• トップ
  • ED検査の診断!病院の基準がバラバラってホント?ici注射は個人輸入できる?

ED検査の診断!病院の基準がバラバラってホント?ici注射は個人輸入できる?

ED検査の基準は多くの方にとって判断できない問題です。そんな方向けにこの記事では病院で診断を受けるべき基準や検査内容を詳しく解説いたします。

お薬通販部スタッフ[監修]

ED検査の診断!病院の基準がバラバラってホント?ici注射は個人輸入できる?



ED検査の診断をうけてみたいけどなんだか恥ずかしいな

ED検査を受けたとしてもしっかり検査してくれる病院を選びたいな

などと悩んでいませんか?

私もどの病院を選んで良いか分からず困った経験があるのでお気持ちはわかります。

この記事を最後まで読んでいただくことで、ED検査の診断基準や種類・正しい知識を身につけることが可能です。

一緒にED検査に対する不安を解消していきましょう!



ED検査ってどんな内容?正しい知識で原因を見つけよう!

ED検査ってどんな内容?正しい知識で原因を見つけよう!の見出し

ED検査したいけどどんな内容か分からないから怖い……

という人も少なからずいるかと思います。

ですが、過剰に心配する必要はありません!

ED(勃起不全)というのは男性の性的機能障害の一種であり、性的に刺激されても十分な勃起が得られない状態を指します。

このような状態に陥った場合は、専門医に相談することが必要です。

専門医が行うED検査の具体的な内容は以下のとおりです。

1. 病歴の詳細な聞き取り

ED患者の病歴を確認することで、原因が何であるかを特定する手掛かりとなります。
患者は、「いつからEDが現れたか」「飲酒や喫煙などの生活習慣はどうか」「心理的なストレスはあるか」などの病歴を詳しく伝えます。

2. 身体検査

EDの原因が身体疾患によって生じている場合もあるため、生殖器や陰茎などの局所的な異常があるかを調べます。また、血圧や体重、身長なども調べられます。

3. 血液検査

EDには、動脈硬化や糖尿病、肝臓病などの医学的疾患が原因となる場合があるため、血液検査が行われます。血糖値やコレステロール値などが測定され、必要に応じて治療が行われます。

4. 専門的な医療機器を用いた検査

泌尿器科医は、精神的ストレス、特に不安や不安感を起こす機能不全に関連する心理的側面を評価するために、様々な専門的な医療機器を使用することがあります。ED治療には、男性器に注入される薬や植え込みのプロセスなどがあります。ただし、これらの治療法は、薬による副作用や合併症のリスクがあることに注意してください。

ED検査は、患者の生活習慣、身体疾患。この検査は、正確な診断と適切な治療のために必要であり、専門医の指示のもとで受けることが必要です。



ED検査前の心得

現在EDに悩んでいるけれど、どんな検査があるのかとても不安だ……

痛い検査だったらどうしよう……

上記のようにED(勃起不全)を早く解消したいと思いながら、検査への不安からずっと悩みを抱えていませんか?

検査内容にもよりますが、ほとんどは手間も時間もかからず簡単に行うことができます。

また、EDを引き起こす原因の中には何らかの病気や症状が引き金になっていることもあります。

それが解消されれば、EDが解消されることもあるのです!

EDは加齢が原因と思われがちですが、実際には複数の原因が絡み合っていて単純ではありません。

その原因を1つ1つ追求して少しでも早くEDを解消するためにも、検査は非常に重要です。



ED検査の種類はどれくらいある?

まずはED検査にどんな種類があるかということを抑えておきましょう。

ED(勃起不全)の診断には、以下のような種類の検査があります。

ED検査の種類
  • 身体検査
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図(ECG)・心臓超音波検査
  • ペニスの血管検査
  • ペニス注射検査

これらの検査を組み合わせ、患者の状態に応じた最適な治療法を選択することが重要ですね。



EDの検査内容とは?

