セレドル

(2件の口コミを見る)

セレドル
セレドル
セレコックスのジェネリック医薬品であるセレドルは、Ipcaラボラトリーズで製造・販売されています。炎症、痛みを緩和させるための薬です。 国内では、ロキソニン等(消炎鎮痛剤)の後発医薬品は販売していますが、セレコックスの後発医薬品は未発表です。しかし海外では後発品が開発、販売されています。日本ではまだ承認されていないため、個人輸入代理サイトを活用して購入が可能です。セレドルはセレコックスのジェネリック医薬品なので、同じ成分の薬を安価で手に入れることができます。
効果
腰痛症、肩関節周囲炎などの緩和
有効成分
セレコキシブ
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Ipcaラボラトリーズ

セレドルを注文する

セレドル 100mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 84 28円 2,830
セレドル 200mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 167 55円 5,580

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

セレドルの商品詳細

セレドルの特徴

セレドルは筋肉痛、肩こり、関節リウマチ、変形性関節症などに対する炎症、疼痛を軽減させるための薬です。国内でも有名なロキソニンとセレコックスですが、こちらははどちらも消炎鎮痛剤です。しかし大きく違う点はセレコックスの方が、胃に優しく長く効きます。そのため鎮痛剤が苦手な方でも使用できます。
セレドルの有効成分であるセレコキシブは、COX2のみを選択的に阻害する特徴があります。それにより痛みの元を確実に抑える事ができます。

セレドルの効果

世界各国で販売されているセレコックスのジェネリック医薬品であるセレドル。セレドルは主に関節リウマチ・変形性関節症・筋肉痛、肩こり、腰痛症などの炎症、痛みを緩和させるための薬です。また術後や外傷後の消炎・鎮痛にも用いられます。

セレドルの作用時間

服用後約2時間で血中濃度が最高になり、半減期は約8時間となります。

セレドルの適応症状

・関節リウマチの症状がひどい方
・変形性関節症の痛みに悩まされている方
・筋肉痛、肩こりにお悩みの方

セレドルの有効成分

セレドルの有効成分はセレコキシブといいます。セレコキシブは、COX2を選択的に阻害できるという特徴があります。今までにない新しいタイプの鎮痛薬で、COX-2高選択的阻害薬と呼ばれています。関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症の症状を、局所的な痛みに良く効きます。

セレドルの含有量・内容量

1箱100錠入りとなっています。

セレドルにはセレコキシブ100mg/200mg含有しています。

製薬会社

Ipcaラボラトリーズ

セレドルの用法用量

セレドルの服用方法

セレドルは水やぬるま湯で服用します。セレドルは朝食、夕食後に服用するようにしてください。胃の中にモノが入っている状態で服用すると副作用がでにくいためです。できるだけ食後に服用してください。

セレドルの推奨用量

セレドルは、関節リウマチと変形性関節症などの症状で用量が異なります。
関節リウマチの場合は、1回100mg~200mgを1錠、1日2回、朝・夕食後に服用するようにして下さい。
変形性関節症などの関節炎では、1回100mgを1錠、1日2回、朝・夕食後に服用して下さい。
手術後、外傷後などの鎮痛目的の場合は、 初回400mg(1錠~4錠)、2回目以降は1回200mgを1日2回服用してください。服用の間隔は6時間以上空けるようにして下さい。

セレドルの服用時の注意

セレドルを一回服用したら6時間以上間隔をあけてください。
頓用の場合は、初回のみ400mg、必要に応じて以降は200mgを6時間以上あけて経口投与してください。
用量限度は、1日2回までです。また年齢や症状により適宜増減していきます。その際はかかりつけの医師、薬剤師に相談してください。

セレドルの副作用

セレドルの主な副作用

セレドルの副作用は、胃痛・腹痛・吐き気・食欲不振・口内炎・発疹・かゆみ・蕁麻疹・むくみなどです。 重い副作用として、ショック・アナフィラキシー症状・消化管潰瘍・胃腸出血、腎臓の重い症状、肝臓の重い症状、重い血液成分の異常、喘息発作の誘発などです。

セレドルの使用上の注意

セレドルの服用に注意する人

・心機能障害
・心血管系疾患
・高血圧症
・セレコキシブに対し過敏症の既往歴のある人
・消化性潰瘍
・非ステロイド性消炎・鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍
・肝障害
・腎障害
・高齢者
・18歳以下

セレドルの併用注意

セレドルは市販の風邪薬、胃腸薬、消炎鎮痛剤との併用に注意が必要になります。併用することで胃や腎臓、肝臓に負担がかかり作用が強く現れることがあります。もし他の薬を服用している場合は、一度医師や薬剤師にご相談し服用してください。

セレドルを服用してはいけない人

・セレコキシブ、スルホンアミドに対して過敏症の既往歴がある方
・アスピリン喘息の方、又はアスピリン喘息の既往歴がある方
・消化性潰瘍のある方
・重篤な肝障害・腎障害・心機能不全のある方
・冠動脈バイパス再建術の周術期の方
・妊娠中の方

セレドルの併用禁忌薬

・フルコナゾール
・アスピリン
・フルバスチタン
・ACE阻害剤 (エナラプリスマレイン酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩など)
・アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤 (カンデサルタンシレキセチル、バルサルタン、ロサルタンカリウムなど)
・フロミド (チアジド系利尿剤、トリクロルメチアジド、ヒドロクロロチアジドなど)
・クマリン系抗凝血剤(ワルファリンなど)
・パロキセチン
・デキストロメトルファン
・制酸剤(アルミニウム製剤、マグネシウム製剤など)

セレドルの保管方法と取り扱い上の注意

セレドルの保管方法

・直射日光を避け、常温(1~30度)で保管してください。
・子供の手が届かないところに保管してください。
・高温多湿を避けて保管してください。

セレドルの取り扱い上の注意

・用量を守って服用してください。
・他の薬を服薬中の方は医師に相談してご使用ください。
・期限が切れたものは服用しないようにしてください。

発送・梱包

発送国

・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

セレドルのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

セレドルの口コミ

もっくん (29歳)
2019/01/28
1週間飲み続けてようやく効果が出てきました。慢性的に痛みがあるので、即効性のある強い薬より負担が少なくて良いと思います。飲み忘れたら、、という不安はあります。
そーじ (40歳)
2019/01/21
関節の痛みがやわらいでいるのでリピートしました。ゆっくり優しく効いている感じです。自分には合っている気がするので続けていきたいと思っています。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品