• トップ
  • 男性の悩み
  • リドカインとは?早漏に効くキシロカインの使い方や効果時間と副作用について

リドカインとは?早漏に効くキシロカインの使い方や効果時間と副作用について

リドカインは早漏に悩む男性の助けとなる成分です。この記事では局所麻酔成分であるリドカインの使い方から副作用まで徹底解説いたします。

早漏 男性の悩み 男性の悩み

最終更新日:2024.06.07

お薬通販部スタッフ[監修]

リドカインとは?早漏に効くキシロカインの使い方や効果時間と副作用について



男性で早漏になってしまった場合「改善したい」という気持ちになりますよね!

早漏になると、深刻に考えてしまい、男性として自信を無くしてしまうこともあるでしょう。

ですが、現在では様々な治療薬が開発されているので、早漏治療薬を服用することで改善が目指せます!

この記事ではリドカインという成分が含まれている早漏治療薬について解説いたします。

どんな作用が期待できるの?

と気になる方はぜひ最後までご覧ください!

リドカインやキシロカインのよくある質問の見出し画像

リドカインは局部麻酔をして、神経の伝達を麻痺させることで早漏防止に役立てられますが、同じような薬でキシロカインと言われるものもございます。

まずはこの2つの成分がどう異なるのか理解しておきましょう!


リドカインとキシロカインの違いは?塩酸リドカインって何?

早漏防止のために、リドカインとキシロカインはそれぞれどのような特徴があるのか紹介しますね!


リドカイン

リドカインは世界的に幅広く使用されている、局所麻酔薬の成分です。

陰部に成分を注射することで、神経への伝達を麻痺させて射精までの時間を延ばすのです!

麻酔以外にも抗不整脈の薬として使用されることもあり、神経痛や手足の痺れなどにも有効とされ使用されるケースがあります。

外用薬としても使用される場合があるため、早漏防止以外にも利用されています。

そして、塩酸リドカインはリドカインとキシロカイン両方に含まれている、代表的な成分になります。

主に感覚の神経伝達をブロックして、局所麻酔効果を発揮させる効果があります。


キシロカイン

キシロカインはリドカイン成分やアドレナリンを含む薬の総称です。

キシロカインは一般的に「塩酸リドカイン」とも呼ばれます。

キシロカインにもリドカインと同じ塩酸リドカインが含まれているため、どちらも同じ薬として認識してもらって大丈夫です!

ただ、注意点として、キシロカインにはアドレナリンが含まれているため、血管の過度な収縮リスクから指や陰茎への麻酔使用は禁止されています。

局所麻酔を行う際は、キシロカインを使用するのはやめておきましょう!



早漏防止に効くって本当?症状は緩和するのか?

リドカインは本当に早漏防止に効果があるの?

と疑問を感じる人もいるかもしれません。

結論から言うと、リドカインは早漏防止に効果があります!

早漏は感度が高く、少しの刺激で敏感に反応してしまうことです。

つまり、神経の伝達の速さによって早漏が引き起こされている可能性があります。

リドカインは、麻酔効果によってナトリウムチャネルへの伝達を強制カットできる効果があります。

リドカインを陰部から摂取させることで神経の感覚を麻痺させれば、伝達スピードが遅くなるので射精までの時間を延ばすことができます!

リドカインはどんな作用機序があるの?

リドカインの作用機序がどんなものか把握しておくことも重要です!

上記でも少し紹介しましたが、リドカインは早漏防止以外にも、幅広い用途で使用されています。

使用されているのは以下の薬です。

  • 局所麻酔
  • 抗不整脈薬
  • 早漏防止薬
  • 外用薬

リドカインは上記でも紹介していますが、神経の伝達機能を麻痺させる効果があるので、痛みを抑えることができます。

そのため、神経による痛みや怪我をして傷を付けた部分にリドカインを塗布することで痛みを緩和するのです。

外用薬の場合はテープとして販売されている場合もあり、傷口に貼ることで痛みを抑えられますよ!

また、リドカインはナトリウムチャネルの抑制、カリウムチャネル開放促進の効果もあるので、抗不整脈薬として病院など医療の現場でも使用されます。

繰り返しになりますが陰部への伝達機能の抑制効果から早漏防止薬としても使用できるので、それぞれの目的に合わせてリドカインを使用することができますね!

