全商品20%OFF クリスマスセール

ディプロベートGプラスクリーム

(0件の口コミを見る)

ディプロベートGプラスクリーム
ディプロベートGプラスクリーム
ディプロベートGプラスクリームは、さまざまな皮膚の病気によって引き起こされるかゆみや腫れ、赤みなどを緩和する外用薬です。

ステロイド成分ベタメタゾンジプロピオン酸エステルと抗生物質ゲンタマイシンが配合されています。

比較的即効性があるため、炎症などがあらわれたときに使用すると、すぐに症状を抑えることが可能です。
皮膚に異常が出やすい方は、常備しておくと安心なお薬です。
効果
皮膚感染症の改善、皮膚炎の改善
有効成分
ベタメタゾンジプロピオン酸エステル、ゲンタマイシン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Mepromax Lifesciences

ディプロベートGプラスクリームを注文する

ディプロベートGプラスクリーム 30g
内容量 ポイント 1本単価 販売価格 注文
1本 51 1,700円 1,700
2本 74 1,240円 2,480
3本 96 1,066円 3,200

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ディプロベートGプラスクリームの商品詳細

ディプロベートGプラスクリームの特徴

ディプロベートGプラスクリームは、インドのMepromax Lifesciencesが製造しているクリームタイプのステロイド剤です。

有効成分はベタメタゾンジプロピオン酸エステルとゲンタマイシンで、皮膚の病気によって引き起こされるかゆみや腫れ、赤みなどの症状を緩和してくれます。

ステロイドの作用の強さは2群の「非常に強力」に分類されるため、即効性を求める場合におすすめです。
患部に直接塗布する外用薬のため、飲み薬に比べて、副作用があらわれにくいのも特徴です。

ただし、長期の使用は推奨されていないため、2週間使用しても症状が改善しない場合は、医師にご相談ください。

また、ベタつきにくいため、扱いやすい点もメリットです。
症状が気になるときに使用するだけですので、無理なく治療ができます。

ディプロベートGプラスクリームの効果

ディプロベートGプラスクリームは、皮膚感染症や皮膚炎皮膚の病気によって起きるさまざま症状を緩和させる効果があります。

かゆみや腫れ、赤みなどの症状をすばやく緩和します。
リウマチ性疾患やリウマチ様関節炎、また、皮膚の細菌感染症などにも効果があるとされています。

症状をとる対症療法薬のため、病気の原因そのものは治せませんが、すぐに症状を抑えたいときにおすすめです。

ディプロベートGプラスクリームの適応症状

・皮膚感染症
・皮膚炎

ディプロベートGプラスクリームの有効成分

ジプロピオン酸ベタメタゾンは、皮膚の赤みやかゆみをとる効果があります。

湿疹や皮膚炎の治療に用いられます。
ゲンタマイシン硫酸塩は、アミノ糖系といわれる抗生物質です。
グラム陰性菌、ブドウ球菌、レンサ球菌などの細菌による膿痂疹に効果を発揮します。

また、けがややけどなどの細菌感染の予防と治療にも用いられています。

ディプロベートGプラスクリームの内容量・含有量

1本あたり30g入りとなっています。

製薬会社

Mepromax Lifesciences

ディプロベートGプラスクリームの関連商品

他のアトピー性皮膚炎治療薬

ディプロベートGプラスクリーム以外のアトピー性皮膚炎治療薬です。

プレドニゾロンクリーム
ハウスダスト、アトピー性皮膚炎、じんましんにも効果がある治療薬

デルモベートクリーム
ハウスダスト、湿疹、じんましん、円形脱毛症にも効果がある治療薬

プロトピック軟膏
アトピー性皮膚炎の炎症部分から吸収される治療薬

この他のアトピー性皮膚炎治療薬はこちら
>>アトピー性皮膚炎
この他のアレルギー治療薬はこちら
>>アレルギー

ディプロベートGプラスクリームの用法用量

ディプロベートGプラスクリームの服用方法

通常は、1日1〜数回適量を患部に直接塗布してください。
ガーゼなどに伸ばしたものを患部に貼付しても構いません。

指で直接塗布する場合は、清潔な指で塗布してください。
終わったら、手を洗いましょう。

ディプロベートGプラスクリームの服用期間

顔に塗布する場合は、5日間以上、繰り返して使用しないでください。
連続して2週間以上は使用しないでください。

症状が2週間後に消えない場合は、医師にご相談ください。

ディプロベートGプラスクリームの服用時の注意

ホルモンに影響を与える可能性があるため、体の広範囲に連続して使用しないでください。

薬が目に直接触れないように、注意しましょう。
誤って目に入ってしまった場合は、ただちに水で目を洗浄し、医師の診察を受けてください。

ディプロベートGプラスクリームの副作用

ディプロベートGプラスクリームの主な副作用

発疹、かゆみ、腎障害、魚鱗癬様皮膚変化、難聴、一過性の刺激感、皮膚乾燥などがあらわれる場合があります。

ディプロベートGプラスクリームの稀な副作用

ごく稀に、眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障、喉の痛みなどがあらわれることがあります。
異常を感じた場合は、すぐに医師にご相談ください。

ディプロベートGプラスクリームの使用上の注意

ディプロベートGプラスクリームの服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・妊娠中、もしくは妊娠している可能性のある人
・授乳中の人
・小児

ディプロベートGプラスクリームの併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・併用に注意が必要なお薬は、報告されていません。

ディプロベートGプラスクリームを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・成分にアレルギーのある人
・鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎の人
・細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患の人

ディプロベートGプラスクリームの併用禁忌薬

・併用が禁止されているお薬は、報告されていません。

ディプロベートGプラスクリームの保管方法と取り扱い上の注意

ディプロベートGプラスクリームの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ディプロベートGプラスクリームの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

ディプロベートGプラスクリームの商品情報

形状・剤形

軟膏、クリーム剤

対象性別

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・インド

ディプロベートGプラスクリームのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ディプロベートGプラスクリームの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

担当スタッフの確認後、問題が無ければ掲載させて頂きます。

※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。