ダポキセチンを服用した方からは、

「早漏が治った!」

「射精までの時間が長くなった!」

という声がたくさん聞かれます。

今回はそんなダポキセチンを使ってみた結果や持続時間、購入方法など詳しく解説していきます。

また実際に使ってみた人の口コミも紹介しますので、早漏で悩まれている方は参考にしてくださいね!


ダポキセチンってなに?いかなくなる薬の効能や使用方法は?

ダポキセチンってなに?いかなくなる薬の効能や使用方法は?の見出し画像

ダポキセチンとは、世界各国で早漏治療薬として使われている薬の有効成分で、安全性と高い効果が認められられています。

そもそも早漏とは、挿入後30秒間射精を我慢できない状態や、1分~3分しかもたない状態を指します。

そうなると自分自身もパートナーも、充実した性生活を送るのは難しくなってしまいますよね。

「すぐいってしまう……」

と気になり出した方は、ぜひダポキセチンで早漏の悩みを解決しましょう。

ここでは、ダポキセチンがどうして「イかなくなる薬」と呼ばれるのか、そして効果的な使用方法についても解説していきます。

イきにくくなる薬ダポキセチンを使用して、早漏の改善を目指したいという方は参考にしてくださいね!




早漏防止薬としての使い方!遅延効果とは?

本来は抗うつ剤として開発された薬ですが、うつ病患者へ投与していたところ、多くの患者に射精時間の延長という、早漏改善効果が注目されるようになりました。

安全性の高さも注目され、本来の適応外である早漏の改善目的に度々使用されるようになった経緯があるのです。

そして現在では早漏の治療薬として世界で唯一認可され、その有効性の高さから早漏の標準治療として第一選択薬になっています。

日本国内ではまだ承認されていませんが、早漏改善効果が期待できる優れた治療薬です。


ダポキセチンの正しい飲み方は?

ダポキセチンには即効性があり、服用してから30分ほどで効果があらわれ始め、1時間ほどで効果が最も高い状態になります。

このような点から、早漏対策としてダポキセチンを効果的に使用するには、性行為の1〜3時間前に服用するのがベストです。

ダポキセチンは食事の影響を受けないので、食前・食間・食後・就寝前といつでも服用可能ですが、アルコールとの併用は控えましょう。

ダポキセチンとお酒を一緒に摂取してしまうと、アルコール作用が強く出る可能性があり、吐き気・動悸・失神・悪酔い・発汗・頭痛といった症状が出ることがあるからです。

服用する際には、普通の医薬品と同様に水かぬるま湯で飲みましょう。

初めて服用する場合は、1回30mgから開始してください。効果がなく副作用もない場合は1回60mgへ増量可能です!

しかし、1日60mgを服用した場合は最低でも24時間のインターバルが必要です。

また、週に1回の服用を継続服用も推進されています。

 性行為の有無にかかわらず継続服用することで、より効果が出やすい状態になるといわれており、精神的に余裕を持つことで、早漏の克服にも繋がります!




ダポキセチンが早漏に効果がある理由

早漏の原因は、陰茎の皮膚過敏・亀頭の刺激への弱さが主として考えられていましたが、現在はそれらに加え、脳内の神経伝達物質セロトニンの不足も原因の1つとされています。

このセロトニンは興奮を抑える働きがあり、過剰な興奮を抑制することで射精までの時間を延ばす効果があります。

そのため、セロトニン不足になると性的興奮を抑えられず、射精までの時間をコントロールできなくなり、早漏になってしまうのです。

しかし、ダポキセチンは脳内のセロトニンの働きを増強させる働きがあり、性的興奮に過剰反応する脳にブレーキをかけて、射精までの時間を遅延させる効果があります。

このようにダポキセチンがセロトニンの働きを利用することで、早漏の症状を改善するのです!




