当店オススメED治療薬
簡単購入ガイド

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)

star (0件の口コミを見る)

グリボビンは、バングラデシュの製薬会社アリストファーマスーティカルが製造している糖尿病治療薬で、有効成分としてグリベンクラミドを含有しています。

グリベンクラミドは、インスリンを分泌する能力のある膵臓に作用し、血糖値を下げるとされている成分です。そのため、インスリン非依存型の2型糖尿病の治療薬として用いられます。

インスリン依存型の1型糖尿病には、使用できない薬剤です。ただし、食事療法や運動療法のみでは十分な効果が得られなかった場合にのみ使われます。
効果
2型糖尿病の治療、高血糖の改善
有効成分
グリベンクラミド
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Aristo Pharmaceuticals(アリストファーマスーティカル)

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)を注文する

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン) 2.5mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 84 28円 2,800

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の商品詳細

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の特徴

グリボビンは、バングラデシュの製薬会社アリストファーマスーティカルが製造している糖尿病薬です。
有効成分として、グリベンクラミドを含有しています。

スルホニル尿素系薬剤と呼ばれており、膵臓からのインスリン分泌を促す作用があるとされている成分です。
そのため、血糖値を下げる効果が期待できます。

インスリンを分泌する働きがある膵臓に作用することから、インスリン非依存型の2型糖尿病の治療に有用です。
インスリン依存型の1型糖尿病には使用できません。

本品はあくまで、食事療法や運動療法のみでは十分な効果が得られなかった場合に限って用いられる薬剤です。
服用期間中も、食事療法および運動療法を併用してください。

また、服用後に、脱力感や冷や汗、動悸、強い空腹感、震え、意識朦朧などの低血糖症状を発現する場合があります。
したがって、砂糖やブドウ糖など、血糖値を補正できるものを摂取できるように備えておくのが大切です。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の効果

グリボビンは、有効成分としてグリベンクラミドを含有しています。グリベンクラミドは、膵臓からのインスリンの分泌を促す成分です。
インスリンを分泌できる膵臓に作用するため、血糖値を下げて、2型糖尿病の改善に効果が期待できます。

食事療法や運動療法との併用で、より効率的に有効性を得やすい薬剤です。インスリン依存型の1型糖尿病には使用できません。

なお、肝機能障害、腎機能障害、脳下垂体機能不全、副腎機能不全の方などは、本品を服用前に必ず医師へご相談ください。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の適応症状

・2型糖尿病を治療したい方
・食事療法や運動療法のみで十分な効果が得られなかった糖尿病の方
・高血糖を改善したい方

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の有効成分

グリボビンに含有している有効成分のグリベンクラミドは、2型糖尿病薬に使われる医薬品です。
先発薬オイグルコンのジェネリック医薬品にあたります。

膵臓のβ細胞に働きかけてインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる効果が期待できます。
他の抗糖尿病薬と併用される場合もありますが、1型糖尿病に対して単体での使用は推奨されていません。

なお、食事療法や運動療法と併用すれば、より有効性が得やすいとされています。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の内容量・含有量

1箱あたり100錠入りとなっています。
当サイトでは2.5mgの取り扱いがございます。

製薬会社

Aristo Pharmaceuticals(アリストファーマスーティカル)

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の関連商品

その他の糖尿病・高血糖値の治療薬

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)以外の糖尿病・高血糖値の治療薬です。

グルコバイ
食後の急激な血糖値の上昇を抑える作用があり「食後過血糖改善薬」とも呼ばれます。

アクトス
タケダ社が開発したチアゾリジン系の2型糖尿病の治療薬です。

メトグルコ・ジェネリック(ゾメット)
インスタファーマ社が製造・販売している糖尿病治療薬でメトグルコのジェネリック医薬品です。

この他のBBBBBはこちら
>>糖尿病・高血糖値の治療薬

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の用法用量

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の服用方法

通常、1日量グリベンクラミドとして1.25~2.5mgを経口投与します。

必要に応じて適宜増量できますが、1日の最高投与量は10mgです。過剰な摂取でより高い効果を得られる薬剤ではありません。
思わぬ事故や重篤な副作用を防ぐためにも、用法用量を守って正しく服用してください。