リドカインの作用機序(使い方)医療目的の注射は医師に!の見出し画像

リドカインは淫部の伝達機能を麻痺させることから、いろいろな場面で使用されます。

ただ、どのように使うかべきかしっかり確認しておくことは安全性という観点からも重要です!

それは、リドカインは使用目的によっては危険性もあるからです。

リドカインの使い方についてそれぞれポイントを押さえて紹介します。

局所麻酔薬や抗不整脈薬の投与は専門家へ!

局所麻酔薬や抗不整脈薬の投与としてリドカインを使用する際は、一般的に医療の専門家が行います。

それは、局所麻酔によって痛みを抑える際は、過剰投与に注意しなくてはいけないからです!

リドカインによる麻酔は200mgを超えて使用しないことが原則であり、効果がない場合は全身麻酔に切り替えなくてはいけません。

局所麻酔で過剰投薬すると以下のような危険性が生じる可能性があります。

  • 意識障害
  • けいれん
  • 異常感覚
  • 知覚運動障害
  • 悪性高熱

また、アドレナリン入りのキシロカインを指や陰茎などに使用すると、血管が過剰に収縮して壊死する可能性のもあるので、絶対に使用してはいけません!

そして、抗不整脈薬として使用する場合も特定薬剤管理指導の対象にされているため、医療の専門家による判断で処方されます。

心筋に作用するリスクがあり、場合によってはショックや徐脈が発生する可能性も……

局所麻酔や抗不整脈薬の場合は、体へのリスク管理から医療従事者の指示に従って使用するようにしてくださいね。


ボラギノールやメンソレータム・フェミニーナ軟膏は早漏に効くのか?

ボラギノールやメンソレータム・フェミニーナ軟膏は早漏に効くのか? 見出し画像

リドカインが含まれている製品で代表的なものは、

  • ボラギノール
  • メンソレータム
  • フェミニーナ軟膏 など

があります。

リドカインが含まれているなら早漏防止薬としても使えるのでは?

などと考える方もいるかもしれませんね。

ボラギノールやメンソレータム、フェミニーナ軟膏のリドカインの含有量は大体2%ほどになります。

含有量としては早漏にも効果がある可能性はありますが、それぞれの薬品は痛みを緩和させる目的であり、早漏防止のために開発されたわけではありません

早漏対策として利用しても、確実に効果を見込めるわけではありません。

特に、フェミニーナ軟膏は女性向けの商品でもあるため、男性は購入しにくいデメリットもありますね。

また、キシロカインゼリーは尿道麻酔や気管内挿管をはじめ、局所麻酔を必要とする処置や検査に汎用されます。


早漏対策や防止薬としての使い方は?

早漏対策として使用する場合は、個人で使用可能です!

早漏防止薬は、すでにリドカインが適量分のみとなっているので、過剰摂取するリスクはありません。

薬品の分類としても第二類医薬品に当たるため、ドラッグストアでも販売されており、個人で自由に購入することができますよ。

日本の市販で購入できるリドカインを含む医薬品の成分量は2〜3%です。

個人輸入で購入すると、より濃度が高い早漏防止薬品も購入できますので、2~3%で効果を実感できなかったは一度検討してみるのも良いですね!


アイキャッチ画像

ロックスゼリーは陰茎に塗布することで、射精到達の時間を延長させる医薬品です。

1本:1,780円


リドカインの効果は性交渉の感覚を鈍らせる事が可能?!の見出し画像

早漏防止のためにリドカインが含まれる医薬品を使用する際、

本当に感覚を鈍らせることは可能?

と思う方もいらっしゃるでしょう。

リドカインを使用して性交渉の際に変化が無ければ、お互いがっかりしてしまうかもしれません……

リドカインについての効能や効果時間を把握しておきましょう!

リドカインの効能!患者さんの条件によって異なる

リドカインは、前述の通り、伝達機能を鈍らせる効果があるので塗布することで射精までの過程を鈍化させることができます!

ただ、リドカインの効能は個人の体質などにより個人差があります。

リドカインは男性と女性でも使用方法が異なり、例えば

尿道麻酔の場合で成人男性は通常200〜300mg
女性は60〜100mgの使用と記載されています。

また、年齢や麻酔領域、部位、組織、体質によっても使用量などは異なり、自分の状態に合わせて利用しなくてはいけません。

そして、早漏防止が目的の場合は通常リドカインは2〜3%ですが、もし老化による神経過敏やEDによる影響などであれば、効果が出ない可能性もあります。

その場合は、さらに高い含有量を含む薬品が必要になる場合もありますが、濃度が高い場合はリスクも大きくなるため、医師の説明受けておいた方がいいですね!