ダポキセチンを使ってみた!実際の効果は?口コミも紹介します

ダポキセチンを使ってみた!実際の効果は?口コミも紹介しますの見出し

ここまでダポキセチンについてお話ししてきましたが、

「実際のところ効果はどうなの?」

と気になりますよね。

そこでここでは、ダポキセチンの効果や実際に使ってみた人の口コミを紹介していきますので、ぜひご参考ください!

早漏防止薬としての持続時間は?

ダポキセチンの効果の持続時間は、4〜5時間ほどだといわれています。

そしてダポキセチンは吸収が早いという特徴があるため、服用後30分ほどで効果があらわれ始め、1時間ほどで効果が最も高い状態になります。

しかし半減期と呼ばれる、体内に入った薬が代謝や排泄などによって半分に減るまでに要する時間が、ダポキセチンの場合1.4時間と短いため、服用から4〜5時間後はほとんど体内に成分がない状態です。

このような点から、持続時間が4〜5時間というのは、あくまでも「薬物動態的観点からの見解」と思われ、効果が実感できる持続時間は実際には長くても2〜3時間ともいわれています。

また、投与する用量が多い方が効果を実感できる持続時間は長くなると考えますが、半減期が非常に短い成分であるため、用量による大きな差はないというのが実際のところです。

そしてダポキセチンの効果は、各国で行われた臨床試験棟で立証され、明らかな早漏改善が数値として示されています。

アメリカで行われた臨床試験では、中等症から重症の早漏症男性を対象に12週間ダポキセチンを服用してもらい、性交で射精までの時間をどれだけ遅らせられるかを調査したところ、次のような効果が現れました。

【ダポキセチン摂取量】【射精まで遅延できた時間】
ダポキセチン30mg平均2分47秒
ダポキセチン60mg平均3分19秒

また海外で行われた早漏症患者6081人を対象にした臨床試験でも、ダポキセチン30mg摂取グループとダポキセチン60mg摂取グループの両グループともに、初回服用時で射精までの時間を2倍以上に延長しました。

12週間・24週間と性行為時に継続的に使用した場合でも、ダポキセチン30mg摂取グループとダポキセチン60㎎摂取グループともに、投与前と比較するとどちらも射精までの時間を3倍以上も遅延させました。

24週間適時使用後の早漏改善率は全体で72%になり、継続的に使用することで効果が増強したという結果が出ています。

さらにダポキセチンの服用により、射精コントロールに効果があったとする被験者の割合は、ダポキセチン30mgのグループで52%、ダポキセチン60mgのグループで58%になり、パートナーへのアンケートでは全体で2倍以上満足度が高まりました。

このようなことからも、ダポキセチンが早漏治療薬としての効果が証明されたといえるでしょう。




ダポキセチンが効かない場合の対処法は?

どんなにダポキセチンが優れた薬で早漏防止に効果があるといっても、全ての人に有効だとは限りません。

体質の関係でダポキセチンが効かない人や、副作用の問題から服用できないケースも考えられるでしょう。

ダポキセチンで効果を得られなかった場合には、次のような対処法が考えられます。

◉局所麻酔局所麻酔薬を陰茎に塗布することで刺激の感覚を低下させるといった改善方法です。

局所麻酔薬の主な成分は、リドカインやベンゾカインで、キシロカインリドスプレーカーマスートラロングラスト(早漏防止コンドーム)といった、塗布剤や噴霧剤、コンドームに成分が塗り込まれたものなど、さまざまな商品が販売されています。
◉抗うつ剤の成分脳内セロトニン量を増やす作用機序であるため、薬理学的には同等の効果が期待できます。

パロキセチン(商品名パキシル)やフルオキセチン(商品名プロザック)が現在抗うつ剤として主に使用されています。

早漏改善の効果は、ダポキセチンに及ぶ結果ではなく、副作用の発現率も多いことから徐々に使用される機会が減ってきています。
◉その他パーキンソン病の治療に用いられるプロラクチンは、早漏治療にも効果的とされています。

