シネメット

(2件の口コミを見る)

シネメット
シネメット
シネメットはMSD社が開発したパーキンソン病の治療に効果的な薬です。

パーキンソン病は脳の異常のため、主に体の動きに障害があらわれる病気で、日本でも高齢者を中心に15万人の患者がいるといわれています。

その原因は脳内のドパミン神経の減少であり、神経内で作られる神経伝達物質のドパミンが不足することによって、脳から筋肉への指令が上手く伝わらなくなり、様々な障害が体に現れます。
ドパミンの減少が原因のため、基本的に投薬にてドパミンを補うことでパーキンソン病を治療します。

特にMSD社のシネメットは、脱炭酸酵素を阻害することで脳へ効率よく脳内で不足したドパミンを補うことができます。

お薬通販部では、カルビドパ25g/レボドパ250mgの購入が可能となっています。
効果
パーキンソン病の改善
有効成分
カルビドパ、レボドパ
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
MSD

シネメットを注文する

シネメット 25mg/250mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 69 76円 2,300
60錠 131 72円 4,370
90錠 186 69円 6,210

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

シネメットの商品詳細

特徴

ドパミンを補うための投薬ではありますが、実際はドパミン前駆物質のL-dopaと呼ばれる成分を服用します。
ドパミンそのものを服用したとしても、胃や腸で吸収され体から排泄されてしまい脳まで届きません。
L-dopa成分が脳まで移行し、ドパミン神経にてドパミンに変換されることパーキンソン病へ効果があるのです。

シネメットはその点優れており、L-dopaの他、脱炭酸酵素を阻害する成分を配合することでL-dopaそのものの作用を強め、胃や腸でドパミンに変化してしまわないよう防止します。
シネメットが開発される以前では、L-dopa単体で製剤された投与がなされていましたが、そのうちの95%は肝や血管内部に存在する細胞によりドパミンに移行してしまい、そのまま排泄され実際に脳に入るドパミンはごく僅かであったため、大量の投与が必要になっていました。
そのため、嘔吐や食欲不振などの副作用も多く、十分な成果を上げれていませんでした。

しかし米国で開発されたカルビドバという成分が、L-dopaからドパミンへの移行を抑制することが判明したため、MSD社はカルビドバとL-dopaをバランスよく配合したシネメットにより、効率的にドパミンの供給を行うことが可能となりました。

シネメットはL-dopa単体での服用と比べ、75%~80%の量を節減し服用することができます。
そのため、L-dopa単体を大量投与するための嘔吐や食欲不振が軽減されることが認められています。

また、効果が出るのが比較的早く、少ない量でドパミンの不足量が補えるため、1日中安定した効果を得る事ができます。

パーキンソン病は軽度であれば投薬にて対策することができますが、対策をしないことは決してお勧めできることではなく、様々な運動障害を起こしてしまいます。
効率良くドパミンを補えるシネメットはパーキンソン病の対策として適した薬剤だといえます。

効果

脳内に移行しドパミンへ変化し、パーキンソン病の症状である手足の震えや筋肉のこわばりなどを改善する効果があります。

適応症状

シネメットは下記の方におすすめです。

・パーキンソン病の方
・パーキンソン症候群の方

有効成分

有効成分はレボドパとカルビドパです。
レボドパは、脱炭酸酵素を阻害して脳内へ効率よくドパミンを送り、脳内の不足したドパミンを補います。

カルビドパは、レボドパの作用を高める効果があります。

含有量・内容量

1本30錠l入りとなっています。

シネメットにはカルビドパ25g/レボドパ250mgが含有されています。

製薬会社

MSD

シネメットの用法用量

服用方法

■レボドパを初めて服用する方
レボドパとして1回100〜125mg、1日100〜300mgから服用を始め、毎日または隔日に100〜125mgずつ増量し、最適服用量を定め維持量(標準維持量;レボドパ量として1回200〜250mgを1日3回)とします。

■レボドパをすでに服用している方
通常、成人はレボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、レボドパの1日維持量の約1/5量に相当量を目安として初回量をきめ、1日3回に分けて服用します。


いずれも、症状により適宜増減されますが、レボドパとして1日1,500mgを越えてはいけません。

飲み忘れた場合は、気がついた時、すぐに1回分を飲んでください。
ただし、次の通常飲む時間が近い場合には飲まないで、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。
絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

シネメットの副作用

主な副作用

主な副作用として、不随意運動(舌やあごなどが絶え間なく勝手に動く)、吐き気、食欲不振、めまい、不眠などが報告されています。

このような症状が出た場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

稀ですが、悪性症候群、幻覚・妄想・精神錯乱、抑うつ、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化、溶血性貧血、血小板減少、突発的睡眠、閉塞隅角緑内障などが報告されています。

シネメットの使用上の注意

併用注意

併用に注意するものがあります。

・レセルピン製剤(テトラベナジン)
・血圧降下剤(メチルドパ、レセルピン等)
・抗精神病薬(フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤)
・他の抗パーキンソン剤(抗コリン剤、アマンタジン塩酸塩、ブロモクリプチンメシル酸塩)
・NMDA受容体拮抗剤(メマンチン塩酸塩等)
・パパベリン塩酸塩
・鉄剤
・イソニアジド

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・閉塞隅角緑内障の患者
・本剤の成分に対し過敏症の患者
・妊婦

シネメットの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光を避けて保管してください。
・高温多湿を避けて保管してください。
・子供の手の届かないところに保管してください。

シネメットの商品情報

商品分類

医療用医薬品:先発医薬品

先発医薬品とは、新しく開発された薬で新薬とも呼ばれています。
新薬が発売されるまでには、長い研究期間と膨大な費用が掛かります。
そのため特許を出願してからは、開発した製薬会社が独占して、製造・販売することができ、その間、有効性や安全性の調査や再審査も行われます。

形状・剤形

経口服用タイプのカプセル剤

対象性別

パーキンソン病の治療を目的とした成人男性・女性

シネメットの発送・梱包

発送国

・香港
・シンガポール

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

シネメットのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

シネメットの口コミ

おーchan (72歳)
2019/08/26
パーキンソン病を発症してからずっとお世話になっています。症状をだいぶ楽にしてくれるので、大変助かっています。
エーデルフェルト (70歳)
2019/08/26
夫の治療でお世話になっています。むずむず脚症候群を抑えてくれるため、夜もゆっくり眠れるようになったようです。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品