効果には体質や体格などが影響するので、確実に効果が出るかは使用してみないとわからない点もあります。


早漏防止の効果時間は?即効性の高さにも注目

リドカインによる効果持続時間は約30〜60分になります。

リドカインを含んだ薬品を使用して、血中濃度が最大に到達するまで15分ほどかかり、血中半減期は81分ほどのようです。

そのため、早漏防止の持続としては問題ないので、時間を気にする必要はないですね!

また、効果が発現するまでの時間は5〜10mlで2分という検査が行われているため、即効性も問題ありません!

個人差はもちろんありますが、性行為の約10〜30分前に使用すると早漏防止の効果時間も長く期待できるため、目安として把握しておいてくださいね。

リドカインの薬価は?どこで販売してる?通販でも購入方法!の見出し画像

リドカインを使用して早漏防止できることはご理解いただけたかと思います。

どのようなタイプがあるの?

どこで販売しているの?

と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんね。

リドカインは様々な形態で販売されており、購入場所もドラッグストア以外に通販でも購入できます。

リドカインのタイプの使用方法と購入について紹介します!

リドカインテープの使い方!

リドカインテープは、主に痛みを和らげたい時に使用します。

例えば点滴する際に針を刺す時や水いぼを取るときなどです。

使用のタイミングとしては処置の30〜60分前までに貼り付けます。

その後、剥がすことで伝達神経を鈍化させることができ、痛みを感じにくくすることが可能です!

リドカインテープの場合は極量があり、

大人は6枚、子供は2枚までなら安全に使用できます。

ちなみにテープタイプの薬価は10枚入りで1,200円〜ほどのようです。

リドカインテープを使用する際は、時間と枚数をチェックしましょう!



リドカイン軟膏は携帯に便利

リドカイン軟膏は他の形態の商品よりも比較的小さいため、携帯しやすいです。

バッグなどにも入れやすいので、出かける際にも保管しやすいメリットもあります!

リドカイン軟膏はクリームタイプのため、皮膚から成分を浸透させていきます。

塗布して約1時間ほどで患部が麻痺してきて伝達神経が鈍化されるため、早漏防止に役立ちます。

また、クリームタイプはベタ付きにくいという特徴もありますね。

薬価は1,500円〜ほどのようです。

軟膏は通販でも販売されているので、携帯用として試しに1つ購入してみるのはいかがでしょうか!

リドスプレーは薬局で販売中止になった?

リドカインにはスプレータイプの商品も販売されており、早漏防止に役立てることができます!

スプレータイプの場合は、薬を手に付着させず、患部だけに成分を塗布できるため、手に痺れを感じることがありません。

リドカインを配合するスプレータイプの代表的な商品は上記3種類で、それぞれ通販サイトから購入可能です。

特に、リドスプレーは早漏対策として根強い人気があり、1番使用をおすすめできます!

ただし、リドスプレーは薬局で販売されておらず、通販サイトのみでしか購入できません。

使用するタイミングが分かる際は事前に購入しておきましょう!

スプレータイプ使用タイミングは基本的に性交渉の約30分前です。

かけ過ぎは副作用が強くなる可能性があるのでお気をつけください。

また、個人の体格や体質によってスプレーの効果には個人差があるため、その点も考慮して使用するようにしてくださいね。

市販や通販で入手した場合の包装は?

リドカインを配合する医薬品を市販や通販で入手した場合、どのように保管すれば良いのか疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

リドカイン製品は通販や市販で購入した際、基本的には専用の袋に包装されています。

保管する際も同じ袋に入れて保管しておくのがおすすめです!

また、同じリドカイン製品の中でもクリーム系やジェル系の場合は、クリームがフタの隙間から出て手に触れると、麻痺してしまう危険があるため、使用する時以外フタをしっかり閉めておくことが大事です!

フタを閉めて、ビニール袋などに入れて包装しておきましょう。

ジェルタイプの場合も同様に、ビニール袋に入れて保管しましょう。

ジェルタイプは金属類に付着すると侵食する可能性があるので、時計やアクセサリーなどの側に置かないようにしましょう。

スプレータイプはノズルを押すと成分が噴射されるので、同じく専用の袋に入れて、使用時以外に成分が飛散しないようにしましょうね!


早漏に効く炭酸水トレーニングとは?