半減期も65時間と長く持続時間も長いことから、ダポキセチンよりも即効性があるといわれています。

しかし本来はパーキンソン治療薬のため、重篤な副作用の発現も考えられるため、注意が必要です。商品名は、カベルゴリン・カバサール・カドルリンなどがあります。

この他にも、ハイパフォリンと呼ばれるセイヨウオトギリの抽出物に含まれる成分で、抗うつ作用を持つとして注目されています。

セロトニン量を増加させる働きで、早漏にも効果が期待できますが、同時にノルアドレナリン量も増やすので効果は強くなく、一般的にはサプリメントに含まれている成分です。

早漏効果を期待できる商品を、上記以外にいくつか紹介していきますので、ダポキセチンが効かない人も、次の方法を検討してみてくださいね。

【商品名】【商品写真】【主成分】【商品説明】
スーパーカマグラスーパーカマグラの商品写真・シルデナフィル
・ダポキセチン
早漏防止効果とEDの改善効果を併せ持つ治療薬です。
ED・早漏、両方の症状に悩む方におすすめします。
VigRXディレイワイプスVigRXディレイワイプスの見出し画像・サンショウオイル
・牡丹エキス
シートタイプの早漏防止剤で、感度を鈍らせて射精までの時間を延長します。
天然成分を使用しているので、副作用の心配もありません。
スーパーヒーローディレイセラムスーパーヒーローディレーセラムの見出し画像・シクロペンタシロキサン
・ジメチコン
・ポリメチルシルセスキオキサン
・ジメチコノール
スプレータイプの早漏防止用のセラムです。
他の早漏防止用の外用剤とは異なり、局所麻酔成分が含まれていません。
内服薬やコンドームとの併用も可能なので、より挿入時間を引き延ばすことも可能です。
メガマックスコンドームメガマックスコンドームの商品写真・ベンゾカイン早漏防止用のコンドームです。
有効成分のベンゾカインがコンドームの裏側だけに塗布されています。
性的刺激を鈍らせて射精を遅延させることが可能です。




ダポキセチンの口コミや体験談を紹介!

ここからは、有効成分ダポキセチンが配合された、早漏防止薬の口コミを紹介します。

実際に使ってみた人は、どんな効果が出たのか一緒にみていきましょう。

彼女はイキにくい、俺は早漏れ、そんなカップルにはピッタリだと思います。

普段は5分くらいで終わってしまうのですが、20分ほど続きました。

こんなんが効くのかよ?!と半信半疑でしたが、ぜんぜん持ちがイイ!

欠点は、副作用の嘔吐感が、かなり強い事です。

少し喉が渇くのと、汗が出るのが副作用でしょうか。

妻にも「激しい!」「いつもより長い!」など言ってもらえるくらいになり、自信が持てるようになりました。

30mgでまあまあ60mgで別世界、開発者に感謝、早漏でない男性は、こんなふうに楽しんでたんだあ。 

ちゃんと効くけど副作用がきつい。 自分の場合はお酒飲んでからが多いので、アルコールとの相性が悪いみたい。 

今までは1分もたたずでしたが、これを飲むと5〜6分は耐えられるようになりました。 

このように、ダポキセチンを実際に使ってみた人からは、早漏改善に効果が出て喜びの声が多く聞かれました。

副作用に関しての口コミは少なく、まれに喉の渇きや吐き気を感じた人がいたようです。

またアルコールを摂取した人からは、やはりダポキセチンとの飲み合わせの悪さが指摘されています。

ダポキセチンを服用する際には、用法用量を正しく守って安全に早漏対策しましょう。




早漏防止成分ダポキセチンのオススメ商品は?

早漏防止成分ダポキセチンのオススメ商品は?の見出し画像

有効成分ダポキセチン配合の早漏防止薬には、いくつか種類があります。

ここでは、その中でもダポキセチンが主成分のオススメ商品を紹介しますので、早漏防止薬の購入を検討されている方は、参考にしてくださいね。


プリリジー使ってみた!服用は食後がいいのか?副作用は?

