全商品20%OFF クリスマスセール

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)

(0件の口コミを見る)

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)
ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)
ムクミトールはルプラックのジェネリック医薬品で、インドのAsle pharmacenticals社が製造販売しています。

Asle pharmacenticals社は開発チームに日本人が加わっており、日本人にあった製品を研究・開発しているため安心して服用できます。

先行品のルプラックと同様に有効成分のトラセミドが強力な利尿作用を発揮してむくみを解消します。服用後30分から利尿効果を発揮するなど即効性があり、体のむくみを早く解消したい方におすすめです。
効果
むくみの改善
有効成分
トラセミド
配送先
自宅配送&郵便局留め
配達日数目安
14~28日
対象性別
男女兼用
製薬会社
Asle pharmacenticals

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)を注文する

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール) 5mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
100錠 66 22円 2,200
ルプラック・ジェネリック(ムクミトール) 10mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
150錠 91 20円 3,050
ルプラック・ジェネリック(ムクミトール) 20mg
内容量 ポイント 1錠単価 販売価格 注文
150錠 97 21円 3,250

パッケージ例
パッケージ例01 パッケージ例02 パッケージ例03

国際郵便のパッケージ例です。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の商品詳細

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の特徴

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)は名前のとおり、むくみを取る薬です。

多くの種類がある利尿薬のなかでループ利尿薬と分類されており、心臓浮腫などの症状に対して強い利尿作用を発揮するのが特徴です。作用は強いですが利尿剤の副作用で心配される、低カリウム血症になりにくい利尿薬となっています。

有効成分のトラセミドが体内に溜まった余分な水分や老廃物を排出し、むくみを解消する効果があります。1日1回の服用で利尿作用を発揮することもメリットです。服用後30分~1時間で尿意を感じる方が多く、効果が4~6時間持続することから、他のループ利尿薬と比較しても長時間作用が持続します。

先行品のルプラックは日本で20年以上も使用されており日本国内では心臓浮腫、腎臓浮腫、肝臓浮腫に適用となっています。利尿効果が早く現れることもあり、むくみ解消のダイエット目的に用いられています。ジェネリック医薬品でルプラックと同様の効果を発揮しますが、価格はルプラックより手頃なことも特徴です。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の効果

主成分のトラセミドが腎臓で尿を作るときに排出する塩分や水分の再取り込みを阻害して、体内に残る水分を尿として排出することでむくみを解消します。

余分な水分を排出することで肌の色つやもよくなってボディラインもすっきりするダイエット効果があります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)はあくまでもむくみを取る薬であり、ダイエット薬ではありません。ダイエット目的で長期間服用すると体内の塩分と水分のバランスを崩して重篤な病気になることがあります。正しい用法・用量を守って服用してください。

服用中はアルコールを控えてください。めまいや立ちくらみが起こりやすくなります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の適応症状

・心性浮腫
・腎性浮腫
・肝性浮腫

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の有効成分

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の有効成分トラセミドは、強力な利尿作用で血液中の余分な水分や老廃物を排出する効果があります。

腎臓で作られた尿は必要な栄養や水分とともに再度体内へ吸収されていきますが、トラセミドは水分の再吸収にかかわるヘレンループに作用して体内へ水分が再吸収を防ぐ働きがあります。再吸収を防ぐことで体内の余分な水分を排出して、むくみを防ぐ効果があるのです。

余分な水分を排出することで血管壁のナトリウムが減少して血圧を下げる効果があります。また、むくみを生じると肺に水が溜まり呼吸がしにくくなることがあるため、むくみによって心臓にかかる負担を軽くする働きもあります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の内容量・含有量

5mgが1注文あたり100錠入り、10mgと20mgが1注文あたり150錠入りとなっています。
当サイトでは5mgと10mg、20mgの取り扱いがございます。

製薬会社

Asle pharmacenticals

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の関連商品

他のむくみ解消の商品

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)以外のむくみ解消の商品です。

トラセミド
ルプラックのジェネリックで利尿作用により体のむくみを取ります。

シストーン
ハーブが尿路機能をアシストし、適切な利尿作用によりむくみも起こり難くなります。

プナルナバ
ハーブが尿路機能をアシストし、適切な利尿作用によりむくみも起こり難くなります。

この他のむくみ解消の商品はこちら
>>むくみ解消

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の用法用量

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の服用方法

1日1回水またはぬるま湯とともに服用してください。連日または隔日の服用となります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)は5mg錠、10mg錠、20mg錠とありますが、国内では4mgからの服用開始を奨励されています。まずは5mgから服用を開始してください。

