当店オススメED治療薬
簡単購入ガイド
編集者
お薬通販部スタッフ

フルニル

ジェネリック

star (2件)

フルニルを注文する

フルニル 10mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 87 29円 2,900
200錠 165 27円 5,500
300錠 234 26円 7,800
フルニル 20mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 99 33円 3,300
200錠 192 32円 6,400
300錠 285 31円 9,530
フルニルは、インタスファーマによって開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)です。
従来のうつ病治療薬と比較して副作用が少ない点が特徴で、プロザックのジェネリック医薬品です。うつ病以外にも、強迫性障害や不安障害や月経前不快気分障害(重度の月経前症候群)でお悩みの方の症状を改善します。

お薬通販部では、フルオキセチン10mg/20mgの購入が可能となっております。
効果
うつ病改善
有効成分
塩酸フルオキセチン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
インタスファーマ

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

フィナクス+ミノクソール(各200錠)
男性薄毛治療薬
販売価格:12,150円
(1セット 12,150円~)
カマグラゴールド
ED治療薬
販売価格:1,500円
(1錠 146円~)
シアリス
ED治療薬
販売価格:13,210円
(1錠 2,642円~)
メガリス
ED治療薬
販売価格:1,920円
(1錠 389円~)
ミノキシジルタブレット
男性薄毛治療薬
販売価格:5,080円
(1錠 35円~)

フルニルの商品詳細

フルニルの特徴

フルニル(フルオキセチン)は、大うつ病、強迫性障害、神経性過食症、パニック障害、月経前不快気分障害の治療に用いられる医薬品です。
フルオキセチンはセロトニンの再取り込みを阻害して、気分の落ち込み改善や意欲を高める効果があります。

参考文献:RxList「フルオキセチン」(英文による翻訳)

フルニル

フルニルの効果

フルニルは、気分や睡眠パターン、食欲、そしてエネルギーレベルを改善するための薬です。
日々の生活に対する興味や活力の回復、恐怖心や不安、余計な思考、パニック、発作の改善効果があります。さらに、強迫的な行動を抑える効果や、月経前症候群の症状を軽減する効果、過食症による過食や排泄行動を抑制する効果も期待できます。

フルニルの有効成分

フルニルの主成分はフルオキセチンです。
フルオキセチンはセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という種類の医薬品で、脳内で情報伝達をする時に使われる物質=セロトニンが脳内で再び取り込まれるのを阻止し、結果として脳内のセロトニンの量を増やします。
これがうつ病や強迫性障害、神経性過食症といった症状の改善につながります。

有効成分 フルオキセチン
分類 セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の一種
機能 脳内の神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害し、セロトニンの量を増やす
効果 神経伝達の調節を行うことで、大うつ病性障害、強迫性障害、神経性過食症、パニック障害、月経前不快気分障害などの症状を改善

参考文献:日経メディカル「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」

フルニルの有効成分

フルニルの適応症状

症状 フルニルの効果
大うつ病性障害 気分やエネルギーレベルの改善、恐怖や不安の減少
強迫性障害 強迫観念による思考や不安の軽減、反復的な行動や儀式の減少
神経性過食症 過食発作やそれに対する嘔吐や過度の運動などの行動の軽減
パニック障害 パニック発作の数を減少
月経前不快気分障害 月経前の症状軽減

参考文献:RxList「フルオキセチン(用途)」(英文による翻訳)

フルニルの適応症状

フルニルの含有量・内容量

1箱100錠入りとなっています。

フルニル1錠あたりフルオキセチンを10mg配合する商品と20mg配合する商品があります。

製薬会社

インタスファーマ(Intas Pharmaceuticals)

インタスファーマはインド製薬業界で10位に数えられる大手医薬品企業です。
インド国内のみならず世界70ヶ国以上で事業展開をしています。
男性型脱毛症(AGA)に有効とされる成分を含有する「ロニタブ」「フィナロ」が人気商品です。

フルニルの医薬品説明書

フルニルの先発薬「プロザック」の製品モノグラフ(医薬品説明書)です。

※製品モノグラフとは、市販薬の基準承認の根拠となるもので、OTC医薬品として許容される有効成分、用量、剤型およびラベル表示についての情報が含まれています。

プロザックの医薬品説明書
クリックでPDFが表示されます
タップでPDFが表示されます

フルニルの有効成分「フルオキセチン」の臨床試験結果1.

選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)による大うつ病の青年に対する認知行動療法(CBT)のランダム化比較試験では、両方の治療効果か認められているものの、中等度から重度のうつ病の若者に対しては、治療を行っても転帰は改善しなかったと結論づけられています。

参考文献:選択的セロトニン再取り込み阻害剤によって治療された大うつ病の青年における認知行動療法のランダム化比較試験。 ADAPT 試験 - PubMed

フルニルの有効成分「フルオキセチン」の臨床試験結果2.