プリリジーは早漏に効果があると医学的に証明された、世界初の経口型早漏治療薬です。

海外では臨床試験も行われており、その有効性と安全性が証明され、現在では早漏治療薬の第一選択薬として使用されています。

プリリジーは有効成分としてダポキセチンが配合されており、脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが減少することを防ぎ、射精するまでの時間を遅延させるのです。

副作用に関しても、発現率が1割未満と低いことから、あまり心配する必要はありません。

また先述しましたように、ダポキセチンは食事の影響を受けないので、食前・食間・食後・就寝前といつでも服用が可能です。

しかしお酒と一緒に摂取してしまうと、アルコール作用が強く出る可能性があるので注意しましょう。

よりダポキセチンの効果を発揮させるために、性行為の1時間〜2時間前に服用することをおすすめします。

プリリジーを服用することで、射精までの時間を通常時の3倍〜4倍に延長することが可能です。

効果の持続時間は3時間〜5時間程度で、服用から24時間後には有効成分の95%以上が体外に排出されるため、薬物依存の心配がありません。

お薬通販部でのプリリジー販売価格

【内容量】【販売価格】
プリリジー 60mg・3錠10,900円
プリリジー 60mg・6錠20,590円
プリリジー 60mg・12錠36,860円




ポゼット!危険性や気になる副作用をチェック

ポゼットは、世界初の経口型早漏治療薬であるプリリジーのジェネリック医薬品になります。

プリリジーと同等の早漏改善効果が期待できますが、ジェネリック医薬品ということで低価格なことが大きな魅力の商品です。

ポゼットもプリリジーと同様に、有効成分のダポキセチンが、セロトニンの不足を補い、興奮状態を落ち着かせて射精までの時間を遅延させ、コントロールできるようにサポートします。

効果の持続時間は約3〜5時間で、射精までの時間を通常時の3〜4倍程度も延長することができます。

ポゼットも副作用が少なく危険性も低く、なおかつコストを抑えて早漏対策ができるので、とても人気がある商品です。

ただしまれに副作用として、下痢や吐き気、喉の渇きなどが報告されています。

気分が悪くなる、めまいがする場合は、すぐに横になって気分を落ち着かせてくださいね。

ダポキセチンは吸収・代謝がいいことから半減期が短く、成分の9割以上は最大でも24時間後には体外に排出されるため、多くの場合は時間とともに症状は緩和されます。

副作用の症状が1日以上続く場合などは、無理をせず医師の診断を受けてください。

お薬通販部でのプリリジー販売価格

【内容量】【販売価格】
ポゼット 30mg・10錠1,400円
ポゼット 30mg・30錠3,990円
ポゼット 60mg・10錠1,900円
ポゼット 60mg・30錠5,410円
ポゼット 90mg・10錠2,900円
ポゼット 90mg・30錠8,270円




ダポキシーの効果とは?値段も解説!

現在、お薬通販部ではお取り扱いがありませんが、プリリジーと同量のダポキセチン60mgが配合されている、ダポキシーという早漏治療薬も販売されています。

ダポキシーは、センチュリオン・ラボラトリーズ社で製造・販売されているプリリジーのジェネリック医薬品で、プリリジーと同程度の早漏改善が期待できるといわれています。

ジェネリック医薬品ということもあり、ダポキシーは10錠で3,000円前後が相場で、低価格の設定になっているようです。

ダポキシーも残念ながら日本では未承認の医薬品のため、ドラッグストアなど市販で購入することができません。





ダポキセチンにはお得なジェネリックがある!

上記でもお話ししたように、ダポキセチンにはお得に購入できるジェネリック医薬品が販売されています。

ポゼットやダポキシーは、プリリジーのジェネリックとして早漏の症状改善に高い効果を評価されています。

コストを抑えて早漏を治療したい!

とお考えの方はジェネリックの使用を検討してみてはいかがでしょうか?


ダポキセチンを市販やAmazonなどの通販でお得に購入する方法は?

ダポキセチンを市販やAmazonなどの通販でお得に購入する方法は?の見出し画像

ダポキセチンの優れた効果を知れば、

ぜひ早漏改善に服用してみたい!

