アトル

(4件の口コミを見る)

アトル
アトル
アトルは、Sanovel社が開発した脂質異常症の治療薬です。
有効成分アトルバスタチンを含有したリピトールのジェネリック医薬品です。

アトルの主成分アトルバスタチンは血栓の原因となるコレステロールを合成する酵素の働きを阻害する作用があります。

アトルの適応症である脂質代謝異常とは血液中のコレステロール値が異常に高くなる病気ですが自覚症状等は特にありません。
しかし放置していると血管内で酸化したコレステロール(LDL)が血栓を生じ血液の流れを邪魔して高血圧症、動脈硬化症、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳動脈瘤、下肢静脈瘤などの血栓性疾患を引き起こすリスクが上昇します。

お薬通販部では、10mg/20mg/40mgの購入が可能となっています。
効果
脂質異常症の改善
有効成分
アトルバスタチン
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Sanovel

アトルを注文する

アトル 10mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 52 58円 1,750
60錠 94 52円 3,140
90錠 141 52円 4,730
アトル 20mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 63 70円 2,100
60錠 119 66円 3,990
アトル 40mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
30錠 105 116円 3,500

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

アトルの商品詳細

特徴

酵素とは人の代謝活動の中核となる重要な物質で、体内には数万種類もの酵素が存在しています。
ところが酵素には“一意の働き”しかありません。

つまり一つの酵素には一つの役割しかないのです。
一見すると非効率的にも見える働き方ですが、このことで人が生きていく上で欠かせない代謝活動を行う際の誤動作を防いでいます。

リピトールのように特定の酵素にのみ作用する薬のことを酵素阻害剤と言います。
前述した通り酵素には一意の働きしかないことを利用しているため“効果が明確で合成薬としては副作用が少ない”というメリットがあります。

脂質代謝異常は放置していると深刻な病気の原因となるので放置しておくことはよくありません。
しかしながら血液の中の状態は採血をしてみないとわからないので確定診断のためには医療機関で血液検査を受ける必要があります。

また脂質代謝異常が確定診断されて投薬治療を開始したとしても自覚症状に乏しいため途中で通院をやめてしまうケースが多いです。
さらに、国内でもリピトールのジェネリックは承認されていますが、医療用医薬品のため一般の薬局では購入できません。

リピトール・ジェネリックの中でもアトルはSanovel社製で海外ではメジャーな存在ですので信頼性は高いとされています。
アトルを試してみて体調に特に変化がなければあとは定期的に健康診断を受け、問題がないようなら医師と相談の上服薬を中止することも可能です。
ただし脂質代謝異常は再発しやすい病気なので生活習慣の改善の継続実践をおすすめします。

効果

肝臓のコレステロール合成を阻害し、血液中のコレステロールを低下させることで、脂質異常症の治療や予防に効果があります。

適応症状

アトルは下記の方におすすめです。

・コレステロール値が高い方
・脂質異常症の治療や予防をしたい方

有効成分

有効成分はアトルバスタチンです。
血栓の原因となるコレステロールを合成する酵素の働きを阻害する作用があります。

含有量・内容量

1箱30錠入りとなっています。

アトル1錠あたりアトルバスタチン10mg/20mg/40mgを含有した3種類があります。

製薬会社

Sanovel

アトルの用法用量

服用方法

1回2錠(アトルバスタチンとして10mg)を1日1回水かぬるま湯にて服用してください。

なお、年齢・症状により適宜増減されますが、重症の場合は1日4錠(20mg)まで増量できます。

アトルの副作用

主な副作用

主な副作用として、胃不快感、かゆみ、四肢しびれ、不眠、下痢、胸やけ、便秘、頭痛、全身倦怠感などが報告されています。
このような症状に気づいたら、かかりつけの医師にご相談ください。

稀な副作用

まれに横紋筋融解症、ミオパチー、免疫介在性壊死性ミオパチーなどの報告がされています。
筋肉痛、脱力感、赤褐色尿などの症状が出ましたら使用を中止し、医師の診察を受けてください。

アトルの使用上の注意

服用に注意する人

次の人は使用に注意してください。

・肝障害又はその既往歴のある患者
・アルコール中毒の患者
・腎障害又はその既往歴のある患者
・フィブラート系薬剤(ベザフィブラート等)、免疫抑制剤(シクロスポリン等)、ニコチン酸製剤(ニセリトロール等)、アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール等)、エリスロマイシンを投与中の患者
・糖尿病の患者
・甲状腺機能低下症の患者、遺伝性の筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある患者、薬剤性の筋障害の既往歴のある患者
・高齢者

併用注意

併用を注意するものがあります。

・フィブラート系薬剤
・免疫抑制剤
・免疫抑制剤
・アゾール系抗真菌薬
・エリスロマイシン
・クラリスロマイシン
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・グラゾプレビル
・レテルモビル
・グレープフルーツジュース
・エファビレンツ
・リファンピシン
・ベキサロテン
・陰イオン交換樹脂
・ジゴキシン
・経口避妊薬

服用してはいけない人

次の人は使用できません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・肝代謝能が低下していると考えられる以下のような患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦
・グレカプレビル・ピブレンタスビルを投与中の患者

併用禁忌薬

この薬には併用してはいけない薬があります。

・グレカプレビル・ピブレンタスビル

アトルの保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光が当たる場所や高温多湿になる場所は避けて、冷暗所で保管してください。
・匂いの強いものと一緒に保管しないでください。
・子供の手の届かないところに保管してください。

取り扱い上の注意

・薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

アトルの商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

脂質異常症の治療を目的とした成人男性・女性

アトルの発送・梱包

発送国

・香港

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

アトルのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

アトルの口コミ

コルク (43歳)
2019/09/11
検査でひっかかってしまい、病院に行くのは億劫だったので調べてみつけたアトルを購入。飲み始めて1か月以上になりますが副作用もなく体調もいいです。検査結果が楽しみです。
たろ (51歳)
2019/09/11
コレステロール値が高くなってきたのですが、病院に通う暇もなくネットで買えるこちらを頼りに使い始めました。再検査ではだいぶ安定してきたのでこれからも飲み続けたいです。
斑鳩 (35歳)
2019/06/18
高かったコレステロール値が徐々に下がり始めました。食生活の見直しも影響している気がしますが、体調もよいので引き続き飲んでいきます。
アリス (43歳)
2019/06/18
コレステロール値が高いといわれましたが、食事面での改善は難しいため薬に頼ってしまいます。現状維持になってくれればとりあえず満足です。
商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品