うつ病青年に対するフルオキセチン、認知行動療法(CBT)、およびそれらの組み合わせ: うつ病青年治療研究 (TADS) ランダム化比較試験を行いました。
その結果、フルオキセチンとCBTの組み合わせは、大うつ病性障害を持つ青年にとって、利益とリスクの間で最も有利なトレードオフをもたらしました。

参考文献:うつ病青年に対するフルオキセチン、認知行動療法、およびそれらの組み合わせ: うつ病青年治療研究 (TADS) ランダム化対照試験 - PubMed

フルニルの関連商品

サインバルタ
メンタルヘルスケア
販売価格:4,730円
(1錠 168円~)
トフラニール
メンタルヘルスケア
販売価格:2,800円
(1錠 50円~)
パキシル
メンタルヘルスケア
販売価格:4,500円
(1錠 144円~)
シタロプラム
メンタルヘルスケア
販売価格:1,500円
(1錠 47円~)
トラザロン
不眠症・睡眠薬
販売価格:6,680円
(1錠 66円~)

プロザックと他のジェネリックの費用比較

(2024年4月現在)
フルニル プロザック サインバルタ
区分 ジェネリック 先発薬 ジェネリック
価格 1錠25円~ 1錠167円~ 1錠169円~
個数 100錠~ 28錠~ 28錠~
1箱あたりの金額 25円~ 167円~ 169円~
成分名 フルオキセチン フルオキセチン デュロキセチン塩酸塩
製薬会社 インタスファーマ イーライリリー イーライリリー

フルニルの用法用量

フルニルの服用方法

フルニルの服用方法は次のとおりです。

病状 初回 調整 注意点
大うつ病性障害 1日1回20mg服用 必要であれば20mg単位で増薬可能 1日の服用上限は80mg
強迫性障害 1日1回20mg服用 必要であれば20mg単位で増薬可能 1日の服用上限は80mgだが、60mg以内の服用を推奨
神経性過食症結果 1日1回60mg服用 必要であれば増薬可能 -
パニック障害 1日1回10mg服用 必要であれば20mg単位で増薬可能 1日の服用上限は60mg
月経前不快気分障害 1日1回20mg服用 必要であれば増薬可能 1日の服用上限は80m

フルニルの服用時の注意

フルニルの服用時の注意は下記のとおりです。

注意事項 解説
服用量の変更 急激な服用量の増減は避けてください。
若年成人や青年のリスク 18〜24歳の場合、フルオキセチンの使用により臨床症状が悪化したり、自殺念慮のリスクがあります。
アレルギー反応 フルオキセチン使用中に異常なアレルギー反応(発疹や血管炎)が発生した場合、直ちに使用を中止してください。
出血リスク フルオキセチンと非ステロイド性抗炎症薬、アスピリン、または凝固に影響を与える薬剤の併用には注意が必要です。
双極性障害のスクリーニング 双極性障害の検査を行い、躁状態や軽躁状態の活性化に注意してください。

参考文献:日本うつ病センター「Lesson3:抗うつ薬を服用するポイント」

フルニルの副作用

効果や副作用を強く感じる場合や副作用の頻度が気になる方、症状が治まらない方は様子を見て服用を中止してください。

一般的な副作用
  • 睡眠の問題
  • 奇妙な夢
  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 視力の変化
  • 震え
  • 不安
  • 緊張感
  • 痛み
  • インフルエンザの症状
  • ほてり
  • 口渇
  • 下痢
  • 嘔吐 など
重大な副作用
  • かすみ目、トンネル視野、目の痛みや腫れ、または光の周りにハローが見える。
  • 心拍数が速い、またはドキドキする、胸が高鳴る、息切れ、突然のめまい。
  • 重度の頭痛、混乱、ろれつが回らない、重度の脱力感、嘔吐、調整能力の喪失、不安定感を伴う体内のナトリウム濃度の低下。
  • 硬直した筋肉を伴う重度の神経系反応、高熱、発汗、錯乱、速いまたは不規則な心拍、震え、気を失いそうな感覚。 など
その他の副作用
  • 蕁麻疹
  • 呼吸困難
  • 顔、唇、舌、喉の腫れ
  • 喉の痛み
  • 皮膚の痛み
  • 水疱や皮むけを伴う赤または紫色の皮膚発疹
  • パニック発作
  • 衝動性 など

参考文献:RxList「フルオキセチン(副作用)」(英文による翻訳)

フルニルの副次的作用

フルニルを服用することでうつ症状が和らぎ、以下のような副次的作用が期待できます。

治療効果 副次効果
気分の改善 肯定的な感情の回復と楽しみの再認識
睡眠パターンの正常化 エネルギーの獲得と疲労感の軽減
食欲の正常化 適切な栄養摂取と健康状態の向上
恐怖心・不安の軽減 社会的状況への対処能力の向上
強迫行動の抑制 ストレス・不安の軽減と心地よい生活
月経前症候群の症状軽減 日常生活の快適さの向上
神経性過食症の抑制 健康的な食事関係と適切な体重管理