また、原則1回投与の場合は朝食前または後、2回投与の場合は朝夕の食前または後に経口投与します。
なお、錠剤を分割して服用する場合は、ピルカッターを使用すると便利です。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の服用期間

オイグルコン・ジェネリックの服用期間は、特に定められていません。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の服用時の注意

万が一飲み忘れに気付いた場合は、1回飛ばして次回の服用時間に1回分を服用します。
2回分をまとめて摂取してはいけません。

服用後の副作用に、低血糖症状が挙げられます。
そのため、服用後は高所作業や車の運転など、危険を伴う機械操作はしないでください。

低血糖症状が発現しているものの意識障害がない場合、砂糖を摂取します。
ただし、α-グルコシダーゼ阻害剤を併用している場合は、ブドウ糖を摂ってください。

また、本品を服用している期間中も、食事療法や運動療法をやめてはいけません。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の副作用

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の主な副作用

・低血糖症状(脱力感、過度の空腹感、頭痛、冷や汗、動機、手足の震え、意識朦朧など)
・無顆粒球症(発熱、のどの痛み)
・溶血症貧血(ふらつき、立ちくらみ、褐色尿、疲れやすいなど)

オイグルコン・ジェネリックの主な副作用として、上記のような症状が挙げられます。このような症状が出現した場合は、無理して服用を継続せず、医師に相談してください。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の稀な副作用

・アナフィラキシー
・肝機能障害(肝酵素上昇・吐き気など)
・黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)

オイグルコン・ジェネリックの稀な副作用として、上記のような症状が挙げられます。このような症状が出現した場合は、ただちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の使用上の注意

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。

・肝機能障害のある方
・腎機能障害のある方
・脳下垂体機能不全の方
・副腎機能不全の方
・栄養不良の方
・激しい筋肉運動をしている方
・日常の飲酒量が多い方
・食事が不規則または不十分な方
・高齢の方
・別の薬剤を服用中の方
・病気治療中の方

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。

血糖降下作用が増強し、低血糖症状を引き起こす恐れがあるお薬です。
・糖尿病治療薬
・プロベネシド
・クマリン系薬剤
・サリチル酸剤
・プロピオン酸系消炎剤、アリール酢酸系消炎剤、オキシカム系消炎剤
・フィブラート系薬剤
・β-遮断剤
・シベンゾリンコハク酸塩
・モノアミン酸化酵素阻害剤
・クラリスロマイシン
・クロラムフェニコール
・テトラサイクリン系抗生物質
・シプロフロキサシン
・アゾール系抗真菌剤

血糖降下作用が減弱し、嘔気・嘔吐・脱水・呼気のアセトン臭などの高血糖症状を引き起こす恐れがあるお薬です。
・アドレナリン
・副腎皮質ホルモン製剤
・甲状腺ホルモン製剤
・卵胞ホルモン製剤
・利尿剤
・ピラジナミド
・イソニアジド
・リファンピシン
・ニコチン酸
・フェノチアジン系薬剤
・フェニトニン
・ブセレリン酢酸塩

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)を服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。

・重症ケトーシスの方
・糖尿病性昏睡または前昏睡の方
・インスリン依存型糖尿病の方
・重篤な肝機能障害および腎機能障害のある方
・重症感染症の方
・手術前後、または重篤な外傷のある方
・下痢や嘔吐など胃腸障害のある方
・ボセンタン水和物を投与中の方
・妊娠している、または妊娠している可能性のある方
・授乳中の方

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の併用禁忌薬

・ボセンタン水和物

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の保管方法と取り扱い上の注意

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

差出人名は『お薬通販部』の名称ではございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

発送国

・シンガポール

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており、誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)のよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

オイグルコン・ジェネリック(グリボビン)の口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

担当スタッフの確認後、問題が無ければ掲載させて頂きます。

※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。