と感じていただけたのではないでしょうか。

そうなると、「ダポキセチンはどこで売ってるのか」が気になりますよね?

そこで、ダポキセチンの購入方法や、お得な入手方法についてもお教えします。

ダポキセチンの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね!



amazonでダポキセチンは買えない?どこで売ってるの?

結論からいうと、amazonや楽天といった通販や、ドラッグストアなどの市販で、ダポキセチンを配合する早漏防止薬は購入できません。

なぜならダポキセチンは、厚生労働省から早漏防止薬としての承認がないため、日本国内で販売が認められていない医薬品だからです。

そのため、ダポキセチン配合の市販薬は、日本では存在しません。

しかし、早漏治療やEDなどの性機能障害を専門に診察し、輸入販売の許可のある医療機関から処方してもらえば購入可能です。

とはいえ早漏は男性にとってデリケートな悩みだけに、医療機関の受診に一歩踏み出せないという人も少なくありません。

また、保険が効かないだけではなく、早漏防止薬の代金の他に診察代や処方箋料、通院する費用や時間がかかるため、経済的な負担が大きく続けられない人も少なくないのです。

こうなると簡単にダポキセチンは購入できないと諦めてしまいそうですが、実は2012年に輸入販売が可能になり、国内で購入できるようになりました。

海外からの海外医薬品の購入は、大きく分けて次の2通りになります。

◉個人輸入購入者と販売元の間に仲介者を置かない個人輸入で、数量が多いと薬機法に基づき、書類などの手続きが必要です。

また語学力が必要となり、交渉や輸入手続きなど一連の作業を自分でおこなう必要がありますので、時間も手間もかかってしまうデメリットがあります。
◉個人輸入代行輸入代行業者を通して、海外の医薬品を購入する方法です。

この場合は語学力も必要なく、個人輸入代行業者が手続き等を行うため、購入者は書類等の準備なども必要ありません。

このように、ダポキセチンも個人輸入代行を利用すれば、処方箋なしで簡単に購入できますので、検討してみてはいかがでしょうか。




偽物に注意しよう!安全な通販はお薬通販部!

先述したように、ダポキセチンに限らず海外の医薬品は、個人輸入代行を利用することで、手軽に購入可能です。

しかし海外医薬品を購入する際には、偽物に注意しましょう。

特に大手ではない、あまり知られていない輸入代行業者による商品や明らかに安価な商品は、偽物の医薬品であることを疑う必要があります。

偽物の中には「作用機序は似ているが、全く別の有効成分が含まれているもの」や「有効成分が全く含まれていないもの」など、悪質な偽物もあり服用によって体調が悪化したり死亡した事例もあります。

利用する業者の選別も重要ですが、購入する薬剤の形状や錠剤に印字されているマークや医薬品コードなど、細かい情報の把握も重要になりますので、偽物をつかまされないように細心の注意を払って海外医薬品を購入しましょう。

しかし医薬品の個人輸入代行をしている業者全てが、偽物を販売するような悪徳業者ではありませんので安心してくださいね!

品質の保証されたダポキセチンを購入したいとお考えの方は、ぜひお薬通販部をご利用ください。

お取り扱いしている商品は、新薬・ジェネリック等の種類を問わず、すべて製薬メーカー正規品であることを保証していますので、安心してご購入いただけます。

質問やお問い合わせも、メールやチャットで全て日本語で対応しておりますので、何かご不明な点などがありましたら、いつでもご連絡ください。




ダポキセチンの副作用!危険性は高いのか?コンドームの装着に注意!

ダポキセチンの副作用!危険性は高いのか?コンドームの装着に注意!の見出し画像

ダポキセチンは2009年の登場直後から画期的な薬剤として話題を呼び、スウェーデン・ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・などヨーロッパ諸国を中心に、世界初の内服早漏防止薬として承認・認可され販売されてきました。

実に世界の50カ国以上で早漏治療薬として許可されており、ダポキセチンは現在唯一の経口早漏防止薬成分で、副作用も少なく安全性が高いと評価されています。

しかし日本では未だ承認されないため、認知度が低く「危険性が高いのでは?」と敬遠されてしまうことがあるようです。

そこでここでは、安心してダポキセチンを使用できるように、副作用について説明していきます。





下痢や吐き気などの副作用がある!