早漏の方は炭酸水トレーニングを行ってみるのもおすすめです!

炭酸水トレーニングはSNSで流行した方法であり、

・勃起状態が長時間保てるようになる
・硬さが強化される 

などの効果を期待できるようです。

トレーニングは以下の手順で行います。

  1. 炭酸水をコップに注ぎ、ペニスを根本まで付ける
  2. 30〜60秒間放置する
  3. 2〜3セット繰り返す

簡単なトレーニング方法なので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

ただし、炭酸水トレーニングは医学的根拠は全くありません。さらには激痛を感じる可能性も!
炭酸トレーニングを行う際はそういったリスクを承知の上で行いましょう。

早漏対策としては、やはりリドカインなどの薬を使用するのが安全かつ確実です。



リドカインやキシロカインの副作用を解説の見出し画像

リドカインやキシロカインを使用して神経伝達の敏感さを抑え、痛み止めや早漏防止として利用することができることはここまでで理解していただけたかと思います!

ただ、リドカインやキシロカインを使用する際に

副作用などは問題ないの?

と疑問を持つ人もいるでしょう。

リドカインやキシロカインを使用する際の副作用についてはある程度把握しておくべきです。

ここでは副作用の内容について紹介しますね。

主な副作用は?

リドカインやキシロカインはドラッグストアの医薬品にも使用されているため、安全上は問題ありません。

ただ、副作用が全く発生しないわけではなく、体質によっては異変が生じることもあるようです!

リドカインやキシロカインで発生する副作用は以下の症状です。

  • 痒み
  • 刺激感
  • 腫れ
  • 不快感
  • 頭痛
  • めまい
  • 手足の震え
  • 息苦しさ
  • 眠気
  • 唇などの変色

リドカインやキシロカインは塗り薬であるため、全身に症状が出る可能性もあります。

もし、塗り薬として過剰に使用してしまった場合、

  • 興奮や多弁
  • 知覚麻痺
  • 痺れ
  • ふらつき など

が生じる場合もあり、放置しておくと意識喪失や全身けいれんを起こす場合もあるようです。

重い副作用が発現する可能性は極めて少ないはずですが、異常を感じたなら直ぐにリドカインやキシロカインの塗布を止めるようにしましょう!

まれにみられる副作用!医療機関に相談へ!

リドカインやキシロカインは用法用量を守って使用すれば通常問題ありませんが、まれに見られる副作用もあります!

まれにみられる副作用には以下のような症状があるので確認してください。

  • 眠気
  • 不安
  • 興奮
  • 眩量
  • 霧視
  • 嘔吐
  • 悪心

リドカインやキシロカインは過敏症の報告も受けており、悪化するとショックや中毒のような状態に移行して最悪心肺停止になる場合もあるようです。

まれに見られる副作用は、治療中の薬と併用したために発生することや持病が関係することもあります。

もし、異常が発生した際はすぐに医療機関に相談に行き、適切な処置を行って改善するようにしましょう!



見出しリドカインやキシロカインの禁忌は?の見出し画像

リドカインやキシロカインは安全に使用できる医薬品ですが、禁忌事項もあるため、その点を確実に把握しておきましょう!

上記でも紹介しましたが、キシロカインはアドレナリンが含まれているため、血管の過度な収縮リスクから指や陰茎への麻酔使用は不可です。

また、体質などによっても上記で紹介した副作用が生じるケースもあるため、慎重に使用する必要があります。

その点について紹介しますね!

慎重に使う必要がある方

リドカインやキシロカインは、副作用などのリスクのある成分のため、慎重に服用する必要があります。

リドカインが含まれている薬品で過敏症を発生させたことのある人は、使用を避けるべきですね!

以下に該当する方も慎重に使用する必要があります。

  • 高齢の方
  • 心刺激伝導障害のある人
  • 肝障害や腎障害のある人
  • 不整脈や血圧低下など体の機能に障害がある人

リドカインを使用すると体の状態によってはアナフィラキシーショックなどを引き起こし、命に関わる場合もあるため、慎重に使用してくださいね!



まとめの見出し画像

リドカインやキシロカインについて内容を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

早漏に効果のある成分ですが、使用する際は注意点もあり、自分の体と相談する必要があります!

ただ、基本的には安全なので、注意して使用すれば大きな問題にはならないはずです。

もし、使用後に違和感があるなら医療機関に行き、適切に処置してもらうようにしてくださいね。

おすすめ商品

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました