リジェル

(0件の口コミを見る)

リジェル
リジェル
リジェルはデリケートゾーンの乾燥を防ぐ保湿ジェルです。乾燥からくるかさつきや不快感、肌荒れ、かゆみなどを緩和してくれます。

1本使い切りタイプの商品ですので、いつでも品質がキープされたまま使用できます。

デリケートゾーンに関する商品は、店頭での購入にはなかなかハードルが高いケースが多いため、誰にも知られずに購入したい人はおすすめです。
効果
デリケートゾーンの保湿
有効成分
精製水 Ph.Eur. 78.82% w/w、グリセロール、ミネラルオイル、ポリカルボフィル、水添パーム油グリセリズ、カルボポール 974P、ソルビン酸
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
女性
製薬会社
コーラヘルスケア

リジェルを注文する

リジェル 6.5g
内容量 ポイント 1本単価 販売価格 注文
6本 132 733円 4,400
12本 237 660円 7,930
18本 336 623円 11,220

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

リジェルの商品詳細

リジェルの特徴

リジェルはアイルランドに本拠地を置くコーラヘルスケア社が製造販売している女性向けの保湿ジェルです。

デリケートゾーンに潤いを与え、乾燥からくるかゆみやかさつき、炎症などを抑えてくれます。デリケートゾーンは女性ホルモンや生活習慣、ストレスなどにより乾燥してしまうことがあり、これにより痛みやかゆみに悩まされている人もいるでしょう。

また、デリケートゾーンの問題は他人に話しづらく、悪化してしまうなんてこともあるかもしれません。

当店では、誰にも知られることなく購入が可能です。1本使い切りタイプですので、清潔感は確保されており、使用量に悩むことなくご利用いただけるでしょう。

リジェルの効果

リジェルは水分をたっぷりふくんだジェルがデリケートゾーンに潤いを与え、乾燥から肌を守ってくれます。

オイル成分も配合しているため、粘膜同士の摩擦を低減しつつ、水分の蒸発を防ぎ、潤いをキープしてくれます。乾燥していると、肌と肌が擦れ合うことで炎症を引き起こしてしまい、痛みやかゆみの原因となってしまいます。

リジェルを使用してデリケートゾーンを保湿すれば、カサカサとした不快感を払拭できるでしょう。

リジェルの適応症状

・デリケートゾーンのかさつきが気になる人に
・乾燥してかゆみやヒリヒリとした痛みに悩んでいる人に

リジェルの有効成分

リジェルは精製水を多量に含んでおり、使用部位の乾燥状態をすばやく改善してくれます。

また、粘性の性質をもつグリセロールや吸水性が高くゲル化する特性をもつポリカルボフィルなどが含まれているため、使用部位からの水分の蒸発を防ぎ、水分をキープしてくれます。

リジェルの内容量・含有量

1箱あたり6本入りとなっています。

製薬会社

コーラヘルスケア

リジェルの用法用量

リジェルの服用方法

3日に1回を目安に使用してください。すでに通院中の人は医師の指示に従って使用するのも良いでしょう。使用するタイミングはいつでも構いませんが、朝に使用するとより効果的です。

リジェルの服用期間

使用期間は特に定められておりません。日常的に乾燥が気になる人は定期的に使用した方が良いでしょう。

リジェルの服用時の注意

目や口に入ると思わぬ副作用を引き起こす可能性がありますので、食べたり目に入れたりしないでください。使用後はすぐに手を洗い、しっかりと洗い流してください。

冷やしたり凍らせてしまうと商品の性質を損なう恐れがありますし、温度差による体調不良の原因となりますのでご注意ください。

リジェルの副作用

リジェルの主な副作用

副作用の報告はありませんが、使用後に女性器にピリピリとした刺激感を感じたり、かゆみが増すなどの症状があらわれた際には使用を見合わせた方が良いでしょう。

中止により症状の改善が予想されますが、症状が持続したり悪化する場合には近隣の医療機関に受診してください。

リジェルの稀な副作用

稀ではありますが、リジェルに含まれる有効成分が身体に合わない場合、蕁麻疹や過敏症などの副作用を起こしてしまうかもしれません。

使用後にひどいかゆみや発疹などがみられましたらすぐに使用をやめ、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

リジェルの使用上の注意

リジェルの服用に注意する人

下記症状のある方は使用に注意し医師と相談してください。
・妊娠中または妊娠している可能性のある人
・現在授乳中の人

リジェルの併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・他の外用薬
すでに女性器のかゆみや痛みを改善するために塗り薬を使用している人は薬の効果が十分に発揮されない可能性がありますので、医師や薬剤師に相談してから使用したほうがよいでしょう。

リジェルを服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・小さいお子様
・リジェルに含まれる有効成分で今までに過敏症や蕁麻疹を起こしたことがある人

リジェルの併用禁忌薬

・併用してはいけない薬は特にありません。

リジェルの保管方法と取り扱い上の注意

リジェルの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

リジェルの取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

リジェルの商品情報

商品分類

医療用医薬品:先発医薬品

先発医薬品とは、新しく開発された薬で新薬とも呼ばれています。
新薬が発売されるまでには、長い研究期間と膨大な費用が掛かります。
そのため特許を出願してからは、開発した製薬会社が独占して、製造・販売することができ、その間、有効性や安全性の調査や再審査も行われます。

形状・剤形

ジェルタイプ

対象性別

女性

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・香港

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


リジェルのよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

リジェルの口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

最近見た商品