早漏治療薬だけに限らず、医薬品には副作用はつきものであって、全く副作用が発現しない薬はありません。

ダポキセチンに関しては、早漏患者を対象とした各国での臨床試験において、また市販後報告において、確認されている副作用は以下の3つになります。

◉精神障害(不安・不眠など)この不安や不眠は、早漏への元々の不安や性的興奮による不眠などの可能性も十分に考えられるため、薬剤によるものかは断定できません。
神経伝達物質に関わる薬剤においては考えられるリスクであり、慣れることで治まる場合がほとんどです。
◉消化器障害(吐き気・嘔吐・便秘・下痢など)飲みはじめに多い症状で、セロトニンが脳の中にある吐き気や便意をコントロールする器官を刺激することで起きるものと考えられています。 
多くの場合は、使用回数を重ねることで治まっていきます。
◉神経障害(頭痛・めまいなど)神経伝達物質は血管の収縮・拡張に作用していることから、脳血管に作用することで頭痛が血圧にも少なからず関わってくるため、めまいなどの症状があらわれると考えられます。

ダポキセチンの副作用では、消化器系の障害として下痢や吐きなどの症状が比較的多く出ることが報告されています。

しかしダポキセチンの副作用発現率は1割未満といわれていることから、危険性は低いと考えられます。

実際ダポキセチンは吸収や代謝が良く、排出も早い薬剤のため最大で24時間後にはその成分の9割以上は体外に排出されてしまうのです。

そのため副作用が仮に発現した場合にも、薬学的にはそれらは24時間以内には消失することになります。

ダポキセチンにも副作用がありますが、発現率が1割未満と低いこと、そして24時間以内には副作用の症状も消失することから、過度に心配する必要はなさそうですね。

そして有効成分はベンゾカイン(局所麻酔薬)でダポキセチンとは異なりますが、この局所麻酔成分を用いて早漏改善を目的としたコンドームも販売されています。

コンドームの裏側には、知覚神経を麻痺させる効果があるベンゾカインが塗られているため、コンドームの外側と内側を間違えないように注意してください。

外側と内側を間違ってしまったり、コンドームを装着後に局所麻酔薬を洗い流さないまま女性器に挿入したりすると、女性の感覚も鈍くなってしまいます。

またコンドーム装着後に、男性器を洗わないままオーラルセックスをすると、口の中が麻痺するため注意が必要です。



効果・副作用が強いと感じた場合

ダポキセチンの効果や副作用が強いと感じた場合には、ピルカッター等を使用して1/2量・1/4量と調節してくださいね。

また副作用が強く出る場合には、健康障害にもつながるため注意が必要です。

発現率はかなり低いものになりますが、ダポキセチンを服用することで、まれにみられる副作用は以下の3つになります。

◉セロトニン症候群(体温上昇・多汗・高血圧・心拍数増加・興奮・昏睡など)過剰摂取か、注意・禁忌薬剤との併用によるものがほとんどです。

用法用量を守ることで、このような症状を避けることができます。
◉悪性症候群高熱(38度以上)・意識障害・錐体外路症状(筋肉のこわばり・四肢の震えや痙攣など)・自律神経症状(高血圧・動悸など)・横紋筋融解症(筋肉が破壊されることによる筋肉痛) などの症状が見られることがあります。
◉アナフィラキシーショック服用後短時間で全身にアレルギー症状が出る副作用です。

