アロプリノール

(5件の口コミを見る)

アロプリノール
アロプリノール アロプリノール アロプリノール
アロプリノールは、尿酸値を下げる作用がある薬です。

同じく尿酸値を下げる効果があるザイロリックのジェネリック薬で、イギリスのブリストール・ラボラトリーズ社が製造・販売しています。

アロプリノールの有効成分は名称と同じくアロプリノールです。
尿酸の生成を抑制する効果があります。

お薬通販部では、100mgの購入が可能となっています。
効果
高尿酸血症の改善、痛風の予防
有効成分
アロプリノール
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
ブリストール

アロプリノールを注文する

アロプリノール 100mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
84錠 89 35円 2,970

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

アロプリノールの商品詳細

特徴

尿酸とは、遺伝子を構成するDNAとエネルギーを担当するATPが分解されると尿酸ができます。
ほとんどの動物では尿酸は分解されて、体内に溜まることはありません。

しかし、人間と一部の霊長類は尿酸を分解する酵素を作る遺伝子が欠損しており、尿酸が溜まってしまうのです。
普通、人の体内では一日0.6gの尿酸が作られます。

この尿酸は、血液と共に腎臓に運ばれ、尿として排出されます。
尿酸の量は毎日一定に保たれていますが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇すると、体の中へと蓄積していきます。
蓄積した尿酸は、ナトリウムと結合して尿酸塩を作り出します。

この尿酸塩が関節の内面に付着して起きるのが「痛風」という病気です。
尿酸塩は関節の内面に付着しますが、激しい運動や暴飲暴食、ストレスなどをきっかけにして尿酸塩が剥がれ落ちます。

この時、激しい痛みが起こるのが痛風発作です。
痛風発作は症状がいったん収まっても、再び起こり、再発を繰り返します。

まるで骨が折れたかと思うような激痛が、何度も襲ってくるのです。
痛風を防いだり改善するには、尿酸を体の中に溜めこまないことが大切なのです。

アロプリノールは、尿酸を作る酵素の働きを阻害して尿酸が作られるのを抑えます。
尿酸の生成量を抑えることで、血液中の尿酸を減らし、尿酸塩が蓄積することを防ぎます。
血液中の尿酸値を減らすことで、痛風の症状を緩和させることが可能です。

しかし、完治するわけではありません。
暴飲暴食など不規則な生活をすると、痛風が再発することがあるため注意が必要です。
水分を多めにとる、アルコールを節制するなど、普段からの心がけも大切にしましょう。

アロプリノールを使用すると、一時的に痛風発作が強くなることがあります。
また、慢性腎臓病など腎臓の機能に障害がある場合、アロプリノールが正常に排泄されず、血液中の濃度が上昇して肝機能障害といった副作用が出やすくなることがあります。

肝疾患を持っている方も注意が必要なため、医師に相談の上使用を検討して下さい。

効果

体内で尿酸が生成させるのを抑え、血液中の尿酸の量を低下させる効果があります。

適応症状

アロプリノールは下記の方におすすめです。

・痛風にお悩みの方
・高尿酸値症にお悩みの方

有効成分

有効成分は、アロプリノールです。
薬理作用から、キサンチンオキシダーゼ阻害薬に分類されています。

含有量・内容量

1箱84錠入りとなります。

アロプリノールにはアロプリノール100mgが含有しています。

製薬会社

GSKファーマ

アロプリノールの用法用量

服用方法

1日の服用量は成人で200~300mgを2、3回に分けて経口投与しますが、年齢や症状により適宜減量します。
お薬の飲み始めに尿酸の結晶が溶け出して一時的に痛風の症状が強く表れる場合があり、初めの1週間は1日1錠の少ない量から始め、尿酸値を計測しながらゆっくり下げていくことも重要です。

間接にたまった尿酸が排出されると痛みが治まっていき発作が起こらなくなります。

飲み忘れた時は気づいた時に早めに服用し、もし次の服用時間が近い場合は1回分飛ばすようにし2回分をまとめて飲まないようにしてください。

アロプリノールの副作用

主な副作用

主な副作用として、発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛などが報告されています。
このような症状が出た場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

稀な副作用として中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、剥脱性皮膚炎などの重篤な皮膚障害または過敏性血管炎、薬剤性過敏症症候群、ショック、アナフィラキシー、再生不良性貧血などの血液障害、劇症肝炎などの重篤な肝機能障害、黄疸などが報告されています。

アロプリノールの使用上の注意

併用注意

併用に注意するものがあります。

・メルカプトプリン水和物、アザチオプリン
・ビダラビン
・クマリン系抗凝血剤
・クロルプロパミド
・シクロホスファミド水和物
・シクロスポリン
・フェニトイン
・キサンチン系薬剤
・ジダノシン
・ペントスタチン
・カプトプリル
・ヒドロクロロチアジド
・アンピシリン

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

アロプリノールの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
・子供の手の届かない所に保管してください。誤って服用する可能性は避けましょう。

アロプリノールの商品情報

商品情報

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

痛風の治療を目的とした成人男性・女性

アロプリノールの発送・梱包

発送国

・香港

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

アロプリノールのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

アロプリノールの口コミ

タカフジ マリソル (34歳)
2020/05/29
買いたいです この薬 どしても 欲しい
ノーフェイク (47歳)
2019/09/17
お恥ずかしながら夫婦で体重100kg超え、夫婦で痛風です。主人の痛風発作を見てあんな目にあいたくないので、服用を始めました。今のところ無事に済んでいます。今のうちに少しでも痩せておこうと思います。
ネーブル (46歳)
2019/09/13
健康診断で尿酸値8.1が出てしまったため、通販で購入しました。飲む前から発作は出たことがありません。薬が効いているのかわかりませんが、引き続き飲み続けます。
孝子 (44歳)
2019/04/26
なかなか下がらない尿酸値。もうどうしたらいいのかと思っていましたら、なんとこれのおかげでいい変化がありました。この調子で頑張りたいです。
次郎 (42歳)
2019/04/23
高尿酸症でずっと尿酸の値が高くて悩んでいました。一体どういう仕組みなのかわかりませんが、尿酸の値が減ってきているのにはびっくりです。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品