様子を見ながら服用し、継続するか用量を増やすなど調整してください。10mg錠、20mg錠を購入された方はピルカッターなどで割るなどして5mgから始めましょう。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の服用時の注意

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)は利尿効果が急激に現れるため、電解質失調や脱水に十分注意をして服用してください。服用を続ける場合は電解質失調を起こす場合があり、重篤な疾患になるおそれがあります。

定期的な血液検査をしてください。血圧を下げる降圧作用があるため、高所での作業や車の運転などの危険を伴う作業をする場合は注意してください。

夜間の休息が必要な方は、夜間の排尿で睡眠を妨げられるのを避けるため昼間に服用することをおすすめします。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の副作用

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の主な副作用

・頭痛、倦怠感、めまい・立ちくらみなど
これらの症状が副作用として報告されています。めまいや立ちくらみの症状が起こることがあります。高所での作業や車の運転をされる方は特に注意してください。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の稀な副作用

・肝機能障害、黄疸、血小板減少、低カリウム血症、高カリウム血症など
AST、ALTなどの上昇などを伴う肝機能障害や黄疸が現れることがあります。少しでも異常を感じた場合は使用を中止して医師の診察を受けてください。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の使用上の注意

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の服用に注意する人

下記症状のある方は服用に注意し医師と相談してください。
・進行した肝硬変の患者の方
・重篤な冠硬化症または脳動脈硬化症の方
・腎機能障害の方
・肝疾患・肝機能障害の方
・本人または家族に痛風・糖尿病の既往歴のある方
・下痢・嘔吐のある方
・手術前の方
・ジキタリス剤、糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTHまたはグリチルリチン製剤の投与を受けている方
・減塩療法中の方
・高齢者
・乳児

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の併用注意

併用して使用するにあたり注意が必要なお薬です。
・他の降圧剤
血圧の下がりすぎに注意してください。
・ジギタリス薬
心臓の薬であるジギタリス薬と併用するときはジギタリス中毒の副作用に十分注意をしてください。
・リチウム(リーマス)
気分安定薬のリチウム(リーマス)と併用するときはリチウム中毒による副作用に注意してください。
・糖尿病の薬
作用を弱めることがあります。
・ステロイド薬、グリチルリチン製剤、一部の漢方薬
低カリウム血症に注意してください。
・鎮痛薬
利尿作用が弱まることがあります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)を服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。
・無尿の方
・肝性昏睡の方
・体液中のナトリウム・カリウムが減少している方
・デスモプレシン酢酸塩水和物を投与中の方
・本剤の成分またはスルホンアミド誘導体に過敏症の既往歴のある方

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の併用禁忌薬

・デスモプレシン(ミニリンメルト)

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の保管方法と取り扱い上の注意

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼすおそれがあります。

・他の薬剤やサプリメントとの保管はお控えください。
成分の作用により、性質の変化や形状が変わるおそれがあります。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の商品情報

商品分類

医療用医薬品:ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終わった後に他の製薬会社から同じ有効成分を使って開発され、有効性・安全性が新薬と同等であることが前提として、厳しい試験に合格したうえで、国が承認した医薬品のことです。

ジェネリック医薬品について詳しくはこちら
>>ジェネリック医薬品とは

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

男女兼用

参考文献

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。
お薬通販部では正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

医薬品情報サイト
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。
各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。

KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

発送・梱包

発送国

・インド

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは


ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)のよくある質問

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

ルプラック・ジェネリック(ムクミトール)の口コミ

商品名
満足度
名前 年齢
レビュー内容

担当スタッフの確認後、問題が無ければ掲載させて頂きます。

※商品の効果、副作用、使用方法などに関しては、薬事法の関係でお答え出来ませんので合わせてご了承下さい。

最近見た商品

お薬通販部公式SNS

SNS限定クーポン発行などお得な情報を発信しています。