 蕁麻疹・咳息切れ・血圧の低下・意識障害などを引き起こすこともあります

このような強い副作用の症状が出た場合には、服用を一旦やめて、医師のアドバイスを受けることをおすすめします。




ダポキセチンの併用禁忌

ダポキセチンの併用禁忌の見出し画像

薬を服用する際には、副作用と同様に併用薬(飲み合わせ)に注意する必要があります。

なぜなら薬の飲み合わせの影響で、薬剤の作用の増強や減弱、疾患の悪化などを引き起こす可能性があるからです。

また、持病がある人や未成年などは、それらを対象とした臨床データがないため安全性に確証がなく、効果や副作用が強く出すぎたりする恐れもあるため、服用NGとなる場合があります。


併用禁忌薬とは飲み合わせが禁止されている薬のことです。

服用する薬剤や服用する対象者の状況・環境等の2種以上の組み合わせにより、重篤な副作用または効能への悪影響があるものが該当します。

併用による相互作用に化学的な根拠があるものや、根拠がなくても死亡事故や意識障害など重篤な事例が発生したものが、併用禁忌薬として採用されます。

ダポキセチンの併用禁忌薬は、以下の通りです。

  • 抗生物質(テリスロマイシンなど)
  • 抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾールなど)
  • 抗HIV薬リトナビル、サキナビル、ネルフィナビル、アタザナビルなど)
  • 副交感神経作用を持つ薬剤(アスピリンなど)
  • 抗コリン作用を持つ薬剤(向精神薬など)

このような薬とダポキセチンを併用すると、命にかかわるような重篤な症状が出ることが考えられますので、注意が必要です。



ダポキセチンの併用注意は?

併用注意薬とは、併用した際に薬剤同士の相互作用により、作用の減弱や副作用の増強といった、体に悪い影響が生じるおそれがある医薬品のことを指します。

ダポキセチンの併用注意薬は、以下の通りです。

  • 抗うつ薬・三環系抗うつ薬(チオリダジン、パキシル、ネファゾドンなど)
  • PDE5阻害剤・ED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリスなど)
  • 血管拡張作用のある医薬品(ED治療薬を含む)
  • セロトニン作動性をもつ成分
  • 抗血栓薬(ワーファリンなど)
  • 抗不整脈(キニジン・シメチジン)
  • 抗てんかん薬(フェニトイン・フェノバルビタールなど)

また、グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸が、成分の分解を遅らせてしまい必要以上に吸収されて、ダポキセチンの効果や副作用を増強する恐れがあります。

そのため、ダポキセチンをグレープフルーツジュースで服用するのは控えてくださいね。

ダポキセチンを安全に服用するためにも、注意事項をしっかり理解しましょう。




うつ病患者などには服用してはいけない

そしてダポキセチンは安全性の高い薬とはいえ、誰でも服用できる訳ではありません。

うつ病患者の方をはじめ、ダポキセチンの服用がNGのケースがあります。

下記に該当する方は、ダポキセチンの服用が禁止されていますので、もし該当する場合には服用を控えてくださいね。

  • 未成年の方
  • 65歳以上の方
  • 抗うつ剤を服用中の方
  • てんかん等の精神疾患がある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 重度の虚血性心疾患の方(狭心症・心筋梗塞)
  • 不整脈がある方
  • チオリダジンを服用中の方

セロトニン量の増減は、循環器やホルモン分泌に影響を及ぼす恐れもあるため、高血圧や前立腺肥大、緑内障といった疾患を持っている人は、持病の症状が悪化する恐れもあるため注意が必要です。

上記以外にも服用できない方や、服用の際に注意が必要なケースがありますので、医師に相談のうえ服用を開始しましょう。




まとめ

まとめの見出し画像

ここまでダポキセチンについて、いろいろお話ししてきましたが、早漏防止にとても有効であることを、お分かりになっていただけたでしょうか。

高評価の口コミも多く、継続的に使用している人も世界的に多く、高いリピート率を誇っている早漏防止薬といっていいでしょう。

日本では未承認で市販されていませんが、先述しましたようにお薬通販部を利用することで、ダポキセチンを手軽にご購入いただけます。

早漏症で悩んでいる方や性行為に満足していない方、不安がある方は、ぜひダポキセチン配合のプリリジーやポゼットを試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

お役立ちコンテンツ

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました