早漏の原因や改善方法って何?基準とセルフケアの治し方を解説!

早漏改善は世の多くの男性が望むことです。この記事では早漏の基準や早漏の原因について解説したうえで、セルフケアや改善方法をご紹介いたします。

早漏 男性の悩み 男性の悩み

最終更新日:2024.02.19

お薬通販部スタッフ[監修]

早漏の原因や改善方法って何?基準とセルフケアの治し方を解説!

性行為中の女性器への挿入前、または挿入後にすぐに射精してしまう機能障害のことを言う「早漏」。

どれだけ射精が速いと機能障害に当てはまるの?

ただ早漏といっても、自身では判断が難しいですよね?

ここでは早漏にはどんな基準や定義、原因があるのか、機能障害と気づいた際にできるセルフケアや主な治療法について詳しく解説していきたいと思います!

早漏とはどんなトラブル?基準や原因など定義を押さえておこう

早漏とはどんなトラブル?基準や原因など定義を押さえておこうの見出し画像

性行為を始めてからフィニッシュまでの時間が非常に短いことを指す早漏ですが、その基準や価値観は個人差があると言えます。

どこからが早漏なのか、ここでは早漏における基準や定義についてみていきましょう。



早漏の基準と判断できるチェックポイント

自身では早漏ではないと感じていてもパートナーからの指摘やネット上のウワサ、友人同士での会話で、

「もしかしたら他人よりも早いのかもしれない…」

と不安になることもあるでしょう。

早漏の基準とこのトラブルだと判断できるチェックポイントをまとめてみましたので、自身の性行為に対する体質判断に役立ててくださいね。

  • 毎回の性行為で1分以内にフィニッシュしてしまう
  • 毎回の性行為で女性器への挿入前、挿入後に1分以内に射精してしまう
  • 自分の意思で射精したいと思うタイミングをコントロールできない



早漏の定義について

早漏の定義は国際性機能学会の研究結果と、米国泌尿器科学会にて臨床ガイドラインが報告されています。

早漏は男性器の機能のトラブル以外にも、この機能障害に気付いてから精神的なショックやコンプレックスを強く感じ、性行為自体を避けてしまう男性もめずらしくはありません。



早漏の治療が必要かどうか?基準や判断のポイント

早漏はお互いに充足感のあるセックスが楽しめないばかりではなく、将来的に子どもを持つことを考えている夫婦やカップルにとって深刻な問題・悩みとなってしまいます。

ここでは早漏に気付いた時にすぐ治療が必要なのか、基準や判断のポイントをまとめてみました。

  • 長期的(6ヶ月以上)に早漏が続いている
  • 射精までの一般的な目安時間、5~7分に満たない
  • 性経験を重ねても射精タイミングをコントロールできない
  • 早漏に対するストレス、不安を強く感じている
  • 早漏の原因が器質的(男性器の外傷や障害)ではない

早漏の治療は、

  • 肉体的・精神的の両面に強い不安やストレスがある
  • セックスを楽しみたいのに早漏が不安で避けてしまう

といった状況に治療を推奨されるケースが一般的となっています。



早漏になるのはどうしてなのか?すぐいってしまう4つの原因を解説

早漏になるのはどうしてなのか?すぐいってしまう4つの原因を解説 見出し画像

自身で射精したいタイミングを自在にコントロールできるタイプの男性もめずらしくはないため、早漏とどんな差や違いがあるのか気にしてしまうことがあるでしょう。

ここでは早漏になるのはどうしてなのか、4つの原因を詳しく解説します。



①セックスの経験不足

セックスの経験が不足していると男性器に伝わる性的な刺激に過敏に反応し、射精のコントロールができなくなり、気持ちの高ぶりがあっという間の射精につながってしまいます。

早漏はセックスの楽しみを覚え、年齢を重ねた男性よりも男性器への刺激に過敏な若年層に多く、経験不足であることが射精へのコントロールを難しくさせてしまっているのです。



②性や外見に対するコンプレックス

自分の性テクニックで彼女をちゃんと喜ばせられてるかな…?

ボディラインのたるみ、肌荒れが気になりのびのびとセックスが楽しめない……

など、自身の性テクニックや外見に対するコンプレックスがあるとストレスや不安が筋肉や神経をこわばらせてしまいます。

そうなると性的な刺激に過敏に反応させるドーパミンの分泌が過分になってしまい、いつも以上に男性器への刺激を強く感じて早漏につながってしまうのです。



③病気やケガなどの器質的疾患によるもの

早漏は亀頭の皮膚を鍛えることが予防・改善策とされていますが、ケガや病気による障害があると皮膚がいつも以上に過敏になって性的な刺激に敏感に反応して早漏につながります。

また亀頭の障害となる包茎は、亀頭が包皮に包まれていることで日常的な刺激を受けにくくなります。そうすると勃起時の露出で刺激が加わった時に、一気に快感の波・血流が押し寄せることになり、早漏につながるケースがあるのです。



④筋力衰退による影響

性行為時のクライマックス「射精」は、男性器に細かに張り巡らされている筋肉の作用を受けています。

加齢や運動不足、体力低下などの影響は射精を助ける男性器の筋肉「射精管閉鎖筋」が衰えてしまい、ほんの些細な刺激が加わるだけで射精してしまうことが常態化してしまうのです。



早漏の改善策と治し方~原因に応じたセルフケア~

早漏の改善策と治し方~原因に応じたセルフケア~の見出し画像

早漏にはさまざまな原因がありますが、見方を変えると原因に応じた対処法も数多くあります。

充足感の得られるセックスを楽しむために、セルフでできる早漏の改善策と治し方を一緒に学んでみましょう!



