コルヒチンタブレット

(4件の口コミを見る)

コルヒチンタブレット
コルヒチンタブレット
コルヒチンタブレットとは、Surepharm Services社が開発した痛風の発作を抑えるためのお薬です。
また、痛風の発作だけでなく家族性地中海熱やベーチェット病にも応用されています。

有効成分のコルヒチンは、イヌサフランという植物の種子の成分です。
その歴史は古く、以前から痛風発作時の特効薬として使われてきました。

最近では、痛風発作時の特効薬としてだけではなく、家族性地中海熱やベーチェット病に用いられることが多くなりました。
特に家族性地中海熱の基本治療においては、コルヒチンは欠かせない存在となっています。

お薬通販部では、0.5mgの購入が可能となっています。
効果
痛風の緩和、家族性地中海熱などの改善
有効成分
コルヒチン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Surepharm Services
在庫
ただいま品切れ中です。
入荷時期:未定
以下の類似商品もご覧ください。
  • ザイロリック:有効成分はアロプリノールで痛風や高尿酸血症による高尿酸症の治療に使用される代表的な医薬品です。
  • アロプリノール:ブリストール・ラボラトリーズ社が製造・販売するザイロリックのジェネリック医薬品です。

コルヒチンタブレットを注文する

コルヒチンタブレット 0.5mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 92 30円 3,090
200錠 176 29円 5,870

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

コルヒチンタブレットの商品詳細

特徴

痛風発作の原因は関節にたまった尿酸です。基本的にどんな人でも尿酸は体の中にあり、血液とともに循環し尿とともに体外に排出されます。

ところが、何らかの原因で尿酸がうまく排出されなくなり、関節の中にたまってしまいます。溜まった尿酸を異物と判断した白血球が尿酸を攻撃する事によって痛風は発症します。
痛風発症時には激しい痛みと腫れを伴います。
コルヒチンには、白血球が関節内に集まるのを抑える作用があり、痛風の初期段階で用いると効果的です。

家族性地中海熱は、遺伝性の病気だとはわかっていますが、その発症メカニズムについては知られていません。

症状としては発熱や疼痛を伴います。
地中海沿岸地域でよくみられる病気ですので日本では珍しい病気ですが、放置すると機能障害に発展することがあるため、早期の治療が必要です。
根本的な治療法はありませんが、コルヒチンが9割以上の確率で症状を回復させることがわかっています。

ベーチェット病は白血球の働きが異常に亢進して発症します。症状は治りにくい口内炎ができる、皮膚や外陰部、目などに炎症を生じるといったものです。
日本人に多くみられるため、私たちにも身近な病気の1つです。

コルヒチンには、白血球の働きを弱めたり、白血球が集まるのを抑えたりする効果があり、ベーチェット病の治療に有効だと知られています。

効果

白血球が関節内の尿酸に作用するのを抑え、痛風の発作を症状を抑えます。
また家族性地中海熱やベーチェット病にも効果的とされています。

適応症状

コルヒチンタブレットは、下記の方におすすめです。

・痛風にお悩みの方
・家族性地中海熱に悩みの方
・ベーチェット病にお悩みの方

有効成分

有効成分はコルヒチンです。
コルヒチンは、イヌサフランという植物の種子の成分です。

含有量・内容量

1箱100錠入りとなります。

コルヒチンタブレットにはコルヒチン0.5mgが含有しています。

製薬会社

Surepharm Services

コルヒチンタブレットの用法用量

服用方法

■発作時
1回1錠(主成分として0.5mg)を3〜4時間ごとに、1日6〜8回服用しますが、年齢・症状により適正増減されます。
なお、1日量は1.8mgまでにとどめることが望ましいとされており、1日6〜8錠の服用は多いことがあります。医療機関から指示された服用方法を必ずお守りください。

■発作予防
1日1〜2錠(主成分として0.5〜1mg)を服用します。

■発作予感時
1回1錠(主成分として0.5mg)を服用します。

■家族性地中海熱
1日に1錠(主成分として0.5mg)を1回または2回に分けて服用します。状態により適宜増減されますが、1日量は1.5mgまでとされています。通常、小児は、1日主成分として0.01〜0.02mg/kgを1回または2回に分けて服用します。状態により適宜増減されますが、1日量は0.03mg/kgまでとされています。

いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。

コルヒチンタブレットの副作用

主な副作用

主な副作用として、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛、発疹、全身のかゆみ、発熱、脱毛、血尿、乏尿などが報告されています。
このような症状が出た場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

稀ですが、再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症、ミオパチー、末梢神経障害などの報告がされています。

コルヒチンタブレットの使用上の注意

服用に注意する人

次の人は使用に注意してください。

・肝障害のある患者
・腎障害のある患者
・高齢者
・衰弱の著しい患者

併用注意

併用に注意するものがあります。

・肝代謝酵素CYP3A4を阻害する薬剤等
・P糖蛋白を阻害する薬剤

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・肝臓又は腎臓に障害のある患者で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤、またはP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性

コルヒチンタブレットの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
・子供の手の届かない所に保管してください。誤って服用する可能性は避けましょう。

コルヒチンタブレットの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

痛風の緩和を目的とした成人男性・女性

コルヒチンタブレットの発送・梱包

発送国

・香港

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

コルヒチンタブレットのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

コルヒチンタブレットの口コミ

NANA (39歳)
2019/09/12
尿酸値が高いといわれたために服用を開始しました。お酒が好きでいつまでもビールを飲んでいたいので、これ以上尿酸値を上げないようにしないといけません!
トーキング (42歳)
2019/09/11
おととしの健康診断で高尿酸血症と指摘され、1年間飲み続けたところ昨年はひっかかりませんでした。価格が安いので継続しやすいのがうれしいです。
シンゴ (51歳)
2019/04/25
痛風の発作に効くとのことで使用してみると、本当に楽になりました。期待していなかったのですが、いい意味で裏切られましたね!
神田 (49歳)
2019/04/19
うーん。本当にみんな効いているのでしょうか?自分には全く効果がわかりませんでした。痛風の発作も良くならず、期待はずれでした。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品