フルニルの使用上の注意

フルニルの服用に注意する人

下記に該当する方で誤って服用した場合は速やかに医療機関に受診しましょう。

禁忌事項 詳細
ピモジドまたはチオリダジンの服用者 -
授乳中の人 -
MAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬)と併用している人 -
リネゾリドまたは静注メチレンブルーを治療中の人 セロトニン症候群のリスク増加
薬物乱用に影響される人 -
青年および若年成人(18〜24歳) 自殺念慮の可能性
セロトニン作動薬と併用している人 セロトニン症候群のリスク増加
NSAID、アスピリン、凝固に影響を与える薬剤と併用している人 出血リスク

フルニルの併用注意

下記はフルニルと併用して服用するにあたり、注意が必要なお薬です。

フルニル併用薬 注意事項
MAOI(モノアミン酸化酵素阻害薬) フルニルとMAOIを同時に服用すると、セロトニン症候群と呼ばれる深刻な症状が引き起こされる可能性があります。MAOIを服用中の場合、フルニルの服用は禁忌です。
トリプタン(片頭痛の治療薬)や他のセロトニン作動薬 フルニルとトリプタンなどの他のセロトニン作動薬を併用すると、セロトニン症候群のリスクが増加する可能性があります。この組み合わせは臨床的に保証されておらず、注意が必要です。
NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)やアスピリンなどの凝固に影響を与える薬 フルニルとNSAIDやアスピリンなどの凝固に影響を与える薬を併用すると、出血のリスクが増加する可能性があります。血小板の凝集が損なわれる可能性があるため、注意が必要です。

フルニルの併用禁忌

フルニルを服用してはいけない人

次の人は、フルニルを服用しないでください。
該当する人が、この薬を使用することにより副作用が強く出る場合があります。

服用禁止ケース 理由
母乳育児中の場合 フルニルは母乳に移行し、授乳される乳児に影響を及ぼす可能性があるため
リネゾリドまたは静注メチレンブルーで治療中の方 これらの薬物との併用はセロトニン症候群のリスクを増加させるため
フルオキセチンに対して過敏症の反応がある 過敏症の反応は体に危険を及ぼす可能性があり、フルニルの服用は適せず

フルニルの併用禁忌薬

フルオキセチン(フルニル)の併用禁忌薬は以下のとおりです。

服用してはいけない人
  • ピモジドまたはチオリダジン(フルオキセチン服用後5週間以内)
  • MAOI(モノアミン酸化酵素阻害剤)との共同服用またはフルオキセチン中止後5週間以内

誤って服用してしまった場合は速やかに医療機関に受診してください。

参考文献:RxList「フルオキセチン(警告と注意事項)」(英文による翻訳)

フルニルの保管方法と取り扱い上の注意

フルニルの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
 冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
 誤って服用する可能性は避けましょう。

フルニルの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください。
 効果が発現しない場合や、身体に影響をおよぼす恐れがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
 成分の作用により、性質の変化や形状が変わる恐れがあります。

フルニルの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

形状・剤形

経口服用タイプのカプセル剤

対象性別

うつ病・不安障害治療を目的とした成人男性・女性

メディカルガイド

>>うつ病とは
うつ病とは、気分障害の一種であり、憂うつな気分が続いたり、さまざまな活動への意欲が低下したりといった心理的症状の他、不眠症や食欲低下といった身体的症状などが発現する精神障害です。
うつ病の原因、主な症状、治療薬について総合的な説明をしています。

>>不安障害とは
不安障害とは、パニック障害、恐怖症、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)といった心理的症状などが発現する精神障害です。
不安障害の原因、主な症状、治療薬について総合的な説明をしています。

発送・梱包

発送国

・インド
・シンガポール
・香港

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

フルニルのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

フルニルの口コミ

star 3.5 (2件)
star ばなな 36歳
2019/01/04
気持ちの浮き沈みが激しく、うつ症状もありこちらのお薬を飲み始めました。気分のムラが穏やかになり落ち着いてきています。価格も安いので助かっています。 
star トマト 29歳
2018/12/28
不安障害持ちです。病院にいくのもつらい時があるのでネットで購入できて助かりました。フルニルを服用し始めてから症状がだいぶ収まり安定しています。

口コミ投稿

口コミの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようになっております。
口コミを投稿されるにはログインしてください。
担当スタッフの確認後、問題が無ければ掲載させて頂きます。
添付された画像は運営側でサイズ変更した上での掲載となる旨ご了承下さい。

※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。