ED(勃起不全)の診断には、様々な検査があります。その中でも一般的な検査には以下のようなものがあります。

1.身体診察

医師が勃起不全の原因となり得る病気や、陰茎や精巣の異常を確認します。

2.血液検査

血中の男性ホルモン(テストステロン)や糖尿病、高脂血症などの病気を調べます。

3.尿検査

腎臓や前立腺の病気を調べます。

4.超音波検査

陰茎の血流や形状を観察することにより、血管が詰まっているかどうかやトラブルがあるかどうかを確かめます。

5.性機能検査

硬さ、持続時間、腰椎反射などを測定し、勃起不全の程度や原因を調べます。

これらの検査を受けることで、EDの原因や程度を正確に把握することができ、適切な治療法を選択することができるようになります。




ED検査をする際の病院の選び方

せっかくED検査してもらえるならちゃんとした病院を選びたいですよね。

そんな方のためにもここでは病院の選び方について記載いたします。

EDの診断を受ける場合、まずは信頼できる病院を選ぶことが重要です。

以下のポイントを参考にして、自分に合う病院を選んでくださいね。

1. ED治療の経験と知識が豊富な病院を選ぶ

ED治療にはさまざまな方法があり、病院ごとに特に得意としている治療法がある場合もあります。自分に合った治療法を提供している病院を選ぶことで、より効果的な治療を受けることができます。

2. 医師の資格や経験を確認する

EDの治療には、男性専門の医師がいる病院やクリニックがあります。医師が所属する医療機関や資格、経験などを調べることで、信頼できる医師であるかを確認しましょう。

3. 病院の設備や施設をチェックする

ED治療に必要な設備や施設が整っているかを確認しましょう。特に、検査や手術を行う場合には、衛生面や器械の消毒などに十分に注意が必要です。

4. 病院の評判を調べる

インターネットや口コミなどを活用して、病院の評判を調べることも大切です。患者の声や評価を見ることで、病院の実力や治療の質を判断することができます。


以上のポイントを踏まえて、自分に合った病院を選ぶことが重要です。

病院選びに迷った場合には、友人や家族など身近な人の意見を聞くことも役立つでしょう。



バリフ商品画像

バリフは先発薬レビトラと同様の効果を持つ、人気ジェネリック医薬品です。

1箱:1,700円~


EDの診断基準ってどこから?インポで病院にいくべき?

EDの診断基準ってどこから?インポで病院にいくべき?の見出し画像

最近ムスコが勃たなくてEDかも……
そもそもEDの基準って何?

と悩んだ経験があるか方もいらっしゃるのではないでしょうか?。

ED(勃起不全)とは、男性が性行為中に勃起することができない状態を指します。

EDには様々な原因がありますが、生活習慣の改善や治療法を受けることで改善することができます。

EDの診断基準については、国際的にもたくさんの研究がされており、一般的には以下のような基準が挙げられます。

  • 性行為での勃起が困難であること
  • 診察や検査により勃起障害が確認されること
  • 勃起不全が1か月以上続いていること

これらの基準に当てはまる場合、病院での受診を考える必要があります。

病院での治療には、薬やカウンセリング、手術などがあります。

まずは自分の生活習慣を振り返り、喫煙や過剰な飲酒などを減らすように努めることも大切ですね。

また、治療には恥ずかしいと感じるかもしれませんが、医師との正直なコミュニケーションが必要です。

最近では、ED治療薬も多数販売されており、医師の指示に従って適切に使用することで、治療効果が期待できますよ。

EDは、放置すると健康にも影響を及ぼす症状です。早めに病院を受診し、適切な治療を受けるよう心がけましょう。




朝立ちしないと勃起不全で病院にいくべき?

最近朝立ちしなくなったけど大丈夫なのかな……

と心配になりますよね?

朝立ち(朝勃ち)がなくても勃起不全であるとは限りません。

勃起不全は、性行為時に十分な勃起が得られない状態のことを指します。

また、朝立ちだけではなく、その他の性的刺激に対する勃起が不十分である場合もあります。

勃起不全に悩んだときは、病院で診察を受けることが必要です。

病院での診察では、症状の詳細な調査や身体検査、血液検査などを行い、原因を特定して適切な治療方法を決定します。

原因としては、心因性や器質性の問題が考えられます。

心因性の場合には、ストレスやうつ病などが原因となっていることがあり、精神療法やカウンセリングなどが有効とされています。

一方、器質性の場合には、糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、前立腺がんの治療後などが原因となっていることがあり、それぞれに適した治療法があります。

朝立ちがないということで、勝手に勃起不全だと判断せず、専門医の診察を受けることが重要です。

適切な治療を行うことによって、勃起不全を改善し、充実した性生活を送ることができますよ。




心因性勃起障害について

身体はまだまだ元気なのにセックスの時にはなぜだかムスコが元気にならない……

そんな悩みを抱える方もいらっしゃるかもしれませんね?

私もいざセックスの時には緊張してしまい勃たなくて困ることがありました。

それは心因性勃起障害が原因かもしれません。

心因性勃起障害の方は以下に該当します。 

心因性勃起障害とは、身体的な原因ではなく、心因的な要因によって勃起が困難になる状態のことを指します。

ストレス、うつ病、不安症状などが、勃起不全を引き起こすことがあります。

心因性勃起障害の原因は、主に心理的なストレスや精神的疲労、うつ病、不安症状、性的トラウマなどが考えられます。


また、パートナーとの深い関係の欠如やコミュニケーションの不足なども、心因性勃起障害の原因です。

心因性勃起障害の治療方法は、まずは原因となる心理的要因を解消するための心理療法が行われます。

また、必要に応じて薬物療法が行われることもあります。

さらに、カップルセラピーも有効な治療方法のひとつです。




勃起機能検査の方法

勃起機能検査には、次のような方法があります。

バックグラウンド電極法電気刺激によって勃起を誘発する方法
陰茎血流速度測定法陰茎部位に超音波を照射し、陰茎内の血流速度を測定することで勃起機能を評価する方法
網膜振幅検査法陰茎の毛細血管内の血流速度を観察することにより、勃起機能についての情報を得る方法
器具測定法陰茎に特殊な器具を装着して、勃起の硬度や長さ、性的快感の程度を測定する方法

どの方法も医療専門家が行う検査であり、安全な環境の中で行われます。




ICI注射や陰茎海綿体注射の通販と個人輸入について

ICI注射や陰茎海綿体注射の通販と個人輸入についての見出し画像

ICI注射陰茎海綿体注射は、勃起不全の治療に用いられる医療品です。

これらの薬剤は、医師から処方箋をもらって、医療機関で注射を受けることが一般的です。

しかしながら、海外ではこれらの薬剤が通販で入手できる場合があります。

なお、日本国内では、ICL、Caverject、Edexの3つのICI注射剤が医薬品として認可されています。

これらの注射剤は処方箋が必要で、医薬品の個人輸入については、厚生労働省や薬事法による厳しい規制があるため、注意が必要です。

海外からこれらの薬剤を購入して個人輸入する場合、薬物等取締法により、違法薬物所持容疑で捜査・逮捕されるリスクがあります。

また、海外からの個人輸入においても、偽物や粗悪品が流通しているため、十分な注意が必要です。




陰茎海綿体注射は勃起不全に効果がある?

陰茎海綿体注射は、勃起不全の症状を改善するために使用される治療法の1つです。

海綿体内に薬剤を注射することによって、血管を拡張し、血液の流れを増やして勃起を促します。

しかし、陰茎海綿体注射薬は、直接陰茎海綿体に注射するため、注射の方法が正確であることが重要です。

また、使用方法、副作用、禁忌症などの情報については、十分な知識と理解を持っている医療従事者から指導を受けることが必要になるので覚えておきましょう。




陰茎海綿体注射の個人輸入は違法?

「陰茎海綿体注射」は、勃起不全治療薬としてよく用いられますが、ED治療薬などと同様に個人輸入が認められている場合があります。

しかし、個人輸入においては、各国の輸入法や医薬品医療機器等法に準じた手続きが必要です。

日本においては、医薬品の個人輸入に関する法律があり、規定に違反する場合は違法行為となります。

陰茎海綿体注射についても、日本国内で承認される治療法ではありません。

自己責任で利用することはリスクが高く、医療機関で診療を受けることがおすすめです。

勃起不全治療薬(ED治療薬)について詳しくはこちら



通販と個人輸入、効果や品質において選ぶべき方は?

結論からいうと、通販サイトでICI注射や陰茎海綿体注射は購入できません

処方箋なしで手に入れたい場合は、個人輸入を行うしかありません。

まず、個人輸入によって商品を取り寄せる場合、薬品のメーカーが信頼できるかどうかを確認する必要があります。

また、商品の成分や使用方法などを詳しく確認した上で、自己責任で使用することになります。


商品の品質や効果については、通販サイトによって異なりますので、信頼できるサイトを選ぶようにしましょう。

個人輸入代行サービスお薬通販部であれば、メーカー正規品であることを実証し、厳選した信頼性のある商品のみを取り扱っているため、安心して購入できます!

また、個人輸入は輸入に関する手続きが必要であり、 関税や消費税などがかかる場合があるため、手間やコストがかかることに留意する必要があります。

上記のような手間も「お薬通販部」から購入すれば面倒な手間をカットできます。

結論としては、個人輸入をする際は信頼できるサイトから購入することが重要といえるでしょう。

商品購入はこちら





まとめ

まとめ見出し画像

いかがでしたか?しっかりとした病院の選び方やED検査の内容や種類について理解を深めておくことで不安は解消されるかもしれません。

今回のまとめは以下の通りになります。

ED検査の種類
  • 身体検査
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図(ECG)・心臓超音波検査
  • ペニスの血管検査
  • ペニス注射検査
ED検査の内容
  • 病歴の詳細な聞き取り
  • 身体検査
  • 血液検査
  • 専門的な医療機器を用いた検査
病院の選び方のポイント
  • ED治療の経験と知識が豊富な病院を選ぶ
  • 2. 医師の資格や経験を確認する
  • 3. 病院の設備や施設をチェックする
  • 4. 病院の評判を調べる
勃起機能検査の方法
  • バックグラウンド電極法
  • 2.陰茎血流速度測定法
  • 3.網膜振幅検査法
  • 4.器具測定法


心因性勃起障害は鬱病やストレスが問題となり発現します。

ICL注射や陰茎海綿体注射は個人輸入で購入可能ですが粗悪品が混じる可能性があるので注意が必要です。

また、陰茎海綿体注射は勃起障害に効果がありますが、投与を正確に行う必要があります。

まずは医師に相談しましょう

上記のことを頭に入れておくことでED検査への不安が原因で病院選びに迷うことはなくなるでしょう。

早急にEDを治療して自信を取り戻しましょう!

おすすめ商品

  • カマグラゴールド

    カマグラゴールド

    カマグラゴールドは、アジャンタファーマ社が開発したバイアグラジェネリックのED(勃起不全)治療薬です。

    1,600円

  • バリフ

    バリフ

    バリフは、アジャンタファーマ社が開発したED治療薬であり、先発薬レビトラと同様の即効性が特徴です。

    1,700円

  • タダライズ

    タダライズ

    シアリスのジェネリック医薬品のため低価格!一番の特徴は最大で36時間持続する勃起効果です。

    2,050円

この記事を書いた人

佐藤哲也

年齢: 28歳 出身地: 大阪府 趣味は読書。特に小説や詩、エッセイに興味があり、幅広いジャンルを楽しむ。 大学では文学部で創作文学を専攻し卒業後は大手出版社に就職。文芸誌や旅行雑誌、ウェブメディア向けの記事を執筆。

関連記事

症状から探す

薬品・成分で探す

おすすめ記事

ページの先頭へ
タイトルとURLをコピーしました
タイトルとURLをコピーしました