フェブリク

(4件の口コミを見る)

フェブリク
フェブリク
フェブリクは、サンファーマが開発した高尿酸血症、痛風の治療薬です。
フェブリク錠のジェネリック医薬品となります。

フェブリク錠は、尿酸値を低下させる作用があることから、「尿酸降下薬」「高尿酸血症治療薬」とも呼ばれています。
高尿酸血症治療薬のひとつであるザイロリックが発売されて以来、約40年ぶりとなる尿酸生成抑制剤として世界的に注目されました。
現在も高尿酸血症や痛風の治療を行う際の第一選択薬として、多くの医療機関で使用されています。

お薬通販部では、40mg/80mgの購入が可能となっています。
効果
痛風、高尿酸血症改善
有効成分
フェブキソスタット
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
サンファーマ

フェブリクを注文する

フェブリク 40mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 149 49円 4,980
フェブリク 80mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
50錠 124 83円 4,150
100錠 236 78円 7,880

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

フェブリクの商品詳細

特徴

高尿酸血症とは、尿酸値が一定値を超えることで痛風や尿路結石などを引き起こす病気です。

具体的には、性別や年齢に関係なく、尿酸値が7.0mg/dlを超えている場合に高尿酸血症と診断されます。
尿酸は、主に肉類や魚介類に多く含まれるプリン体から生成される老廃物の一種です。
生成量と排泄量は一定のバランスに保たれているため、通常は7.0mg/dl未満に抑えられています。

しかし、体内のプリン体が過度に増加した場合、あるいは腎機能の低下に伴い排泄機能が衰えている場合に、尿酸の総量が増加することがあります。

その結果、尿酸値が上昇し、高尿酸血症を招きます。
プリン体は食品に含まれている成分であることから、高尿酸血症の原因は食生活にあると思われがちですが、遺伝的な要因で起こるケースもあります。

さらに、この状態が長く続くと痛風を発症するリスクが高まります。
痛風は、体内に蓄積し、結晶化した尿酸によって発作的に激しい痛みが生じる病気です。

特に足の指の付け根に症状が現れやすく、「風に吹かれただけでも激しく痛む」ということから痛風と名づけられたという経緯があります。
人によっては約1週間で自然に症状が治まりますが、油断して治療を怠ると重症化したうえで再発する可能性があります。

また、結晶化した尿酸が腎臓に蓄積している場合は尿路結石や腎障害、生活習慣病と合併した場合は動脈硬化など、痛風以外の病気を引き起こすこともあります。
フェブリクは、尿酸の生成を阻害して高尿酸血症や痛風を治療・予防します。

有効成分のフェブキソスタットが、尿酸の生成に必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼの作用を阻害します。
この作用によって尿酸の生成量を抑制し、尿酸値を低下させるという働きがあります。

尿酸値が高く痛風が心配だという方、今まさに痛風の症状にお悩みの方におすすめの製品です。

効果

フェブリクは、尿酸の生成を阻害して高尿酸血症や痛風を治療・予防します。

適応症状

フェブリクは、下記の方におすすめです。

・痛風にお悩みの方
・高尿酸血症に悩みの方
・尿酸値が高い方

有効成分

有効成分のフェブキソスタットが、尿酸の生成に必要な酵素であるキサンチンオキシダーゼの作用を阻害します。
この作用によって尿酸の生成量を抑制し、尿酸値を低下させるという働きがあります。

含有量・内容量

1箱50錠/100錠入りの2種類があります。

フェブリクにはフェブキソスタット40mg/80mgを含有した2種類があります。

製薬会社

サンファーマ

フェブリクの用法用量

服用方法

1日1回主成分として10mgから服用を始め、血中尿酸値を測定してもらいながら、2週間以降に1日1回20mg、6週間以降に維持量として1日1回40mgなど、必要に応じて徐々に増量されます。

状態により適宜増減されますが最大服用量は1日1回60mgです。

本剤は1錠中に主成分を10mg含有します。

この薬を服用中に痛風発作(痛み)が起こっても、自分の判断で勝手に薬の量をかえたり、中止したりしないで医師に相談してください。
飲み忘れた場合は、気がついた時、できるだけ早く1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間が近い場合は1回飛ばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。
2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合はかかりつけの医師にご相談ください。

フェブリクの副作用

主な副作用

主な副作用として、痛風関節炎、関節痛、四肢不快感、四肢痛、下痢、倦怠感などが報告されています。
このような症状が出た場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

稀な副作用として肝機能障害、過敏症の報告がされています。

フェブリクの使用上の注意

併用注意

併用に注意するものがあります。

・ビダラビン
・ジダノシン

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者

併用禁忌薬

この薬と併用してはいけません。

・メルカプトプリン水和物(ロイケリン)
・アザチオプリン(イムラン、アザニン)

フェブリクの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて保管してください。
・子供の手の届かない所に保管してください。誤って服用する可能性は避けましょう。

フェブリクの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

痛風や高尿酸血症の治療を目的とした成人男性・女性

フェブリクの発送・梱包

発送国

・インド
・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

フェブリクのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

フェブリクの口コミ

鉄火場大好き (57歳)
2019/09/11
人間ドックで尿酸値が7.2と出たため、服用を開始しました。まだ発作が起きたことはありませんが、起きないまま改善するように飲み続けたいと思います。
塚本 (64歳)
2019/09/11
一度でも痛風の発作を体験すれば、飲まない理由がありません。定期的に飲むことで発症を抑えてくれるので、絶対に飲み忘れないように注意しています。
サンド (45歳)
2019/04/25
痛風を患っていて本当に身体がしんどくて辛い時が多々あります。これのおかげで乗り切れていると言っても過言ではないくらい助けられました。
カミュ (48歳)
2019/04/24
正直言うと、症状が普段より酷い日はこれに頼ってもなんともならないときがあります。もっと安定して効いてくれるとこちらとしては嬉しいのですが…。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品