トラマドール

(2件の口コミを見る)

トラマドール
トラマドール
トラマドールは、アポテックス社が開発した低用量鎮痛剤です。

トラマドールの特徴は、即効性が非常に早く、摂取後に脳内オピオイドを分泌させるため、強烈な痛みを軽減させることが期待されています。

癌性の痛みをはじめ、各種手術後に発生する痛みを沈痛させるためにも使用されているため、信頼がおける強力な鎮痛剤と考えられます。

お薬通販部では、50mgの購入が可能となっています。
効果
鎮痛、癌症状の緩和、術後の痛みの緩和など
有効成分
トラマドール塩酸塩
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
7~14日
対象性別
男女兼用
製薬会社
アポテックス

トラマドールを注文する

トラマドール 50mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
20錠 57 95円 1,900
40錠 108 90円 3,610
60錠 153 85円 5,130

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

トラマドールの商品詳細

特徴

トラマドールは副作用などが起こりにくく、多くの方々に支持されている優秀な鎮痛剤です。
解熱鎮痛剤としてはNSAIDsなどが大変有名ですが、トラマドールの場合は、それらでは抑えることができない痛みにも作用します。

トラマドール自体、脳内麻薬と呼ばれるオピオイドを分泌させることからも、医療用麻薬と思われている節もありますが、モルヒネなどとは違って医療用麻薬ではないので、安心して利用することが可能です。
生物がさまざまな痛みを感じる場合、脊髄または神経から届いた痛覚刺激を脳が処理して初めて“痛み”として、それらを認識します。
結果的には、痛覚刺激が作用しなければ、それらを痛いと感じることはなくなる、ということにも置き換えられるでしょう。

トラマドールは、それら痛みを感じにくくさせるオピオイド受容体に作用しますが、特に鎮痛作用を持っている、「オピオイドμ受容体」を刺激することで知られています。
痛覚刺激が脳に伝わる前に、「オピオイドμ受容体」が刺激されることにより、本来の痛みを感じにくくさせることが期待されているのです。
脳には鎮痛作用を持つのはオピオイド受容体だけではなく、「下行性疼痛抑制系神経」と呼ばれる神経も存在しています。
「下行性疼痛抑制系神経」は、セロトニンやノルアドレナリンなどのホルモンによって活性化する神経であるこで知られており、セロトニンやノルアドレナリンが多く分泌されていると、より活性化して痛みを抑えます。

トラマドールは、これらセロトニンなどが吸収されて脳内で不活性なる状況を防ぐため、結果的に「下行性疼痛抑制系神経」の活性化に繋がり、鎮痛作用をもたらすと考えられています。

効果

トラマドールの効果は、強力な鎮痛作用があります。がんの痛みで辛い方などが使用しています。またがんの方だけでなく、腰痛症や変形性関節症など慢性的な強い痛みも抑える効果があります。

適応症状

トラマドールは下記の方におすすめです。

・がんによる痛みでお悩みの方
・慢性的な痛みにお困りの方
・モルヒネのような強い鎮痛剤をお探しの方
・ペットのガンの痛みを軽減させたい方

有効成分

トラマドールの有効成分は、トラマドール塩酸塩です。がんなどの痛みや慢性的に継続する痛みに対しての鎮痛効果があります。人間だけでなく、犬や猫のがんにも適用されています。

含有量・内容量

1箱20錠入りとなっています。

トラマドールにはトラマドール塩酸塩50mg含有しています。

製薬会社

アポテックス

トラマドールの用法用量

服用方法

トラマドールは、通常1日に100~300mgを4~6時間の間隔で、4回服用します。1日限度量は、400mgです。水またはぬるま湯で服用してください。

推奨用量

トラマドールは、症状や年齢、体格によって用量は異なります。基本は1日100~300mgを、4回に分けて服用します。初回は、1回25mg、4回で100mgの服用をおすすめします。
使用期間は医師または薬剤師にご相談の上、ご使用ください。非常に効き目のある薬になっています。副作用などは他の薬に比べると少ないと言われていますが、使用方法を守って服用するようにしてください。

服用時の注意

トラマドールは、軽度の痛みに効果があります。中度~高度の痛みをお持ちの方は、他の薬を試してみてください。
1回服用したら次の服用まで4~6時間は必ず間隔を空けてください。
1日の限度量を必ず守ってください。400mgを超えないようにしてください。

トラマドールの副作用

主な副作用

頭痛、傾眠、食欲減退、便秘、悪心、嘔吐、浮動性めまいなどです。これらの副作用が強く出る場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

トラマドールの使用上の注意

服用に注意する人

トラマドールの服用に注意が必要な方は、有効成分にアレルギー反応が出る方です。また、重度の肝臓病、腎臓病、てんかん、高齢者の方などは、まず医師にご相談後に使用してください。

併用注意

トラマドールには併用を禁止する薬が存在します。今現在服用している薬がある場合は、服用前に医師にご相談ください。また、服用中は車の運転、高所での作業、立ち作業はなるべく避けてください。

服用してはいけない人

トラマドールは、パーキンソン病でパーキンソン病の薬を服用している方の使用を禁止しています。またうつ病などで、安定剤や抗うつ剤などを服用している方も使用できません。

併用禁忌薬

トラマドールは、パーキンソン病の治療薬として使用される「セレギリン塩酸塩」が含まれる薬剤との併用を禁止しています。またモノアミン酸化酵素阻害薬、中枢神経抑制剤、セロトニン作用薬、三環系抗うつ薬の併用は禁止されています。
2週間以内に服用した薬は、すべて医師に伝えてください。

トラマドールの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光を避けて保管してください。
・高温多湿を避けて保管してください。
・子供の手が届かないところで保管してください。

取り扱い上の注意

・使用期限が切れたものは使用しないでください。
・使用方法をよく読み、用法用量をお守りください。
・使用前には必ず医師へ相談してください。

トラマドールの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

鎮痛作用を目的とした成人男性・女性

トラマドールの発送・梱包

発送国

・香港

到着目安

7~14日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

トラマドールのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

トラマドールの口コミ

スーパーマン (37歳)
2019/09/09
肉体労働者です。年々ひどくなる腰痛対策としてひどい時に飲むようにし、一時的に緩和させています。即効性があるので非常に助かります。
島倉千代子 (50歳)
2019/09/06
慢性的な肩こりの傷み、腰痛のために服用しています。以前は眠れないほどでしたが、現在は眠りにつけるようになったのでとても助かっています。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品