セックスへの前向きな考え、コンプレックス解消の考え方

早漏はセックスへの自信のなさ、経験不足による不安が心身を過敏にさせて生じると言われています。

セックスに関する不安を抱かないためにも、

「経験を重ねるごとに射精コントロールができるようになる」
「完璧なセックステクニック、肉体美を持つ人などいない」
「誰にでもそれぞれの良さ、テクニックがある」

などなど、マイナスな考えや気持ちを追い出して、セックスを前向きに楽しむ気持ちに変えていくよう努力しましょう。そうすると心身が緊張から解き放たれて余裕ができ、射精したい時にできる理想の体質に近づけるはずですよ。



早漏やED防止にも!体操・トレーニングのやり方と効果の仕組み

どんな男性でもなり得ることがある早漏やEDは、克服や予防のための体操・トレーニングがあります。

以下のトレーニングをルーティンにしていくことで勃起力・射精をコントロールできる筋力の強化につながりますよ。

  1. 床に仰向けになり両腕、手を頭の後ろで組む
  2. 両ヒザを立てて腹筋、腰、お尻に力を入れる
  3. お尻を上にグッと持ち上げ10秒キープしたらゆっくりと元の位置に戻す
  4. ③の動きを30~40回繰り返す




自慰行為(オナニー)の頻度を見直し、調整する

早漏・EDの原因にはどちらも、自慰行為(オナニー)の頻度が適切ではないことが考えられています。

オナニーの頻度が多すぎる性的な感覚が鈍くなり、もっと強い刺激を求めようとして勃起しにくくなる
オナニーの頻度が少なすぎる加わる刺激が少ない分、性的な感度をコントロールできず、あっという間の射精につながりやすい

という理由があるためです。

早漏・ED予防につながる自慰行為は、

  • 頻度:週1~2回程度
  • やり方:「アダルト動画を見る」「擦るような強い刺激を加えずとも自然に心地よく射精する方法

が理想と言われているため自身の頻度や、やり方を見直してみましょう!

また、亀頭を包む包皮をむいて亀頭を完全に露出させた状態でのオナニーは、

・亀頭トレーニングと呼ばれ亀頭の皮膚強化に役立つ
・弱い刺激から強い刺激に変えていくと射精のコントロールがしやすくなる

という有効性が期待でき、週に2日・6週間を目安にルーティン化していくことが専門家から推奨されています。

亀頭トレーニングを継続することで、10分間の快楽維持とフィニッシュまでをコントロールできるようになる効果も期待できるでしょう!



クリニックで受けられる早漏の治療法とは?

クリニックで受けられる早漏の治療法とは?の見出し画像

早漏のトレーニング、体操などのセルフケアをしながら、早期回復を目指してクリニックでの治療を検討することもあるかもしれません。

クリニックでの治療は、

  • 悩み、不安のヒアリング
  • 早漏の状態から見る最適な治療法の提案
  • 早漏のセルフケアアドバイス

といったカウンセリングを受けながら治療が進められるため、はじめての方でも安心にスタートできます!

クリニックで受けられる、主な治療法を詳しくまとめてみました。

内服薬(プリリジー)の処方・早漏の原因となるアドレナリンの過度な作用を抑えて射精コントロール
・性行為の1時間前に服用、30分後に作用し射精までの時間が通常よりも3~4倍遅くなる
セックス療法・ドクターによる亀頭部への刺激、ピストン運動などで射精をコントロール
・パートナーとともに性行為のやり方などのカウンセリングを6~10回進めていく
・早漏の原因となるメンタル面の問題を克服するカウンセリングを受ける
薬剤(キシロカイン・リドカイン)を男性器に塗布する治療・陰茎の神経を一時的に麻痺させて射精までの時間を長くする
・男性器への刺激に対する感度が弱まる
・いつでも使えるスプレー、自慰行為中に使えるローションなどのタイプがある


まとめ

まとめの見出し画像

早漏の判断基準・定義を曖昧に感じていた方も今回のコラムで明確になり、治療方法やセルフケアの方向性がイメージしやすくなったのではないでしょうか?

メンタルを健康的に保つ気持ちのコントロールや定期的な体操やトレーニング、有効な治療法で早漏の悩みを克服し、豊かで満足な性ライフを手に入れましょう!

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました